決勝: Jin Okamoto vs. Daniel Zink

更新日 Event Coverage on 2003年 8月 10日

By Koichiro Maki

 初めての世界選手権 Top 8 。初めての世界選手権ファイナリスト。ここまで来れば初めての世界王者を望むなというのが酷。日本のファンの期待を一身に受け、「ラストエンペラー」岡本尋が世界制覇に向けて最後の試合に臨む。

 ここまでに尋が歩んできた道は平凡ではあり得なかった。スタンダードでは引き分けてしまったが故に多くの困難なマッチが組まれたし、二回のドラフトでは共に見るだけで目眩のしそうなデッキしか作る事が出来なかった。エクステンドでこそ「ゴブリン・バンテージ」という日本の作った秘密兵器が彼を助けたが、勝ち進んでいたからこそ対戦相手は強力で、マッチは熱く激しいものだった。

 だが、尋は勝ち進んできた。Peer Kroger、Tuomo Nieminen。二人の勇者を倒し、その意志を引き継ぎここまでやっとの思いで辿り着いた。

 世界各国から集まった 310 人の頂点を決める戦いが、ついに幕を開ける。

Game 1

 互いに土地を並べるが、両者の顔にちょっとした変化が。Daniel が 3 ターン目までに並べた土地は《エルフェイムの宮殿/Elfhame Palace》、平地、森。そこには青マナソースが無かったからだ。

 尋はこれを確認しながら《クローサの境界/Krosan Verge》《エルフェイムの宮殿/Elfhame Palace》《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》と並べる。

 4 ターン目にようやく島を引いた Daniel はセットすると《綿密な分析/Deep Analysis》を。

 事前にこのマッチアップをテストしていた石田がこうコメントを残している。

 「《綿密な分析/Deep Analysis》を引いた数でしか差がつかない」

 少なくとも Daniel はこれで 1 ポイントを先取した事になる。尋はこれを《マナ漏出/Mana Leak》し、土地を置くとターンを終了した。

 Daniel はフラッシュバックで《綿密な分析/Deep Analysis》を使用する。今回は解決される。

 その返しで尋も《綿密な分析/Deep Analysis》を使用、Daniel の《マナ漏出/Mana Leak》がこれを阻止。

 引いた枚数は一対一。しかし、Daniel は畳み掛けるように二枚目の《綿密な分析/Deep Analysis》を使用する。枚数は二体一。Daniel 若干の優勢といったところ。

 次に追加点を得たのも Daniel 。《強制/Compulsion》のキャストに成功する。メインデッキに対クリーチャーコントロール用のカードが多いこの対決では無駄カードを多すぎる。それらを有効カードに変換してくれる《強制/Compulsion》は非常に需要なツールだからだ。

 尋はなんとかこれに追いつかねばならない。4 マナを残して《ミラーリの目覚め/Mirari's Wake》の設営を試みる。

 「このターン、土地置いてる?」

 Daniel はジャッジに確認をとった。答えは既に置いている。素早い計算の後、《マナ漏出/Mana Leak》を使用する。尋は 3 マナを支払い解決に成功するものの、残された土地は僅かに一枚だ。それを一瞥しながら、Daniel は淡々と《狡猾な願い/Cunning Wish》で《天啓の光/Ray of Revelation》を入手すると何事も無かったかのように出たばかりの《ミラーリの目覚め/Mirari's Wake》を破壊。

 その返しで Daniel は自身の《ミラーリの目覚め/Mirari's Wake》を。これで Daniel と尋の点差は二点。いや、既に墓地に《天啓の光/Ray of Revelation》を用意出来ている事を考えると三点か。

 遅まきながら二枚目の《綿密な分析/Deep Analysis》を引いた尋。点差が僅かに縮まる。更にフラッシュバックで使用する。点差は二。この引きは尋に《強制/Compulsion》を。次のターン、尋がこれを設置したところでゲームは一段加速する。

 Daniel は《ミラーリの目覚め/Mirari's Wake》がある状況で膨大にマナを残しながらの《正義の命令/Decree of Justice》。そしてこれが通る。Daniel は全てのマナをこのサイクリング効果につぎ込み、一挙に 13 体ものトークンが登場する。

 これが 1 ゲーム目であった事が幸いしたかもしれない。尋の手札と墓地には対クリーチャー系のカードが溢れており、これ自体は直ぐさま勝負に直結しそうにはない。しかし、真に問題となるのは場の環境自体に差がついてしまっている事だ。長い目でみれば、この差は確実に Zink を勝利へと近づけていく。

 墓地にある《一瞬の平和/Moment's Peace》が一枚使用された後、《神の怒り/Wrath of God》が兵士を地から追いやった。

 しかし、それも束の間。Daniel はすぐに 2 枚目の《正義の命令/Decree of Justice》を使用する。ここで注目して欲しいのは Daniel のデッキリストだ。メインに採用されている《正義の命令/Decree of Justice》の枚数は僅かに 2 枚。そして、これがその 2 枚目なのだ。

 そしてクリーチャーの生存を賭けた大勝負が始まる。

 尋は《一瞬の平和/Moment's Peace》で耐えた間に引いた《神の怒り/Wrath of God》をキャストする。二人の頭脳がスパークしながら計算を開始する。

 Danel《堂々巡り/Circular Logic
 尋 《強制/Compulsion》を使用しての《堂々巡り/Circular Logic

 《ミラーリの目覚め/Mirari's Wake》《強制/Compulsion》と揃えていた Daniel 。本来であれば、もっと強力な手札が整っていておかしくないのだが、時を待たずに《正義の命令/Decree of Justice》を連打したおかげでその時間が Daniel には無かった。

 この場になって急ぎ《強制/Compulsion》を使用するが、そう簡単に事は運ばない。仕方無く墓地にあった《天啓の光/Ray of Revelation》をフラッシュバックで使用し、尋の《強制/Compulsion》を破壊する事には成功するが、その代わりに全てのクリーチャーを失ってしまう。

 そこで Daniel は別のゲームに向けて全力で発進する。《ミラーリの目覚め/Mirari's Wake》を連発で二枚。これで彼の場には合計 3 枚の《ミラーリの目覚め/Mirari's Wake》が並び土地の一枚一枚が 4 マナを産み出す魔法の地へと早変わりする。

 そして場には、マナをカードの質へ転化する《強制/Compulsion》が。尋が一枚引く間に、数枚、いや数十枚のカードを引ける。この差は縮まる道理が無い。

 ついに Zink は探し求めていた秘宝を見出した。《ミラーリ/Mirari》だ。三枚の《ミラーリの目覚め/Mirari's Wake》、《強制/Compulsion》《強制/Compulsion》と併せれば Zink は《狡猾な願い/Cunning Wish》をコピーし《狡猾な願い/Cunning Wish》と《クローサ流再利用/Krosan Reclamation》を入手し続け、ライブラリーを好きなように何度でも再構築出来てしまう。

 尋も十分にそれを理解していた。ならばより野蛮なアプローチを。《正義の命令/Decree of Justice》をサイクリングで使用すると、自分のターンで二枚目の《ミラーリの目覚め/Mirari's Wake》をセットし、《狡猾な願い/Cunning Wish》から《天啓の光/Ray of Revelation》を手に入れ一気に二枚の《ミラーリの目覚め/Mirari's Wake》を破壊した。

 さっきまで溢れんばかりだった Zink のマナはみるみると数を減らしていく。尋はクリーチャーを出しながらマナを絞る事で、Zink の自由な行動を制限したのである。

 更に尋は仕掛け、Zink がこれを受け壮大な戦いが始まった。

 尋 《狡猾な願い/Cunning Wish
 Daniel 《狡猾な願い/Cunning Wish》+コピー
 尋 《狡猾な願い/Cunning Wish

 最後に尋が使ったコピーから解決され、《ねじれの光/Ray of Distortion》に変わると Zink の場に残った最後の《ミラーリの目覚め/Mirari's Wake》と《ミラーリ/Mirari》を破壊する。Daniel はコピーで《狡猾な願い/Cunning Wish》を、本体で《堂々巡り/Circular Logic》を入手。始めに尋が使用した《狡猾な願い/Cunning Wish》を撃墜する。

 この課程で尋は全ての手札を失い、Zink の手札には《狡猾な願い/Cunning Wish》が残った。残りのライブラリは共に僅か。こうなってしまえば、あのカードの出番だ。

 《クローサ流再利用/Krosan Reclamation

 新たなライブラリー構築に向けて、選ばれしカードのみが次々と戻されていく。片方は有限、片方は無限。終わり無き攻撃に挑む尋の抵抗はついに潰えた。

Jin -0, Daniel -1

Game 2

 後手の Daniel は 3 ターン目に《藪跳ねアヌーリッド/Anurid Brushhopper》を。サイドボード後のテストマッチでもこれが強力な驚異となる事は判明済み。それをしっかりと引いている辺り、今日に Daniel は引きもかなりのものだ。

 この《藪跳ねアヌーリッド/Anurid Brushhopper》が3 点のダメージを刻み続ける。互いに 2 枚ずつの《綿密な分析/Deep Analysis》を引いてはいるが、序盤から殴られ続けている尋はフラッシュバックの 3 ライフを支払い難い。

 軽く《ミラーリの目覚め/Mirari's Wake》を出してみるが、これは《狡猾な願い/Cunning Wish》から《天啓の光/Ray of Revelation》を持ってこられて簡単に対処されてしまう。

 ここで互いに《強制/Compulsion》を。尋はここで《藪跳ねアヌーリッド/Anurid Brushhopper》を処理する為に仕掛けた。まずはフルマナタップで強制を使用し、Daniel の《天啓の光/Ray of Revelation》を使わせる。マナを使わせたところで《神の怒り/Wrath of God》をキャスト、二枚の無駄カードを捨て《藪跳ねアヌーリッド/Anurid Brushhopper》が一旦待避しようとすると、そこで《もみ消し/Stifle》だ。

 マナを減らしている Daniel はカウンターし難い場面。《藪跳ねアヌーリッド/Anurid Brushhopper》が去り、戦場には一時の休息が。

 しかし、場だけを見ればまたもや有利になっているのは Daniel。《強制/Compulsion》を持つ者と持たざる者。この差は時とともに増大していく。尋もこれをなんとか取り返そうと、《綿密な分析/Deep Analysis》をフラッシュバックで使用するが、これは《藪跳ねアヌーリッド/Anurid Brushhopper》によって減らされた尋のライフを更に減少させる。

 ようやく《強制/Compulsion》を置き返し、ほっと一息。

 その瞬間。悪夢が尋を襲った。Daniel は 3 マナをタップし...

 「サイクリングで」

Jin -0, Daniel -2

Game 3

 追い込まれた尋。だが、それは表情には反映されず、プレイするペースもいつもと変わらない。この辺りが、尋が海外勢からも高い評価を得ている点に違いない。

 二人は共に 2 ターン目に《強制/Compulsion》を。動きの違いはその後に出た。Daniel は 4 マナを揃えると、《綿密な分析/Deep Analysis》でカードアドバンテージを。尋は同時に《クローサの境界/Krosan Verge》を使用してマナベースを。

 アンタップした尋は、《狡猾な願い/Cunning Wish》で《天啓の光/Ray of Revelation》を手にいれ Daniel の《強制/Compulsion》を破壊する。これで場では尋、手札では Daniel に分が。

 だが、その返しで Daniel は手札から《天啓の光/Ray of Revelation》を。サイドボードに用意した枚数の差が出ている。《天啓の光/Ray of Revelation》を一枚しかとっていない尋は《狡猾な願い/Cunning Wish》を使わねばならないが、3 枚用意している Daniel は二枚をメインにサイドボーディング出来るからだ。

 二枚目の《綿密な分析/Deep Analysis》を Daniel が使用したところで尋が動く。3 マナを残しての《ミラーリ/Mirari》。これが通る。エンチャントと違ってアーティファクトを割る手段は限られており、重要な鍵を握っている。

 Daniel は《ミラーリの目覚め/Mirari's Wake》を出しながら《綿密な分析/Deep Analysis》をフラッシュバックで。尋はこれを許すと共に《狡猾な願い/Cunning Wish》を使用し、《ミラーリ/Mirari》の力を受け《狡猾な願い/Cunning Wish》と《天啓の光/Ray of Revelation》を。

 ここで Daniel が先ほどの立役者でもある《藪跳ねアヌーリッド/Anurid Brushhopper》の召喚に成功する。受動的なカードが多い尋のデッキと違い、Daniel のデッキには同キャラで有利なカードが多くサイドに含まれている。そして、それが見事にこのマッチでも効果を発揮している。

 尋が二度目の《狡猾な願い/Cunning Wish》コピーを使用したところで Zink も自身の《狡猾な願い/Cunning Wish》を。入手するカードは勿論《ねじれの光/Ray of Distortion》だ。しかし、このタイミングではまだ使わない。尋は《狡猾な願い/Cunning Wish》と《洞察のひらめき/Flash of Insight》を。

 尋が《洞察のひらめき/Flash of Insight》をコピーと共に使用した時、Daniel は《ねじれの光/Ray of Distortion》で《ミラーリ/Mirari》を破壊し、その片方をカウンターする。

 けれども、手札を多く抱えた尋の《神の怒り/Wrath of God》に《藪跳ねアヌーリッド/Anurid Brushhopper》は能力を起動する事無く舞台を降りる。

 が、それは更なる侵略の始まりに過ぎなかった。Daniel はすぐさま《賛美されし天使/Exalted Angel》を変異でセットしたからだ。既に《神の怒り/Wrath of God》を一枚使用し、一枚ディスカードしている尋にとって、出現してしまった天使に対抗するのは至難だ。

 まず第一弾。
 《狡猾な願い/Cunning Wish》からの《懲罰/Chastise》。これには《堂々巡り/Circular Logic》が。

 では第二弾。
 《正義の命令/Decree of Justice》を X=2 で普通にキャストし、二体の天使トークンを。

 これは一見成功したかに見えた。が、Daniel はすかさず二体目で追い打ちをかけてきたのだ。尋の手札には《ミラーリの目覚め/Mirari's Wake》が有り、これさえ通し守り抜ければ、まだまだ防御は可能だからだ。そのためのカードは尋は必死に探し続ける。

まずは《綿密な分析/Deep Analysis》を。そしてたった 7 しかないライフを削りフラッシュバックを。まだ足りない事が解っている尋は更にフラッシュバックを行いライフを 1 まで削り込み最後の力を貯め込んでいく。

 世界各国から集まった観客も、息を飲みながら最後になるかもしれない展開を熱く見守る。

 その気迫が Daniel にも伝わったのだろうか。尋の前に二体並んだ 4/4 天使に対して、彼が攻撃に送りだしたのは僅か一体の《賛美されし天使/Exalted Angel》のみだ。勿論二体の天使がこれをブロックし、一体ずつの相打ち状態。もし二体で攻撃されていれば、ライフの無い尋はそれぞれが双方をブロックせねばならず、そうなっていれば 1 ターン早く尋の防御網は崩れていただろう。

 この無かったはずの 1 ターンは結果にどんな影響を与えるのだろうか。

 尋は《ミラーリの目覚め/Mirari's Wake》を貼り、サイズで上回ろうとする。しかし、Daniel の手札からは容易に《天啓の光/Ray of Revelation》が飛び出す。幾らカードを引いていてもフラッシュバックを含めてカウンター出来るものでは無い。

 《ミラーリの目覚め/Mirari's Wake》は割れ、トークンは同族によって引き裂かれた。

 しかし、この時間は尋に《神の怒り/Wrath of God》をもたらしていた。ついに《賛美されし天使/Exalted Angel》は落ちたのである!

 ただ、この戦闘は激しく尋を疲弊させていた。ライフは僅かに 1 しか残っておらず、対して Daniel のライフは 25 に達しているのである。しかし、1 あれば死にはしない。生きてる限り勝利の芽はついえないのだ。

 勝利するには種や仕掛けが必要だ。それを先に引き当てたのは...

 Daniel だった。全ての呪文効果を倍増する《ミラーリ/Mirari》が彼の元に訪れたのである。またもや尋を襲うカードがカードを産み出す終わり無きナイトメア。僅かな可能性を追い求め、尋は最後の抵抗を試みる。

 《ミラーリ/Mirari》に対して、これまで手札に貯め込んでいた《マナ漏出/Mana Leak》を一度、二度、三度。全てを費やして一瞬の無風状況を作り上げる。最後の最後で Daniel も《マナ漏出/Mana Leak》を使用し《ミラーリ/Mirari》こそ場に登場したが、彼の土地も全てタップ状態に追い込んだのである。

 もはやアドバンテージ勝負では勝てない以上、この時このカードで勝てなければ。

 尋は静かに決意を決め込んだ。マナをタップし、ウェイクデッキ最強の呪文を最大威力でキャストする。

 《正義の命令/Decree of Justice》が天使トークンを一挙に五体召還する。Daniel に抵抗手段が無ければ僅か 2 ターンで勝負は決する。限られた資源で限られた条件で出来る限りの手は講じた。結果は相手次第!

 しかし、Daniel は微笑んだ。

 唱えた《神の怒り/Wrath of God》は全ての天使を無惨に打ち砕いた。

 尋の夢をも。

Final Result:Daniel Zink-3 岡本尋-0
Daniel Zink is now 2003 Magic World Champion !

 数年前までは、Pro Tour Top 8が日本の夢だった。
 しかし、藤田剛史が突破口となり、今年は四人もの Top 8 プレイヤーが誕生した。
 多くの日本人プレイヤーの努力は見事な花を咲かせつつある。
 もはや Top 8 を目指す時代は終わった。

 Pro Tourと世界選手権の優勝。
 日本は確実に、その栄冠を狙えるポジションまで成長している。

 ベルリンの地で、あと一勝、最後のたった一勝を岡本尋は手にし損ねた。
 この敗北を我らは次なる勝利の礎としなければならない。

 だから今は心から祝おう。Daniel Zink の勝利を。

そして、次の準備を始めよう。

Daniel Zink

Download Arena Decklist
ソーサリー (10)
4 Wrath of God 4 Deep Analysis 2 Decree of Justice
アーティファクト (1)
1 Mirari
エンチャント (6)
3 Mirari's Wake 3 Compulsión
60 カード

Jin Okamoto

Download Arena Decklist
ソーサリー (11)
4 Wrath of God 4 Deep Analysis 3 Decree of Justice
アーティファクト (1)
1 Mirari
エンチャント (6)
3 Mirari's Wake 3 Compulsión
60 カード

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る