準々決勝:松井 久剛(千葉) vs. 板垣 竜二(埼玉)

更新日 Event Coverage on 2014年 4月 12日

By 金子 真実

 1,785名のプレイヤーが集まったこのグランプリも、勝者は8人に絞られた。多くのプレイヤーが目指していたこのトップ8のドラフトを終え、各々が残りのラウンドを戦う武器を手にとったのだ。

 松井、板垣ともにグランプリのトップ8は初めて、大きな舞台に双方とも緊張した面持ちだ。果たして2人が手にした武器は満足の行く内容だったのだろうか。

 そして、優勝への階段を一歩登るのは、どちらのプレイヤーか。
 名勝負に期待しよう。

左:松井 久剛選手、右:板垣 竜二選手

ゲーム1

 スイスラウンド2位突破の板垣は先手を選択。「ですよねー」と呟く松井。ルールとはいえ、スイスラウンド3位の松井としてはぼやきたくもなるところだ。

 先手板垣が《》《》から《深海の催眠術師》《トリトンの財宝狩り》と並べ、松井も《アクロスの空護衛》《レオニンの投網使い》《信条の戦士》と両者一歩も譲らない。板垣が青緑、松井が白緑「英雄的」だ。

 板垣の《食餌の時間》によって《トリトンの財宝狩り》は《アクロスの空護衛》を餌とし、その「英雄的」により板垣にカードをもたらす。

トリトンの財宝狩り
食餌の時間

 松井の《信条の戦士》と《レオニンの投網使い》が板垣に攻撃を加え、《レオニンの投網使い》こそ《深海の催眠術師》と相討つものの、《蒔かれたものの収穫》により《信条の戦士》は一気に5/5という巨大なサイズに。板垣の展開した、本来「怪物」であるはずの《ネシアンのアスプ》は、しかし既にその「英雄」にサイズ負けしている。

信条の戦士
ネシアンのアスプ

 さらには松井の唱えた《戦識の武勇》により、《信条の戦士》は7/7というまさに「怪物」のようなサイズになった。本来「怪物」を展開するはずの板垣は6枚目の土地が引けない。《巨体の狐》や《地平の識者》が悲しげに板垣を見つめる。5マナがあるのに何も展開しない板垣。松井の「怪物」と化した《信条の戦士》には、《トリトンの財宝狩り》が差し出される。

 しかし板垣の目は死んでいなかった。《地平線のキマイラ》が展開され、さらに無事6枚目の土地を引き、板垣の元に《地平の識者》が駆けつけた。力強く「トップで。」と宣言した板垣に、松井の顔が曇る。

地平線のキマイラ
地平の識者

 それもそのはず。松井がいくら攻めているとはいえ、全ては《信条の戦士》にかかっているのだ。今でこそ7/7というとんでもないサイズで頼りになる勇者だが、彼も本来は貧弱な1人の人間。その彼に頼っているのが松井の戦線なのだ。

 次の勇者の攻撃で《地平線のキマイラ》がその役目を終え、板垣が《捕海》を唱えてみれば松井もこれは諦め顔。先ほどまでは「怪物」のような強さを誇った勇者も、今ではただの人だ。

捕海

 ほっと一息の板垣、さらに《巨体の狐》を追加し大きな圧力をかける。攻めていたはずがいつの間にか逆転されてしまった松井、再び《信条の戦士》を英雄とするべく攻撃に向かわせる。

 その英雄を迎え撃つは、《ネシアンのアスプ》と《巨体の狐》。このブロックを見て再逆転が不可と悟った松井は、次のゲームに向けての準備を始めたのだった。

松井 0-1 板垣

「《地平の識者》での占術が『上に残す』だったからなー。」とこぼす松井。板垣も同意の笑みをこぼす。両者にとっての共通の見解。マジックでの意思の疎通。

ゲーム2

 松井の《葉冠のドライアド》が板垣によって《無効》される展開。松井の追加戦力《ニクス生まれの狼》を板垣の《気高き獲物》が迎え撃ち、《残忍な発動》がこの戦闘を一方的なものに変える。さらに《葉冠のドライアド》が「授与」され、板垣も《クルフィックスの狩猟者》を展開するものの根本的には対処できていない。

ニクス生まれの狼
残忍な発動

 板垣もどうにか《ネシアンのアスプ》に《ニクス生まれのトリトン》を「授与」して盤面を止めたが、松井も《ファリカの癒し人》(《葉冠のドライアド》を回収)と《巨体の狐》を展開しプレッシャーをかけていく。

板垣 竜二

 板垣もまた《高木の巨人》で盤面を守っていくが、松井は勢い良く《ファリカの癒し人》に《葉冠のドライアド》を授与し、全軍で突撃! 双方の戦場のクリーチャーのパワーの合計は38、まさに怪獣大決戦だ。

 3体の攻撃クリーチャーのパワーはそれぞれ7、6、6、ブロックしきれなかった1体が《戦識の武勇》の加護を受け、残り8点の板垣のライフは削りきられてしまった。

松井 1-1 板垣

「楽しい。」「面白い。」2人は、ゲーム3が始まる前にそう口にした。

 今、ここに居る2人は、この2日で15回戦を終え、ようやくトップ8に入った2人だ。その疲労は並大抵のものではないだろう。この試合のゲームも、どちらも苦しく大変で、どちらが勝つかわからないゲームだった。

 しかし、その2人の口から出た言葉は、「楽しい。」「面白い。」だった。

「いや、本当にこういう試合ができるとマジック楽しいですね。」そう口にする松井に、板垣も応える。「いやほんと、この試合面白いです。」

 とても単純なこと。マジックは、楽しく、面白い、そう思ったからこそ、彼らはここに居るのだ。

ゲーム3

 先手は戻って板垣。

 土地が5枚と《無効》《巨体の狐》という手札を考えたうえにキープを決めた板垣。ゲーム1、2で見た松井の序盤の展開がほとんど「授与」持ちのクリーチャー・エンチャントだったからこその決断だ。一方の松井は土地が無いためノータイムでマリガンし、6枚で始めることになった。

 板垣の目論見通り、《葉冠のドライアド》は《無効》し、《彼方の工作員》で攻勢に出る。

 この工作員は松井の《ニクス生まれの狼》と相打ち、板垣の追加、《蒸気の精》がコツコツと攻撃を続け、さらには《巨体の狐》が展開された。

松井 久剛

 空でも地上でも押される松井、仕方なく《ニクス生まれの狼》を展開し、返しの8点の攻撃を受け、《巨体の狐》を《剥離》で対処。《アクロスの空護衛》を展開して場を均衡に戻す。

 板垣の《保護色》が《蒸気の精》の道をこじ開けたものの、松井は《巨体の狐》を2連打!

 2点 vs 12点。ダメージレースとしてはいささか不公平だった。

巨体の狐
巨体の狐

松井 2-1 板垣

 松井久剛、準決勝進出!

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る