準々決勝:杉山 雄哉(広島) vs. 春日 亮佑(千葉))

更新日 Event Coverage on 2014年 4月 12日

By 矢吹 哲也

 門は開いた。
「万神殿」に集った8人はそれぞれの戦いの舞台に散り、集中を研ぎ澄ます。
 ここではその中の一卓、カメラも向けられる注目の一戦をお届けする。

 トップ8プロフィールによると、今大会、杉山 雄哉と春日 亮佑にはやはり神々の加護があったようだ。

 すなわち、《ヘリオッドの使者》の後押しを度々受けた杉山。
 2日目のドラフトを2回とも緑黒(ファリカの司る色)で戦い抜いた春日。
 決勝ドラフトも同じ姿勢を貫く、とまではいかなかったが、ここまでの献身には気まぐれな神々も応えてくれることだろう。

試合

 初手を確認した春日はキープを即決。一方、杉山はひとしきり悩んだものの、こちらもキープ。

 動き出しは杉山。《ニクス生まれのお調子者》に続けて《目ざといアルセイド》と「授与」せず展開すると、《目ざといアルセイド》には《ファリカの療法》が向けられた。

 赤白の杉山と赤黒の春日、速いデッキ同士の勝負を思わせる色の組み合わせだが、このマッチアップは比較的重い部分を中心に進んでいった。春日は《パーフォロスの使者》、《炎輪のフェニックス》と4マナ域を続けて繰り出し、杉山にプレッシャーをかけていく。

春日 亮佑

 一方《グリフィンの夢掴み》に《目ざといアルセイド》を「授与」して春日の攻勢を阻もうとする杉山。しかし《炎輪のフェニックス》との戦闘に入るとそこへ《胆汁病》が差し向けられ、突破を許してしまう。

 《石殴りの巨人》で戦線を立て直す杉山に対し、春日の《炎輪のフェニックス》が空から着実にダメージを稼ぐ。「怪物化」した《石殴りの巨人》の攻撃もしのぎ、返しに《洞窟のランパード》を「授与」して決着した。

杉山 雄哉

 2ゲーム目は杉山がマリガンを選択。

 6枚でスタートした杉山は、意を決して1ターン目《ニクス生まれのお調子者》から続けて《ヘリオッドの試練》を貼り電撃戦を仕掛ける。しかしその狙いは、春日の《ファリカの療法》が断ち切った。

ファリカの療法
信仰の成果?

 すると盤面への動きがなくなる杉山。春日の《強欲なハーピー》は《神聖なる評決》で除去するものの、展開を続ける春日に盤面の有利を取られる。

 《夜の咆哮獣》の「授与」を加え攻め込む春日。防戦に立たされる杉山。的確な除去が杉山の防御を破り、致死量のクロックを擁する春日が《フィナックスの信奉者》で手札の開示を求めると、杉山は静かに投了の声をあげた。

春日 2-0 杉山

 初日不戦勝無しから全勝という偉業を成した春日が、グランプリ優勝というもうひとつの偉業を求めて先へ。

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る