決勝:チーム Hron/Hayne/Hoaen vs. チーム 三原/板東/山本

更新日 Event Coverage on 2013年 11月 23日

By 矢吹 哲也

 アレクサンダー・ヘイン/Alexander Hayne、リッチ・ホーエン/Rich Hoaen、マイク・フロン/Mike Hron。

 三原 槙仁、板東 潤一郎、山本 賢太郎。

 スター揃いの今大会でも、この6人はひと際注目を受けてきた。もはやここで彼らの経歴や強さを改めて語っても、それは野暮というものだ。

 我々は、ただ見届けよう。

 ここ京都の地で、6年ぶりに新たな神話が生まれる瞬間を。

 何度となくフィーチャー・エリアでスポットを浴び、強敵を撃破してきた彼らなら、きっと見せてくれる。

 神々も震えるほどの、極上の決勝を。

リッチ・ホーエン vs. 板東 潤一郎

リッチ・ホーエン/Rich Hoaen

「Good luck」と差し出されたホーエンの右手を板東が握り、ゲームが始まった。

 《死呻きの略奪者》から《悪魔の皮のミノタウルス》、さらに《不機嫌なサイクロプス》と軽快なスタートを切ったホーエン。板東も《国境地帯のミノタウルス》と《食餌の時間》で戦線を押し返すが、ホーエンはなおも突撃の構えを崩さない。

 そこへ突き刺さる《統率の取れた突撃》。ホーエンの《不機嫌なサイクロプス》が一方的に落とされ、板東の戦場に《巨体の狐》が追加されると、ホーエンにそれを越える手段は残されていなかった。

板東 潤一郎

 第2ゲームは板東が重い手札をマリガン。マリガン後の6枚も大きな変化はなく、初動が遅れてしまう。一方ホーエンは、《火飲みのサテュロス》から第1ゲーム同様に攻めていく。

 このまま重い手札を抱えて倒れるかと思われた板東だが、4ターン目、《世界を喰らう者、ポルクラノス》が駆けつける。

世界を喰らう者、ポルクラノス

 大怪物の襲来に肩をすくめるホーエン。《一口の草毒》でこれを対処する頃には、ライフが追い詰められてしまう。

 とはいえ板東のライフも危険域だ。《世界を喰らう者、ポルクラノス》が退場した今、板東を守るブロッカーは1体。ホーエンの側には《パーフォロスの使者》と《不機嫌なサイクロプス》。どちらもダメージを通すことに長けているが、ホーエンは《不機嫌なサイクロプス》の方に《ドラゴンのマントル》をつけ、2体で攻撃。通れば致死量。それを断ち切れるのは――

統率の取れた突撃

 果敢に突撃するホーエンの軍勢を止めたのもまた、「突撃」であった。

ホーエン 0-2 板東

アレクサンダー・ヘイン vs. 山本 賢太郎

 初動《乳白色の一角獣》から《死者の神、エレボス》と、比較的ゆったりとしたスタートのヘイン。対する山本は、《トリトンの財宝狩り》へ次々とエンチャントを貼り付けていく。これには《航海の終わり》を当てたヘインだが、続く山本の《信条の戦士》へ撃ち込んだ《ファリカの療法》は、《迷宮での迷子》で誘発した「英雄的」によりかわされる。

 残った《信条の戦士》に、《タッサの試練》をつける山本。1回の攻撃で試練を達成し2ドロー。

 ヘインはこれも《捕海》で対処し大きく攻め込まれることは防ぐものの、肝心の攻め手がない。山本の《彼方の工作員》がライフを詰めてくる中《死者の神、エレボス》の能力でドローを増やしても、状況は好転しなかった。

山本 賢太郎

 2ゲーム目も《トリトンの財宝狩り》を中心に盤面を作る山本。ヘインは《葉冠のドライアド》から《難破船の歌い手》、《蘇りし者の密集軍》、《地平線のキマイラ》と横に並べていく。

 3枚搭載された《液態化》を用いて、数は少ない攻め手を確実に通していく山本。

 戦線を横に広げ、山本の攻撃力に食らいつくヘイン。

 息の詰まるライフレースを制したのは、《地平線のキマイラ》と《ファリカの療法》という、小さいながらもライフ回復手段を有するヘインだった。

アレクサンダー・ヘイン/Alexander Hayne

 この時点で板東の勝利が決まっており、次のゲームを山本が取ればチーム三原/板東/山本の優勝が決まる。

 だが、しかし。テーロスの神々のきまぐれか、ここへきて悲劇が山本を襲う。

 山本、痛恨のダブルマリガン。その後のドローも展望を開くものではなく、ついに呪文を唱えられないまま、山本は三原にすべてを託した。

「三原さん、任せます」

 その声を受け、軽く頷く三原。それぞれのチームメイトが、フロンと三原の席に集まった。

ヘイン 2-1 山本

マイク・フロン vs. 三原 槙仁

マイク・フロン/Mike Hron

 1ゲーム目はフロンが序盤から強烈なプレッシャーをかける展開。2ターン目に《恩寵の重装歩兵》を繰り出すと、3ターン目《残忍な発動》で早くも4/5で攻撃。ここへ《天馬の乗り手》が加わり、続くターンに《不屈の猛攻》の黄金パターン。軽めの除去が手札になく、展開も芳しくない三原はたまらず投了。

 2ゲーム目は三原から仕掛けていく。2ターン目《思考囲い》で《天馬の乗り手》を落とし、フロンの展開を阻害。

天馬の乗り手》を指定する三原 槙仁

 その隙に軽量クリーチャーを並べ、《運命の三人組》、《メレティスのダクソス》とレアを続けさせる。

 フロンは《メレティスのダクソス》を止めに入るものの、《戦識の武勇》、《エレボスの加護》とことごとく戦闘を生き延びてしまう。打点は低くともしっかりとダメージを稼いだ三原は、守りから攻めに転じたフロンとのダメージレースも制し、勝負をイーブンへ戻した。

 3ゲーム目に向けて入念にシャッフルを行う三原の隣で、ダブルマリガンに見舞われた山本がヘインに屈する。

 この瞬間、すべてが次のゲームにかかることになった。

 それぞれのチームメイトの視線が、想いが、最終ゲームに注がれる。

 《葉冠のドライアド》、《旅する哲人》、《英雄の記録者》とテンポ良く展開するフロン。《戦識の武勇》も積極的に使い、プレッシャーをかけていく。

 ところが、三原が祈るように繰り出した《先見のキマイラ》を前にフロンの軍勢は足止めをくらい、ここで攻守が逆転する。

 《先見のキマイラ》で攻撃後、もう1枚追加する三原。フロンは盤面に《ケンタウルスの戦上手》を追加してエンド。この時点でお互いのライフはフロン17点、三原13点。フロンに3/4飛行持ちを対処する手段はないものの、2体とも攻撃に向かえば反撃は必至だ。

 熟考する三原。やがて《災いの印》を片方の《先見のキマイラ》に2枚貼り、意を決したように2体とも攻撃に向かわせた。フロンはエンチャントのついた方を《葉冠のドライアド》でチャンプ・ブロック。フロンのライフは14点。飛行を止めることもできなくなった。

 次に熟考するのはフロン。チームメイトと言葉を交わし、こちらも全軍で攻撃。三原のライフは残り8点に。

 返しのターン、三原が勝負に出る。エンチャントでパワーを上げた《先見のキマイラ》に《洞窟のランパード》を「授与」し、1体で攻撃。ブロッカーを残しつつ、フロンの残り時間をあと1ターンにする。

 運命のラスト・ターン。フロンのドローは《平地》。そして手札から――

神々の思し召し

 《神々の思し召し》を受けた《ケンタウルスの戦上手》が、フロンの軍勢が、そしてフロン、ヘイン、ホーエンの3人が、真の英雄となった瞬間だった。

Congratulations to Team Hron/Hayne/Hoaen, the Grand Prix-Kyoto 2013 Champions!

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る