準々決勝: 亀井 俊佑 vs. 中野 圭貴

更新日 Event Coverage on 2004年 6月 12日

By 藤枝 勇

中野はドラフトが本人でも予想外の 6 – 1 で終わらせたのが大きく、予選街道を突っ走った中村に続いての 2 位で予選通過。
今大会は師匠である藤田剛史も Best 8 に入っており是非とも師弟での世界選手権出場をしてほしい。

 亀井は第 1 ドラフトで岡本尋の上で強烈な黒デッキを構築していたのが筆者の印象に凄く残っており(そのドラフトは 2 – 2 だったそうだが……)、なんとなくこのプレイヤーは残りそうだな、という印象があった。

GP ブリュッセルで登場した日本人好み風の青白コントロールを使う亀井と、デッキ名欄に"いつもどおり"と書かれ、本当にいつも通りのゴブリンもといGo Anan Deckを使う中野。

亀井の席には「亀ケース」と書かれた謎の黒い箱が有り、個人的にはこれを凄く気にしながらの準々決勝観戦となった。

Game 1

青白コントロール vs. 赤緑ゴブリン

中野 1 マリガン。2 ターン目《スカークの探鉱者/Skirk Prospector》からの《ゴブリンの戦長/Goblin Warchief》から準々決勝がスタート。ここから後続の《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》はカウンターされてしまったが、《ゴブリンの戦長/Goblin Warchief》がちまちまとライフを削る。

デッキリストが公開されているだけに、2 人とも前日にたっぷりと練習してきたのだろう。淡々とゲームは進み、 6 ターン目には亀井が《神の怒り/Wrath of God》をキャスト。中野の《ゴブリンの戦長/Goblin Warchief》《火花鍛冶/Sparksmith》を流した後に《永遠のドラゴン/Eternal Dragon》を場に投入した。

その状態で、次のターンには《正義の命令/Decree of Justice》サイクリングから妙にリアルな亀トークンが 5 体登場して・・・勝負あり。

序盤の立ち上がりこそ良かった中野、後続を引かずに 1 本目を落としてしまった。

亀井 1 – 0 中野

亀井in
3 《赤の防御円/Circle of Protection: Red

亀井out
1 《精神隷属器/Mindslaver
2 《映し身人形/Duplicant

中野in
4 《帰化/Naturalize
3 《ヴィリジアンのシャーマン/Viridian Shaman
4 《頭蓋骨絞め/Skullclamp
2 《星の嵐/Starstorm》

中野out
4 《酸化/Oxidize
4 《火花鍛冶/Sparksmith》
4 《静電気の稲妻/Electrostatic Bolt
1 《ゴブリンの名手/Goblin Sharpshooter》

Game 2

オープンハンドが《真鍮の都/City of Brass》と《森/Forest》が 2 枚の中野はマリガンを考えるがここは我慢してスタートした。
3 ターン目に《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》を引き当て《ゴブリンの戦長/Goblin Warchief》を場に投入しようとするが、カウンターされてしまい攻撃クリーチャーを場に出す事が出来ない。

中野が《ゴブリンのうすのろ/Goblin Goon》を 2 ターン連続でキャストするが、亀井も《神の怒り/Wrath of God》連打できっちりと流していき、 1 本目と同じで綺麗になったところに《永遠のドラゴン/Eternal Dragon》を場に投入。

ずっと土地を引き続ける中野に対して《永遠のドラゴン/Eternal Dragon》をもう1体、その上カウンターを手札に 2 枚にぎった磐石の亀井。そのまま 2 本目も勝利。

亀井 2 – 0 中野

Game 3

先攻中野痛恨のダブルマリガン。その上で初手は土地が 4 枚に《ヴィリジアンのシャーマン/Viridian Shaman》……絶望的だがスタートを宣言する。

そのまま 3 ターン目まで何も出来ずに《ヴィリジアンのシャーマン/Viridian Shaman》をキャスト、こんな状況でもいつも通り淡々とプレイする中野はかなり凄い。そんな中野のエンドに亀井は《知識の渇望/Thirst for Knowledge》、そして自分のターン目に入り、また《知識の渇望/Thirst for Knowledge》……そしてエンド。

これは奇跡が起きるかと思われた中野だったが、相変わらずのぬる引きで後続が全く続かない。

《ヴィリジアンのシャーマン/Viridian Shaman》だけで 8 点削った中野だったが、亀井がようやく平地をドローして、中野がポツリと「負けたか…」と言ったのが印象的。

その後 3 枚引いた《赤の防御円/Circle of Protection: Red》をなんとか 2 枚は壊したのだが、最後の 1 枚が割れず亀井のライフを 8 まで削ったところで、今度は《原野の脈動/Pulse of the Fields》《減衰のマトリックス/Damping Matrix》と鉄壁の守りを見せ付けられてしまい、どうしようもない中野。

その後《永遠のドラゴン/Eternal Dragon》を回収して土地を増やし、フルマナタップで《正義の命令/Decree of Justice》から 4 / 4 の天使を 3 体出してエンドをしたところに、中野が《ゴブリンの戦長/Goblin Warchief》《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》《スカークの探鉱者/Skirk Prospector》と一気に展開して最後のアタックを仕掛ける。

が、わずかに 1 点足りず亀井ストレートで準々決勝を勝利。

Final Results : 亀井 俊佑 Win

Nakano Yoshitaka

Download Arena Decklist

Kamei Shunsuke

Download Arena Decklist
クリーチャー (5)
3 Eternal Dragon 2 Duplicant
インスタント (13)
2 Pulse of the Fields 4 Mana Leak 3 Rewind 4 Thirst for Knowledge
アーティファクト (5)
1 Mindslaver 4 Damping Matrix
60 カード

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る