準々決勝:熱田 直央 vs. 前川 徹

更新日 Event Coverage on 2003年 6月 21日

By 射場本正巳

ステロ対ビースト。そう、なんと大会に唯一出場したビーストが決勝まで残ったのだ。対して即効でライフを削るはずのステロは《貪欲なるベイロス/Ravenous Baloth》を突破できるのか?

GAME1

ダイスロールで前川が先行を取った。まず先行の前川がダブルマリガン。
世界選手権の切符がかかった試合だけにこのマリガンは大きい。対する熱田はランドが多く微妙な手札だが、相手のダブルマリガンを受けてしぶしぶスタート。

序盤は淡々と土地が並び、3ターン目、前川が《藪跳ねアヌーリッド/Anurid Brushhopper》をキャスト。

返す刀で熱田が《焦熱の火猫/Blistering Firecat》を変異で召還するが、これはすぐさま《争乱の崖地/Contested Cliffs》で除去されてしまう。

さらに前川《生ける願い/Living Wish》から《貪欲なるベイロス/Ravenous Baloth》を連れてくる。

序盤展開できない熱田にとってこれは痛い。

その後熱田が2番目に召還したクリーチャーはなんと《刃の翼ロリックス/Rorix Bladewing》!

とてもステロとは思えない展開だが、ビーストに対してはまたとないクリーチャーだろう。
しかし前川も2匹目の《貪欲なるベイロス/Ravenous Baloth》を召還!

一気に苦しくなる熱田。がんばって計算してみるも、なかなか答えが見出せない。

ライフの苦しい熱田は何とか殺されないようにとブロッカーを並べるので手一杯。

それに対して前川は待望の5枚目の土地を入手して《新緑の連続/Verdant Succession》をキャスト。これでライフの心配はほぼなくなった。

その後熱田もブロッカーを並べつつ《刃の翼ロリックス/Rorix Bladewing》でのアタックを試みるが、前川の場には《ワイアウッドの野人/Wirewood Savage》までもが登場し、膨大なライフと手札を手に入れられてしまう。

ここから《崇拝/Worship》、《生ける願い/Living Wish》経由の《ガージゴスト/Gurzigost》と展開されてライフとライブラリーでの勝ちがなくなった時点で熱田が投了した。

前川 1-0 熱田

GAME2

先手をとった熱田はセット森からのスタート。

対して前川は《極楽鳥/Birds of Paradise》⇒《繁茂/Wild Growth》⇒《生ける願い/Living Wish》⇒《貪欲なるベイロス/Ravenous Baloth》とロケットスタート。

熱田は《野生の雑種犬/Wild Mongrel》、《ゴブリンの名手/Goblin Sharpshooter》と並べて《激発/Violent Eruption》を使いつつ前川の場を一掃する。

対する前川は《霊気の突進/AEther Charge》で場を整えるが、ここはステロのスピードが圧倒。

《象の導き/Elephant Guide》+《焦熱の火猫/Blistering Firecat》で一瞬にして前川のライフを削りきった。

前川 1-1 熱田

GAME3

前川は初手に《極楽鳥/Birds of Paradise》があるものの、土地がフィルターランドといまいち噛みあわない。2ターン目にマナバーンしつつ《極楽鳥/Birds of Paradise》をキャストするはめに。

しかしその後は《貪欲なるベイロス/Ravenous Baloth》、《ワイアウッドの野人/Wirewood Savage》となかなかの展開。

一方熱田は《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》、《野生の雑種犬/Wild Mongrel》、《幻影のケンタウロス/Phantom Centaur》と並べたて、《脅しつけ/Threaten》で《貪欲なるベイロス/Ravenous Baloth》を除去しつつアタックを試みる。

しかし、《貪欲なるベイロス/Ravenous Baloth》のためになかなかライフが減らず、《ワイアウッドの野人/Wirewood Savage》のおかげでブロッカーも増えるばかり。

熱田も《幻影のケンタウロス/Phantom Centaur》に《象の導き/Elephant Guide》をつけてがんばってみるが、前川に《新緑の連続/Verdant Succession》、《霊気の突進/AEther Charge》と揃ってしまい、投了せざるを得なくなった。

前川 2-1 熱田

GAME4

先手熱田がマリガン。

熱田《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》、前川《繁茂/Wild Growth》と両者好調な滑り出し。

熱田が2ターン目にも《野生の雑種犬/Wild Mongrel》、《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》と高速展開。

対して前川は《藪跳ねアヌーリッド/Anurid Brushhopper》を出して場をがっちり。

その後両者に《幻影のケンタウロス/Phantom Centaur》が出てにらみ合いになるかと思われたが、前川の場に早々に《新緑の連続/Verdant Succession》が登場してしまい、熱田にとっては苦しい展開。

熱田は《脅しつけ/Threaten》で前川の《幻影のケンタウロス/Phantom Centaur》を奪い、即効で勝負を決めにかかる。

しかし前川は熱田にとって最悪のクリーチャー、《貪欲なるベイロス/Ravenous Baloth》を隠し持っていた!

《新緑の連続/Verdant Succession》のせいでクリーチャーが減らないまま、前川の場だけが整っていく。

熱田も《刃の翼ロリックス/Rorix Bladewing》で応戦するが、《極楽鳥/Birds of Paradise》のチャンプブロックと《貪欲なるベイロス/Ravenous Baloth》のライフゲインに阻まれてなかなか前に進まない。

ならば消耗戦と、《刃の翼ロリックス/Rorix Bladewing》に《象の導き/Elephant Guide》をつけ、《極楽鳥/Birds of Paradise》がいなくなるまで殴り続ける。

前川は空では勝てないので、地上から熱田に襲い掛かる。《争乱の崖地/Contested Cliffs》も含めて着々と削られていく熱田のブロッカー。こうなると空からの9点クロックが早いか、地上のビースト軍団が早いかの勝負。ここで前川が《ワイアウッドの野人/Wirewood Savage》を引いてくるが、ライブラリーに残されたビーストはすでにない。

前川も熱田のライフを残り2まで追い詰めたが、熱田が根性の粘り勝ち。

前川 2-2熱田

GAME5

ないても笑っても最後の一本勝負。ここで熱田がまたもマリガン。
先手有利な試合だけに苦しいところだ。

先手前川は《極楽鳥/Birds of Paradise》からのスタート。
これを熱田がすぐさま《炎の稲妻/Firebolt》で除去。

しかし、何も出ない熱田に対し、前川は《獣群の呼び声/Call of the Herd》、《貪欲なるベイロス/Ravenous Baloth》と並べ、やっと熱田が《幻影のケンタウロス/Phantom Centaur》をキャストしたかと思えば《新緑の連続/Verdant Succession》を貼る展開。

さらに前川は《ワイアウッドの野人/Wirewood Savage》、《霊気の突進/AEther Charge》と持っており、ほぼツンダ状態。
このまま《疑い深い濃霧獣/Leery Fogbeast》を持ってきてコンボ終了。

熱田は不利な組み合わせに良くがんばったが、無念のリタイア。

Final Result:前川 3-2 熱田

前川WIN

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る