決勝: Ken Ho vs. Olivier Ruel

更新日 Event Coverage on 2002年 3月 17日

By 藤田 憲一

カイ・ブッディの初のマスターズ制覇の興奮も冷めやらぬ中、三日間に渡る PT 大阪もいよいよこの決勝戦を残すのみとなった。
もう、彼らのデッキの事もくどくど説明する必要と無いだろう。PT 大阪の最後を飾る試合を楽しもうじゃないか。

Game 1

後攻の Ken。《森》×3 《日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla》《尊大なワーム/Arrogant Wurm》《行き詰まり/Standstill》《ワームの咆哮/Roar of the Wurm》というハンドをマリガン。始めても良いような感じだが・・・ここは慎重にゲームを進めようといったところだろう。改めて取った 6 枚は土地 3 枚の理想的な手札。

さて、ゲームは Ken の《熊人間/Werebear》が《無垢の血/Innocent Blood》で除去されるところから開始。Ken は続けて《アクアミーバ/Aquamoeba》を召還。Ruel が《魔性の教示者/Diabolic Tutor》でタップアウトしている隙に、《アクアミーバ》から《尊大なワーム》を出して一気にビートダウン。

Ruel,、前のターン持ってきた《精神ヘドロ/Mind Sludge》で Ken のハンドを全て叩き落すものの、ライフは 12 まで落ち込む。しかも、落としたカードの中に《ワームの咆哮》が混ざっており、非常に苦しい展開。

しかし Ruel、ありあまるハンドアドバンテージを利用し、《無垢の血》で《アクアミーバ》を除去。さらに《よろめく大群/Shambling Swarm》で Ken の攻撃をシャットアウト。その後、2 体目の《よろめく大群》は《堂々巡り/Circular Logic》されるものの、《占骨術/Skeletal Scrying》でライフを 5 まで減らしつつ《チェイナーの布告/Chainer's Edict》と相打ちで場をリセットすることに成功する。

こうなると黒単の独壇場。《魔性の教示者》からの《ナントゥーコの影/Nantuko Shade》で一気にがら空きの Ken の場を突き進む。
Ken もクリーチャーを 3 体トップデッキして抵抗するも、全て《チェイナーの布告》で葬り去られて万事休す。最後はパワー 11 になった《ナントゥーコの影》で押し切られた。

Ruel Wins
Ruel 1-0 Ken

Game 2

後手の Ken、さすがに先手 1 ランドでは開始できず、マリガンを選択。しかも、次の 6 枚もまたも 1 ランド・・・この大一番でのツキの無さに、かなり渋い顔になる Ken。
それでも運良く 2 ターン目に土地を引くことに成功し、ほっと一安心。

さて、《野生の雑種犬》と《チェイナーの布告》の交換が 2 回行われた後、《ナントゥーコの病木刈り/Nantuko Blightcutter》が登場。さらに《行き詰まり》でプレッシャーを掛ける。

ところが、ここからの Ruel がすごい。まず、《精神ヘドロ》で《行き詰まり》を物ともせず、全てのハンドを叩き落す。それでもまだ場に《ナントゥーコの病木刈り》《野生の雑種犬》がいる Ken が殴りかかるが、返しで《もぎとり/Mutilate》。Ken が気合の《ナントゥーコの病木刈り》トップデッキで対抗すれば、Ruel、返しで《無垢の血》《ナントゥーコの影》×2 !

そして、さらにトップデッキした《リスの巣/Squirrel Nest》でなんとか場を繋ごうとした Ken に襲いかかったのは、《腐臭の地/Rancid Earth》・・・。

Ruel、まさに「ブン回り」で Ken を一蹴し、優勝に王手をかけた。

Ruel Wins
Ruel 2-0 Ken

Game 3

またも Ken のハンドを思わしくないが、さすがに懲りたのかコレをキープ。

まずは Ken の《日を浴びるルートワラ》が一発いれるも、これはすぐに《無垢の血/Innocent Blood》で除去。ここでランドが実は 2 枚しかなかった Ruel、ライブラリーに怪しい念を送るとこれが無事ランド!《腐臭の地/Rancid Earth》で Ken のランドを 2 連続で叩き割る。

しかし、Ken も《ナントゥーコの病木刈り》×2 でビートダウン開始。ようやく 4 マナ目を引いた Ruel 渾身の《もぎとり》を鋭く《堂々巡り》!
ライフが 3 まで落ちた Ruel、もう一回《もぎとり》を敢行し、これは無事通って場は一掃されるものの、返しの Ken の《リスの巣》が辛い。

ところが!今日の Ruel は一味違う。既に 2 枚打った《腐臭の地》をさらにトップデッキ!さすがにあきれた顔の Ken。
それでもなんとかリストークン 2 体など 4 体でアタックし、Ruel のライフを 1 まで追い詰める。さすがに終わったか・・・と思いきや、Ruel が吹き出しながらライブラリーから叩きつけたカードはまたも《もぎとり》!完全に「やってらんねえ」状態の Ken。

だが、さすがの Ruel の鬼引きもここまで。次ターン、Ken が場に出したカードはまたも《リスの巣》。《魔性の教示者》はあるものの、スレッショルドしている為《腐臭の地》を打つことが出来ない。粘ろうとして打った《チェイナーの布告》をカウンターされ、苦笑いしながら投了した。

しかし、笑いながら話かけるRuel に対し、ニコリともしない Ken。なんだか非常に居心地が悪い場所である。

Ken Wins
Ruel 2-1 Ken

Game 4

Ken、今度はノーランドで、当然マリガン。この決勝ラウンド、非常に初手が良くない。さすがに 4 デュエル連続でコレだと気が滅入ってくるだろう。オマケに次は 1 ランド・・・。渋々ながらこれをキープ。ところが、ちゃんとその後のランドは引いてくる Ken、ギリギリで命を繋いでいる感じだ。

さて、案の定 2 マナで止まった Ken、ところが、ここで Ruel も 2 マナで止まってしまう。果たして先に 3 マナ目を引くことが出来るのはどちらだろうか・・・。
Ken、とりあえず《野生の雑種犬》で Ruel の《ナントゥーコの影》を倒した後、《行き詰まり》でアドバンテージを取りに行く。

その返しで 3 マナ目を引いた Ruel、やむなく《腐臭の地》で Ken の《島》を破壊、3 枚のドローを与える。結局、この 3 枚が大きく響いた。
ここで 2 枚の土地を得た Ken、《熊人間》《ナントゥーコの病木刈り》をキャストし一気に Ruel を追い詰める。Ruel も4 マナをやっと揃えて《魔性の教示者》からの《もぎとり》を試みたが、Ken に《堂々巡り》を見せられて、苦笑いしながら投了した。

Ken、土俵際からの逆王手である。優勝の行方は 第五戦に持ち越されることとなった。

Ken Wins
Ruel 2-2 Ken

Game 5

お互いハンドをキープするも、Ken、実は森が無く《色あせた城塞/Tarnished Citadel》のみ。それでも 3 点食らいながら、《熊人間》《ナントゥーコの病木刈り》とつなぎ、なんとか場を整える。
一方の Ruel も今回は除去に恵まれないらしく、《ナントゥーコの影》×2 しかキャストできない。なんとか《ナントゥーコの病木刈り》にブロックされても死なない程度にパンプして、もう片方でダメージを与えるのがやっとだ。

Ken も、相変わらず《森》を引かないながらも、《熊人間》のおかげでジワジワと場を整えていく。まず、《野生の雑種犬》で《ナントゥーコの影》を除去した後、その時に捨てた《ワームの咆哮》で場を制圧。さらに《行き詰まり》で勝利へのカウントダウンを始める。

Ruel、ようやく 4 マナ目引いて《よろめく大群》で攻撃を押しとめようとするも、最後に残ったった一枚の Ken のハンド、《堂々巡り》を見せられた瞬間、笑って手を差し出し、静かにカードを片付け始めた。
結局、最後の最後まで Ken は《森》を引かなかった。そして、それでも勝利したのだ。

二連敗、そして度重なるマリガンにもめげず、最後まで戦い抜いて逆転勝利したKen、 素晴らしいトップデッキを連発して会場を沸かせた Ruel。彼らに賞賛の拍手が鳴り止むことは無かった。

Final Result: Magic Colony's Ken Ho is now PT Osaka Champion!

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る