準々決勝:三原 槙仁 vs. 藤田 修

更新日 Event Coverage on 2003年 6月 21日

By 松井健治

準々決勝戦。
大分の三原と京都の藤田がまずはここで激突。
優勝への階段を上るのはどちらか。

Game 1

まずは三原の《強迫/Duress》が藤田の《強迫》を手札から抜き去る所からスタート。

藤田側としては、この 1 枚が大きな痛手となるのだが、なんとか初手から引いていた《アンデッドの剣闘士/Undead Gladiator》を使って手札整理を開始。

ここからは数ターン土地の並べあい。

お互い土地が滞る事無く淡々と進み、藤田に 7 枚目の土地が場に置かれた頃、彼は《陰謀団式療法/Cabal Therapy》から行動を開始した。

これを三原は《対抗呪文/Counterspell》。

ゆっくりとゲームは進み、更に《アンデッドの剣闘士》で手札整理をした藤田は《強迫》を引き当てここからもう一度三原に攻め入ると、彼の手札は《激動/Upheaval》、《地底の大河/Underground River》、《影魔道士の浸透者/Shadowmage Infiltrator》、《チェイナーの布告/Chainer's Edict》と、 4 マナドロー強化スペルを引けなかった《サイカトグ/Psychatog》デッキの末路のような手札。

ともかく《激動》を落とし、さて攻めようかと言う所で三原はやっとの事で《綿密な分析/Deep Analysis》を引き当て、一気に 4 枚ドロー。

一気に手札を復活させ、これによって手に入れた《激動》を次ターンに三原は即キャスト。

この時点で三原のデッキから《激動》が無くなり、この処理が解決されて、まっさらな状況へと回帰。

 

ここから再びお互いの顔色を伺いながらのセットランドが続くことになるのだが、既に三原側に《激動》が無いと言う事実は、藤田にとって大きな事実であることは間違いない。

のらりくらりと土地のならべあいが続き、三原のターン終了時に藤田が 7 枚の《占骨術/Skeletal Scrying》をキャスト。

これを渋い顔で通した三原。

これで完全に勝負は決した。

藤田のメインターンになんと 14 枚の手札があり、ここからデッキに最後の 1 枚であった《強迫》から《精神ヘドロ/Mind Sludge》を決め、流れるように《消えないこだま/Haunting Echoes》を三原に撃てば、完全に攻め手を失い、 1 時間に及ぶ一本目が終了。

 

三原 0 - 1 藤田

Game 2

後手、藤田の 1 マリガンから始まる 2 本目。
お互い土地不足ぎみのところからゲームが始まり、藤田が出した《ナントゥーコの影/Nantuko Shade》が三原を押し切るかと思えばあっさりとこれを除去され、返すターンに《影魔道士の浸透者》を展開。

これを除去しようにも、マリガン発進の手札のため、これに対する明確な答えが示せないまま殴りつづけられる事となり、さらなる《影魔道士の浸透者》を三原はキャスト。

2 枚目まで展開されて殴りつづけらればもうだめだと諦めの表情の藤田に対して、三原は《サイカトグ》をキャストすると、そのまま藤田は投了

三原 1 - 1 藤田

Game 3

先手藤田。

1 ターン目の《強迫》で三原の手から《チェイナーの布告》を抜くと、次ターンに続けて《ナントゥーコの影》で押す作戦を決行。

まずは +3 パンプアップで 5 点を叩きだすが、三原は返すターンにブロッカーとして《サイカトグ》をキャスト。

これは、全パンプの《ナントゥーコの影》に大きな犠牲を払いながら《サイカトグ》でブロックしきる。

その返す藤田のターンに、彼は続く兵隊《墓生まれの詩神/Graveborn Muse》をキャスト。

そこからの藤田のドローが輝き始める。

《強迫》、《燻し/Smother》と同時に引き、次ターンも《強迫》、《チェイナーの布告》と確実に《サイカトグ》を除去して行く。

三原もとにかくこれを除去しないことには話が先に進まず、願いを込めてドローするも、それは《仕組まれた疫病/Engineered Plague》であったりと、これをしぶしぶゾンビと宣言してキャスト。

だが残り 5 となった三原は 2/2 となったかのクリーチャーに殴りきられる事となった。

三原 1 - 2 藤田

Game 4

ここで藤田はダブルマリガン。

そこから勢い良く《ナントゥーコの影》を 2 ターン目に出すも、返すターンの三原は《仕組まれた疫病》でこれを除去。

そこから《強迫》にて、藤田の姿が完全に暴かれてしまう。 

何とか土地は引きつつ藤田だが、攻め手に欠ける展開はどうしても否めない。
その隙を見計らって、三原は《影魔道士の浸透者》、《サイカトグ》を展開して攻撃を開始。

このモードに入ってしまってはもう逃げ道を完全に防がれてしまい、どうにもならない状態まで追い込まれてしまった藤田。

そのまま三原が 4 本目を取り、 5 本目へと投入する事となった。

三原 2 - 2 藤田

Game 5

世界選手権への権利を賭けた試合の最終戦。
最後の最後はお互いマリガンでゲームが開始。

まずは藤田が渋い顔をしつつも《強迫》からゲームを始め、三原の手札を確認し、さらにもう一枚の《強迫》で、彼の手にあるカウンター系スペルを全て抜き去る事に成功。

全てを確認し、その上で藤田は《墓生まれの詩神/Graveborn Muse》をキャストし、流れは完全に藤田ペース。

毎ターン 2 枚のドローを繰り返し、三原がキャストしていく《影魔道士の浸透者》の攻撃を止めつつ、追い討ちをかけるように《消えないこだま》で《対抗呪文/Counterspell》、《堂々巡り/Circular Logic》、《サイカトグ》という主要な 3 種の魔法を完全に抜き去り、三原に出来る事と言ったらその場を凌ぐための《激動》を撃つ事のみ。

だがこの《激動》も、セットランドをしたターンに撃った物で、先手は藤田から開始するという状況。

そういう事情をわかった上で、藤田も《激動》後 2 ターン目から《ナントゥーコの影》、《アンデッドの剣闘士》、《墓生まれの詩神》と展開しなおし、三原を下し、見事世界選手権の権利を獲得した。

Final Result :三原 2 - 3 藤田

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る