決勝: 石田格 vs Dirk Baberowski

更新日 Event Coverage on 2002年 3月 16日

By 平林和哉

去年のマスターズ東京に引き続き決勝の席に戻ってきた Panzer Hunters。

対するは "German Juggernaut" Kai Budde 率いる プロツアーニューヨークチャンピオンチーム Phoenix Foundation。

そして Panzer Hunters の司令塔たる石田格と、初めて出たプロツアーを優勝したことのある Dirk Baberowski。

石田が白青タッチ黒-白青といっても《遊牧の民の長ピアナ/Pianna, Nomad Captain》《聖餐式/Divine Sacrament》に裏打ちされたビートダウン構成で、メインに《義務の領域/Sphere of Duty》が投入されている。

対する Baberowski は青緑で《踏み荒らし/Overrun》に 《ナントゥーコの信奉者/Nantuko Disciple》がなんと 3 体!《グレイブディガー/Gravedigger》対策に《地の封印/Ground Seal》が投入されているのが面白いところか。

Game 1

コインフリップの結果、石田の先攻。

初手は土地が 3 枚に《神秘の使い魔/Mystic Familiar》《セファリッドの物あさり/Cephalid Looter》と軽快な滑り出しが期待できそうなものだ。一方の Baberowski はテイクマリガン。

石田の《信仰の証/Testament of Faith》《神秘の使い魔》《セファリッドの物あさり》という猛ラッシュスタート。
Baberowski は事故スタートのうえ、最初に出せたクリーチャーが《思考をかじるもの/Thought Nibbler》とちょっと恥ずかしい。
石田は《気病み/Hypochondria》《大洪水/Deluge》《不快な夢/Sickening Dreams》とトリック満載な手札なのだが、いかんせん決め手にかけている。このもたつきはどうなのか?

石田:《信仰の証/Testament of Faith》《気病み/Hypochondria》、Baberowski《クローサの射手/Krosan Archer》とがっちりして微妙になる。
だが《セファリッドの物あさり》を回していて早々に 2 体目の《グレイブディガー》を手に入れた。

Baberowski の戦線が伸び切ったところで X = 3 の《不快な夢》。スレッショルドした《神秘の使い魔》、2 体目の《グレイブディガー》で場を再構築していく。

その後は 2 体の《神秘の使い魔》が Bebrowski のライフを削りきった。

石田 1 - 0 Baberowski

Game 2

Baberowski が《リスのお喋り/Chatter of the Squirrel》、石田《秘教の改悛者/Mystic Penitent》-Baberowski 《縄抜け名人/Escape Artist》、石田《幻影の仔/Phantom Whelp》-Baberowski《精励する農場労働者/Diligent Farmhand》、石田《遊牧の民の長ピアナ》-Baberowski 《ナントゥーコの信奉者》、石田《珊瑚の網/Coral Net》と序盤から激しい展開。

だが忙しいのもそこまで。石田は《ナントゥーコの信奉者》が邪魔だし、Baberowski は《遊牧の民の長ピアナ》による殴り返しが危険なため思い切った動きが出来ずにいる。
さらには Baberowski の場に《クローサの射手》が姿を現し、石田の攻勢は止まってしまった。とはいっても Baberowski も《縄抜け名人》で攻撃を続けるばかりでゆるやかな展開だ。

Baberowski は墓地に《励まし/Embolden》があり少しずつクリーチャーを展開するが、石田は本当に大量の土地を引き続けた末にようやく《セファリッドの物あさり》にたどり着く。
《セファリッドの物あさり》を出されたため動かなくてはならない Baberowski だが、石田の《不快な夢》を警戒してか展開を思い悩んでいる様子。その直後に石田は件の《不快な夢》を引いてのフルアタック。

Baberowski はこのブロックに相当悩む。結局順当にブロックしての《励まし》を使うことになるのだが、ここでもまた《不快な夢》の影がちらつき苦悩する Baberowski。
当然ここでは《不快な夢》が炸裂し、これで石田の場がスレッショルドした《神秘の使い魔》と手札に帰ってきて再召喚した《幻影の仔》。これで Baberowski が展開できなければ勝ちが決まる!

しかし残念なことに返しで《思考をかじるもの》《クローサの射手》としっかり止められてしまう。
さらには Baberowski の場に《ナントゥーコの信奉者》が登場するに至って若干石田の方が不利になったところで、石田が土地ばかり引き続ける。そのまま《思考をかじるもの》《エイヴンの魚捕り/Aven Fisher》によって勝負はついた。

石田 1 - 1 Baberowski

Game 3

石田は先攻ということで防御的な《義務の領域》をサイドアウトして、《非物質化/Dematerialize》をサイドイン。

この時点で安藤玲二が勝ち、百瀬和之が Kai Budde に敗れたため、これが実質的なマスターズ最後の勝負となる。

Baberowski の《リスのお喋り》スタート。

《神秘の使い魔》《集魂者/Soulcatcher》と展開するが、全くもって土地ばかりを引き続ける石田。
Baberowski も土地が止まっていて《クローサの報復者/Krosan Avenger》《ハイドロモルフの守護者/Hydromorph Guardian》といったものぐらいの展開なのに、石田は本当に《幻影の仔》くらいしかすることがない。

Baberowski は《強制/Compulsion》をも展開して選択肢は色々あるというのに、石田ドロー《グレイブディガー》。でも《地の封印》あるんだよね。デッキの一番弱いところから引いている感じだ。

前 2 デュエルでのキーになった《不快な夢》をトップデッキしてきて場を一掃してはみるものの、、、さすがの石田もどうすることもできなかった。

石田 1 - 2 Baberowski

Baberowski や Budde が言うには《飛びかかる虎/Springing Tiger》と《クローサの射手》の選択で Baberowski に《クローサの射手》を流したのが Panzer Hunters のドラフトミスだという。つまりは《踏み荒らし》を持っているといっても重めのデッキであり、運良くもう 1 体の《クローサの射手》を確保できたとはいえ石田の飛行クリーチャーを止める術が限られているということなのだろう。
実際《神秘の使い魔》が《クローサの射手》に止められているのも敗因の一つではあるのだが、、、

Finals Result:Phoenix Foundation Wins!

Congratulations Phoenix Foundation are Masters Osaka Champions !

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る