準々決勝: 中村修平 vs. 小栗文明

更新日 Event Coverage on 2003年 1月 9日

By 松井健治

 02 年 Finals 準々決勝。

 白緑ビートダウンを操る小栗と、黒コントロールを駆使する中村の対決。
 今大会もベスト 8 プレイヤーにはデッキリストが配られ、お互いのデッキは完全に把握した状態でゲームを開始する事となる。

 その中身を見ると、小栗の勝ち目は限りなく低い。

 なんと中村のデッキには、メインボードに 2 枚、サイドボード 2 枚の《罠の橋/Ensnaring Bridge》が搭載されており、これに小栗が対抗しうる手段はサイドボードの《帰化/Naturalize》 2 枚のみ。

 この危険な山場を小栗は越える事ができるのだろうか。

Game 1

準々決勝 先手の中村が《強迫/Duress》を撃ち、小栗の初手に 2 枚しか土地が無いのを確認するところから 1 本目が開始。

 何とか 3 枚目の土地も引いた小栗が、軽快に《日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla》、《藪跳ねアヌーリッド/Anurid Brushhopper》、《幻影のケンタウロス/Phantom Centaur》とさくさく展開するが、中村の初手からあった《罠の橋》が、この猛攻を完全にシャットダウン。

 そこからゆっくり《アンデッドの剣闘士/Undead Gladiator》を回す中村。

 そして引いてきた《戦慄をなす者ヴィザラ/Visara the Dreadful》を場に出すと、完全に詰んだと小栗投了。

 開始 5 分の瞬殺劇であった。

小倉 0 - 1 中村

Game 2

 小倉は予想通りの 1 本目にめげる事無く 2 本目を開始。

 その気持ちの切り替えがよかったのか、 2 ターン目に《たい肥/Compost》を張ることが出来、後に展開するクリーチャーを幾ら除去されても補充できる循環を確保。

 中村の望みの綱の《罠の橋》もしっかり《帰化》することが出来、十分にデッキは回っている。

 対する中村は沼が 3 枚と《陰謀団の貴重品室/Cabal Coffers》が 1 枚の状態で、身動きを取れないまま殴られ始め、やっと《もぎとり/Mutilate》を引いた頃には、小栗の場に《藪跳ねアヌーリッド》がかまえており、中村は《もぎとり》を撃つまでも無く投了。

小栗 1 - 1 中村

Game 3

小栗 再び先手は中村に移り、小栗の 1 ターン目《極楽鳥/Birds of Paradise》からの、《藪跳ねアヌーリッド》、《貪欲なるベイロス/Ravenous Baloth》と展開する間に、中村が《罠の橋》、《もぎとり》と、強固な砦を築き上げる。

 小栗のデッキに《罠の橋》を処理するカードは 2 枚。
 ゲームはこれからと、クリーチャーを並べて《帰化》を引くのを待ちわびる小栗。

 だが《アンデッドの剣闘士》を引き当てた中村は、大急ぎでライブラリを漁り始め、 2 枚目の《罠の橋》、そして 3 枚目を引いたことを小栗に示すと、その時点で小栗は投了を宣言。

 あまりに一方的な勝負の幕切れであった。

Final Result : 小栗 0 - 2 中村

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る