準々決勝 中野圭貴 vs. 佐々木佑介

更新日 Event Coverage on 2002年 6月 2日

By 松井健治

 スイスラウンド 12 回戦を戦い抜き、優秀な成績を残したものだけが戦える 3 日目の決勝戦。

 今回の日本選手権は、プロツアーさながらベスト 8 にデッキリストが配られ、事前に対戦相手のデッキを確認する事が出来る。

 その事もあり、試合開始前から佐々木のテンションは少々低めだ。

 ここを勝てば世界選手権の権利が獲得できる大切な 1 戦。 この試合を制するのは一体どちらか。

Game 1

 赤緑 vs. サイカトグ。 重要な先手後手を決めるジャンケンを中野が制し、その上佐々木は 1 マリガンスタート。

 幸先の悪い展開はそのまま響き、 1 枚で土地が止まってしまった佐々木に対して、中野は《疾風のマングース/Blurred Mongoose》、《ヤヴィマヤの蛮族/Yavimaya Barbarian》、《日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla》、《疾風のマングース》の順番でキャストし、唯一、佐々木が出来たのは《夜景学院の使い魔/Nightscape Familiar》をキャストできたぐらいである。

 その《夜景学院の使い魔》も中野の《炎の稲妻/Firebolt》によって軽く除去され、気がつけば佐々木の残りライフは 3 。

 「こんなの勝てねー!」

 佐々木の断末魔と共に 1 本目が終了。

中野 1 - 0 佐々木

Game 2

 先手 1 ターン目に《塩の湿地/Salt Marsh》を置いた佐々木に対して、《魔力の乱れ/Force Spike》を撃たれない隙に中野は《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》から、《疾風のマングース》と並べ、佐々木がブロッカーにと《サイカトグ/Psychatog》を置けば、そこを狙って《ナントゥーコの病木刈り/Nantuko Blightcutter》を通す。

 プロテクションとカウンターされないクリーチャーを超優秀な 1 マナクリーチャーの群れに佐々木は手も足も出ない、いや出せないのだ。

 手札も土地と手遅れな《魔力の乱れ》を抱え、何も出来ない佐々木は《調査/Probe》をキッカーで撃ち、有効牌を引きたいところだが、願いかなわず、これで引いてくるのも全て土地。

 この間に中野は佐々木のライフを削り続け、あと 1 歩と言う所で佐々木が攻撃を開始。 そう、佐々木はドロー強化を打ちつづけていたのと、中野の《蛮族のリング/Barbarian Ring》によって、中野のライフは致死圏内にまで入ってしまっていたのだ。

 ブロックせざるおえない状況を作り上げ、中野のクリーチャーを踏み潰して行き、残りのクリーチャーを《チェイナーの布告/Chainer's Edict》で佐々木が除去して行くと、佐々木は残りライフを 6 程残したまま、《サイカトグ》で押しきってしまった!

中野 1 - 1 佐々木

Game 3

 

再び先手は中野に移り、《日を浴びるルートワラ》、《野生の雑種犬/Wild Mongrel》からもう一匹《日を浴びるルートワラ》を呼び、最速のビートダウンモードで佐々木を圧倒。

 それでもなんとか《サイカトグ》を出して耐えようとするが、その隙に《ヤヴィマヤの蛮族》、《ナントゥーコの病木刈り》のプロテクション軍団で攻められ、そのまま 1 本目の様に触れる事が出来ないクリーチャーに殴られ続け、最後には《ウルザの激怒/Urza's Rage》が佐々木の本体に突き刺さり、中野の 2 回目の勝利となる。

中野 2 - 1 佐々木

Game 4

 やはりと言うか、非常にデッキ相性の悪い佐々木。 この 3 戦を振り返っても辛い事ばかりで、 2 本目の勝利も、辛勝と言う言葉が似合うものであった。

 ここで負けると終わってしまう佐々木は先手を取り、中野の《日を浴びるルートワラ》を《魔力の乱れ》、《チェイナーの布告》と綺麗に除去し、ステロイドの中野に対して最高の動きで《嘘か真か/Fact or Fiction》まで繋げる。

 《嘘か真か》は更なる《嘘か真か》を呼び、どんどんアドバンテージ差を広げて行き、完全に場を確立させる。

 その頃、中野は何をしていたかというと、持っていたクリーチャーを全てカウンターされ、残る手札には 4 枚のバーンカード。

 

 佐々木に対してそれほどプレッシャーを与えていない間にこんなにバーンカードを引いても只の無駄カードである。

 そんな何も行動を起して来ない中野をおかしく思いながらも、《激動/Upheaval》から《サイカトグ》をキャストすると、中野は投了。

中野 2 - 2 佐々木

Game 5

 中野が 1 本目に先手を取り、ここまで先手と後手が交互に入れ替わり、先手を取った者が試合を制しており、この 5 本目は中野が先攻。

 

そこでとうとう中野はここで 1 マリガンをしてしまう。

 

ここでとうとう運気が途絶えてしまったのか、序盤は《日を浴びるルートワラ》、《疾風のマングース》と攻撃を始めるのだが、 2 枚で土地が止まってしまい、手札に眠る《獣群の呼び声/Call of the Herd》など撃てずにいる。

 

そこへ佐々木は《チェイナーの布告》、《恐ろしい死/Ghastly Demise》、《サイカトグ》と場をガッチリ固め、場を完璧にコントロール。

 序盤を制したものがゲームを制す。

 その通り、この場にいる者全員が佐々木の勝利を確信した。 手の内に 2 枚の《凡人の錯覚/Delusions of Mediocrity》を残したまま、《サイカトグ》が 20 点を叩き出したのだ。

中野 2 - 3 佐々木

Final Result : 佐々木 Win

Yoshitaka Nakano

Download Arena Decklist
ソーサリー (8)
4 Firebolt 4 Call of the Herd
インスタント (4)
4 Urza's Rage
他 (4)
4 Basking Rootwara
60 カード

Yusuke Sasaki ( from Sendai )

Download Arena Decklist
クリーチャー (7)
4 Psychatog 3 Nightscape Familiar
ソーサリー (8)
2 Duress 2 Probe 2 Chainer's Edict 2 Upheaval
他 (4)
2 Memory Laps 2 Darkwater Catacomb
60 カード

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る