準々決勝: 中村 修平 vs. 覚前 輝也

更新日 Event Coverage on 2004年 6月 12日

By 松井 健治

 予選ラウンド 14 回戦を終え、見事日曜日に参加する事が出来たのは 8 人。

 その中の 2 人、中村と覚前の対戦がこれから始まろうとしている。

 中村はメインボードに 2 枚の《静電気の稲妻/Electrostatic Bolt》を据えた親和デッキで、対する覚前は親和キラーである Big Red を使用。

 中村が親和の持ち味を活かして一気に押し切るか、覚前が《炉のドラゴン/Furnace Dragon》を高速で出すかの勝負にかかっている。

Game 1

 先手中村、幸先の悪いダブルマリガンからゲームが開始される。

 2 枚減った手札をキープし、《ちらつき蛾の注入/Blinkmoth Infusion》、《ダークスティールの城塞/Darksteel Citadel》のセットから《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》を出すが、これは覚前の《静電気の稲妻/Electrostatic Bolt》で即時に除去される。

 その時の覚前、山、《大焼炉/Great Furnace》から《衝動のタリスマン/Talisman of Impulse》とセットし、次ターンに《煮えたぎる歌/Seething Song》から《弧炎撒き/Arc-Slogger》を放つ。

 中村の動きが悪いうちにと覚前、《弧炎撒き》で攻撃を加え、能力起動を 2 回行って中村のライフは残り 12 。

 そこへ《大焼炉》を引いた中村が《弧炎撒き》に《爆片破/Shrapnel Blast》で除去するが、覚前はその行動に興味を見せず、中村に対して「残りライフ 12 ですよね?」と確認。

 場にあるマナ自体は 3 枚しかない覚前だが、中村の場には《電結の荒廃者》のみしかダメージを与えてくる者がおらず、盤面は見ずに覚前は《溶鉱炉の脈動/Pulse of the Forge》を中村へキャスト。

 覚前のターンを終え、中村にターンを渡し、中村がターンエンドの宣言をした所で覚前が手札から 2 枚の《溶鉱炉の脈動》をこぼすと、中村は投了を宣言。

中村 0 - 1 覚前

Game 2

 先手は再び中村。

 1 マリガンの覚前が、《ダークスティールの城塞》、《金属モックス/Chrome Mox》と続け、そのまま《耽溺のタリスマン/Talisman of Indulgence》を場へ。

 続く 2 ターン目のセットランドから《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》を出そうとした所で中村の《マナ漏出/Mana Leak》がこれに刺さる。

 だが、中村も受動的に動いている場合ではなく、ランドは 2 枚の《電結の荒廃者》が場に 1 枚の状況。

 なんとか盛り返したいと思う状況で引いてきたのは《頭蓋骨絞め/Skullclamp》。

 これを場に出し、続いて引いてきた《電結の働き手/Arcbound Worker》をドローに変換していく。

 さて覚前だが、もう 1 枚の《真面目な身代わり》を出し、これを壁とする。

 覚前のデッキは親和相手には《炉のドラゴン》でしか勝つ気がなく、それを高速で出すために作られたデッキである。

 他のカードを《炉のドラゴン》を引いてくるまでの為の前座に過ぎない。
 だが、この《炉のドラゴン》を引いてくるまでは、本当に防戦一方になるのも事実。

 せっかく回りだした中村の場だが、この覚前の前座であるアーティファクト除去カードなどにかたっぱしから破壊されて、場に残ったのは《ちらつき蛾の注入》、《ダークスティールの城塞》、《頭蓋骨絞め》。

 ここまで行動を妨害されるときついはずの中村だが、何故か残った《頭蓋骨絞め》が再び中村の復活の息吹を与える。

 《頭蓋骨絞め》によって強烈にドローを増やし、消えたパーマネントのお釣りが来るほどたて並べる。

 気が付けば《電結の荒廃者》、《起源室/Genesis Chamber》、《マイアの処罰者/Myr Enforcer》などが大量に並び、《炉のドラゴン》を引く事が出来なかった覚前を物量で一気に押し切ったのだった。

中村 1 - 1 覚前

Game 3

 今回の先手は覚前。

 後手の勢いよく展開を始める中村の《溶接の壺/Welding Jar》を《粉砕/Shatter》し、 4 ターン目に引いてきた《真面目な身代わり》を場へ。

 対する中村は、これぞ親和と言った動きを見せる。

 1 ターン目に《ダークスティールの城塞》、《電結の働き手》、《溶接の壺》と出し、2 ターン目には《大焼炉》と《頭蓋骨絞め》出して《金属ガエル/Frogmite》。
 先程の《電結の働き手》をドローに変えて、電結を《金属ガエル》へ。

 見事にデッキの性能を見せつける中村。

 覚前も《炉のドラゴン》さえ引いてしまえば一発でゲームは終わるのだが、こればっかりは 60 分の 4 と言う数字を乗り越える他ないのだ。

 その勢いに任せて中村。

 《電結の荒廃者》、《大霊堂の信奉者/Disciple of the Vault》、《マイアの処罰者》と並べ、総攻撃を加えると、覚前のライフは 0 を割った。

中村 2 - 1 覚前

Game 4

 この戦いに王手をかけた中村。

 あと一歩で世界選手権の権利と今大会優勝を賭けた戦いの続きを体験することが出来る。
 そんな思いの中、覚前の先手で始まる 4 本目。

 2 ターン目に覚前が《耽溺のタリスマン》を出せば、中村も初のアクションが 2 ターン目の《起源室》の設置。

 これを覚前はおちついて《爆破》するが、そこから一気に中村が動く。

 返すターンにセットランドから《電結の荒廃者》を出し、そのまま《金属ガエル》を場に出した所から《物読み/Thoughtcast》。

 そして次の中村のターン。

 再び《物読み》を打ち、《溶接の壺》、《マイアの処罰者》、《電結の働き手》と出せるアーティファクトを並べ終わった所で《大霊堂の信奉者》を場へ。

 ここで覚前の動きが凍る。

 そのまま勢いにまかせて中村は攻撃を開始。
 覚前のブロック宣言がない事を確認した上で、《電結の荒廃者》の能力で土地を 4 枚と《電結の働き手》を食いちらかし、《大霊堂の信奉者》の能力で 5 点と、《電結の荒廃者》の攻撃のダメージで一気に覚前のライフは満タンから半分以上減る。

 このまま次の攻撃を受けると、敗北してしまう覚前はここで《炉のドラゴン》を引くしかない。

 祈りを込めて、覚前がライブラリからカードを引くも…それは土地。事態を解決できない覚前は投了を宣言した。

Final Result : 中村 3 - 1 覚前

Shuuhei Nakamura

Download Arena Decklist
ソーサリー (4)
4 Thoughtcast
インスタント (6)
4 Shrapnel Blast 2 Electrostatic Bolt
アーティファクト (12)
4 Welding Jar 4 Chromatic Sphere 4 Skullclamp
60 カード
サイドボード (15)
3 Genesis Chamber 3 Seething Song 3 Furnace Dragon 4 Pyroclasm 2 Mana Leak

Kakumae Teruya

Download Arena Decklist

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る