決勝: 橋本玲 vs 中村修平

更新日 Event Coverage on 2002年 10月 13日

By 平林和哉

長いプレイヤーキャリアながら、今回が初のグランプリベスト 8 となる橋本。
そのチャンスを最大限に生かしきったといってもいい完璧な白赤デッキをドラフトした上で、そのポテンシャルを存分に見せつけて決勝まで勝ち上がってきた。

かたや中村は神戸、名古屋、それに今回の宇都宮と 3 回目のタイトル挑戦となる。

Game 1

後手の中村が《映像の造形者/Imagecrafter》《ゴブリンのそり乗り/Goblin Sledder》《思考繋ぎのプライモック/Thoughtbound Primoc》と速攻をかけるスタート。

橋本は《疾風衣の侵略者/Gustcloak Harrier》、変異クリーチャー、《急降下爆撃兵/Dive Bomber》と遅れながらに並べるが、中村は《霧衣の壁/Mistform Wall》をゴブリンに変更した上での《思慮無き者/Reckless One》で特攻する。

Glarecaster

自己完結する完全生命体-その起動コストは決して高くは無い

橋本はそれに対抗して 2 体目の《急降下爆撃兵/Dive Bomber》を投入した上で航空戦力で反撃を始めるのだが、《急降下爆撃兵/Dive Bomber》によって攻めにくくなった中村は《燃えさし魔道ゴブリン/Embermage Goblin》をプレイ。
加えての《霧衣の壁/Mistform Wall》で《思慮無き者/Reckless One》が肥大化したため、前のターンに出した《鞭縄使い/Whipcorder》を起動できない橋本はやむを得ず《疾風衣の侵略者/Gustcloak Harrier》でチャンプブロックすることにしたのだが、次のターンに姿を現したのは《輝きを放つ者/Glarecaster》!

このクリーチャーがいる限り、中村の戦闘フェイズは無いに等しい。

とはいえ《燃えさし魔道ゴブリン/Embermage Goblin》だけで削りきるにはまだ余裕がある橋本のライフ・・・・

橋本は手札を使い切った中村を見て戦線に《草原の十字軍/Grassland Crusader》を追加することを選択したのだが、中村はここで《本質の裂け目/Essence Fracture》をトップデッキした!

せっかくの《輝きを放つ者/Glarecaster》も起動コストが残されていない状況では意味をなさない。

《燃えさし魔道ゴブリン/Embermage Goblin》の射程圏内に落ち込んでしまったライフにより、橋本は 1 本目を投了することになった。

橋本 0-1 中村

決勝ロチェスターは対面と当たることが確定していることを考慮した構築になっているためにメインから対策カードのようなものが入っている場合が多い。

もちろん橋本の場合も準々決勝、準決勝と活躍した《優雅の信奉者/Disciple of Grace》は用無しなため、クリーチャーの数を集める必要のある《共同の一撃/Unified Strike》、直接戦闘の可能性を考えると選択肢に薄い《篤信の魔除け/Piety Charm》をサイドアウトして、速攻を防ぐために《真実の信仰者/True Believer》《山麓の案内人/Foothill Guide》、赤への防御に《畏敬の冠/Crown of Awe》をサイドインすることに。

Game 2

《栄光の探求者/Glory Seeker》、 2 体の変異クリーチャーからなかなかの滑り出しを見せた橋本。

だが中村は軽量クリーチャーを展開することは出来なかったものの、《霧衣の壁/Mistform Wall》に《溶岩使いの技/Lavamancer's Skill》でそれに応える。

クリーチャー除去の薄い橋本は目に見えて《霧衣の壁/Mistform Wall》が苦しそうなのだが、橋本の手札に眠るは必殺の《ドラゴンの休息地/Dragon Roost》。

《霧衣の壁/Mistform Wall》を危険に晒すことを躊躇した上に橋本の速攻によってかなりライフの削られている中村は《ゴブリンの監督官/Goblin Taskmaster》《思慮無き者/Reckless One》によって反撃に出る。

だがその返しで早くも登場する《ドラゴンの休息地/Dragon Roost》。

Dragon Roost

レアクラスのクリーチャーが生産されるなんてアリですか?

これにより早期決着を余儀なくされる中村は《本質の裂け目/Essence Fracture》でブロッカーを排除して、《ゴブリンの監督官/Goblin Taskmaster》によって強引に橋本のライフを削り落とそうとする。

中村のデッキ内容を考えた上で、《カタパルト兵団/Catapult Squad》《圧倒する防衛者/Daunting Defender》を展開してドラゴントークンで反撃することを選択した橋本。

だが実際には中村にこれ以上攻勢を続ける余力は残されておらず、毎ターン生産される 5/5 飛行に対する方策があるわけでもない。

かくして決着は最終デュエルに持ち越されることとなった。

橋本 1-1 中村

Game 3

後手橋本の《戦場の衛生兵/Battlefield Medic》スタート。

その後中村が変異クリーチャー、橋本が《疾風衣の侵略者/Gustcloak Harrier》と展開したところで中村の土地がストップ。
しかも青マナが出ない事故っぷりで、やむを得ず変異クリーチャーに《溶岩使いの技/Lavamancer's Skill》をエンチャントするも《ショック/Shock》で除去される。

だが死ぬ間際の 1 点と《陽光の突風/Solar Blast》サイクリングの合わせ技で《戦場の衛生兵/Battlefield Medic》を葬ると、途端に 2 体の《急降下爆撃兵/Dive Bomber》が橋本の場に登場して急激に苦しくなる中村。

なんとか《島/Island》をドローして、《霧衣の壁/Mistform Wall》《映像の造形者/Imagecrafter》《燃えさし魔道ゴブリン/Embermage Goblin》と展開するのだが、依然として飛行クリーチャーに対する回答が用意されていない。

そこで橋本の戦線に追加されたのはさらなる《疾風衣の侵略者/Gustcloak Harrier》・・・・

橋本 2-1 中村

橋本のデッキの強さが際立つマッチになってしまったが、中村の青赤デッキもかなりテクニカルな仕上がりになっていた。

実際、除去の薄い白相手に《霧衣の壁/Mistform Wall》+《溶岩使いの技/Lavamancer's Skill》が決まってしまえばそれだけで勝てることもあるはずだったのだ。
だが現実に中村を待ち受けていたのは《ドラゴンの休息地/Dragon Roost》というパワーカードと土地事故・・・・

Final Result:橋本 2-1 中村
橋本玲 Wins!
Congratulations to Rei Hashimoto,Grand Prix Utsunomiya Champion!

Rei Hashimoto

Download Arena Decklist
インスタント (3)
1 Piety Charm 1 Unified Strike 1 Shock
エンチャント (3)
1 Aurification 1 Pacifism 1 Dragon Roost
土地 (17)
7 Mountain 10 Plains
他 (2)
1 Grassland Crudader 1 Rebewed Faith
40 カード
 

Shuhei Nakamura

Download Arena Decklist
ソーサリー (3)
1 Lay Waste 2 Essence Fracture
インスタント (4)
2 Solar Blast 1 Discombobulate 1 Meddle
エンチャント (2)
2 Lavamancer's Skill
土地 (17)
7 Island 9 Mountain 1 Lonely Sandbar
他 (1)
1 Skittsh Valesk
40 カード

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る