決勝戦: 加藤 一貴 vs. 鍛冶 友浩

更新日 Event Coverage on 2004年 11月 21日

By Yukio Kozakai

加藤「ねぇ、鍛冶君~。《霜剣山の暴れ者/Sokenzan Bruiser》抜いていい?」

《山/Mountain》が入っていない鍛冶に対して、まずは加藤が先制パンチ。しかし去年のGP静岡決勝と違い、この日の加藤の表情は非常に穏やかだ。鍛冶も穏やかに談笑し、決勝らしからぬムードでシャッフルが始まった。

しかし、ひとたびデッキに触れれば2人ともデュエリストの顔に。

システム除去満載の加藤の赤黒。そういえば、GP静岡優勝の時も赤黒だった。真のロチェスターの王者を目指して、加藤が「連覇」へ挑む。

プロポイントで既にPT名古屋の権利を獲得していた鍛冶であるが、ここでは挑戦者の立場に映る。それだけ、このロチェスターGPでの加藤の存在感は大きいのである。相棒の青緑を手に、埼玉初のGPチャンプ誕生を見てみたいものである。

間もなく、開始の合図だ。

Game 1

先攻の鍛冶がテイクマリガン。

だが、《大蛇の支援者/Orochi Sustainer》から《木霊の手の内/Kodama's Reach》と繋ぎ《自然との融和/Commune with Nature》プレイで《空民の予見者/Soratami Seer》を手札に引き込むなど、なかなかの立ち上がりを見せる。

対する加藤は《かまどの神/Hearth Kami》をプレイし、今見たばかりの《空民の予見者/Soratami Seer》を《困窮/Distress》する。

しかし、3枚で土地が止まってしまった加藤は2枚目の《かまどの神/Hearth Kami》を展開するに留まる。鍛冶も土地は順調に伸びるのだが、《武道家の庭師/Budoka Gardener》を追加するのみと、コストの大きいクリーチャーを引いて来れない。

そうしている間に、4マナ目を引き込んだ加藤は《火の咆哮の神/Kami of Fire's Roar》《霜投げ/Frostwielder》《霜投げ/Frostwielder》と畳み掛け、2枚目の《火の咆哮の神/Kami of Fire's Roar》まで召喚されてしまっては、鍛冶の場に9枚並んだ土地ではどうすることも出来なかった。

加藤 1-0 鍛冶

Game 2

やや重めのハンドながら、先攻の鍛冶はキープを宣言。同じく加藤もキープ。

鍛冶は《空民の雲乗り/Soratami Cloudskater》を召喚し、加藤が《かまどの神/Hearth Kami》を。ここまでは平和な流れだったが、続くターンに加藤が《伍堂の大槌、天鎖/Tenza, Godo's Maul》をプレイすると、鍛冶の表情は一変する。

さらに加藤が追加した《霜投げ/Frostwielder》が《空民の雲乗り/Soratami Cloudskater》を捕え、土地が伸びない鍛冶は《狩猟の神/Kami of the Hunt》を召喚するに留まる。

苦しむ鍛冶に対し、加藤は容赦無く《困窮/Distress》。
これは本当に困った鍛冶。《蛇の皮/Serpent Skin》を失い、同時に《苔の神/Moss Kami》までつなぐ防御策も失った事になる。

加藤は《悪忌の石炭投げ/Akki Coalflinger》をプレイし、鍛冶に重圧をかけていく。しかし、連続して土地を引き込んだ鍛冶は、ついに《苔の神/Moss Kami》までたどり着いたが、加藤は慌てず騒がず。冷静に《目覚めの悪夢/Waking Nightmare》で鍛冶のハンドを攻め、《引き込み/Pull Under》と《苔の神/Moss Kami》を捨てさせる。

さらに《鼠の殺し屋/Nezumi Cutthroat》を加えた加藤は、ついに2度目のGPチャンピオンの座を射止めたのだった!! GP静岡もロチェスタードラフトだった事を思えば、彼はこれで「ロチェキング」の称号も得たという事で、総括していいだろう。

試合終了後―――――

鍛冶「あー、悔しいー。もう1回やろ!!」
加藤「やるぞー!!」

……………

鍛冶「勝ったー!」
加藤「ちくしょー、もう1回ー!!」

鍛冶「……!!」
加藤「…!!」

「表彰式です。……あれ? 鍛冶さんー? 加藤さんー?」

鍛冶「……!!」
加藤「………!!」

まぁ、このぐらいMTGが好きでなければ、GPはなかなか勝てないという事だろう。
ちなみに、この後鍛冶は3連勝していたようだ。

加藤 2-0 鍛冶

Results : Winner is GP Shizuoka Champion !!!

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る