準々決勝: 加藤 一貴 vs. 塩津 龍馬

更新日 Event Coverage on 2003年 11月 9日

By 松井 健治

 グランプリ静岡準々決勝。
 
 さて、加藤と塩津と言えば同郷対決。
 加藤は記憶にあたらしいグランプリ横浜ファイナリストであり、塩津は前回行われたグランプリ静岡でセミファイナリストまで上り詰めている。

 まだ優勝の味を感じたことの無い 2 人は一気に上り詰めることは出来るのだろうか。

Game 1

 まずダイスロールで加藤が勝利し、後手を選択。
 その後に塩津がダブルマリガンする所からゲーム 1 が始まる。

 プレイ開始前から 3 枚差のハンデを背負う事になった塩津。
 先手の利を生かして 3 ターン目に《空狩人の若人/Skyhunter Cub》を置いてみるも、これをあっさり加藤の《黄鉄の呪文爆弾/Pyrite Spellbomb》によって除去される。

 対する加藤、《鉛のマイア/Leaden Myr》から《ゴブリンの模造品/Goblin Replica》、《屍賊の金切り魔/Nim Shrieker》へと続く。

 早速ピンチな状況な塩津。

 加藤の場には 2 枚のアーティファクトランドがあり、これの影響で《屍賊の金切り魔》も相当なパワーをもってしまっている。

 諦めつつもライブラリをめくる塩津。
 するとそこには《氷の干渉器/Icy Manipulator》が。

 これで少しはましになったかと思えば、そこに加藤が《屍賊のシャンブラー/Nim Shambler》をキャストし、塩津の表情は更にどんより。

 その場しのぎではあるが《急報/Raise the Alarm》でトークンを出し耐えようとするが、これも《屍賊の嘆き/Wail of the Nim》の双呪によって除去され、そのまま塩津は押し切られる事となった。

加藤 1 - 0 塩津

Game 2

 今回は互いにマリガンも無くゲームは進み、一歩先に場を固めたのは加藤。

 塩津が《炎叫びの杖/Fireshrieker》、《ヴァルショクの篭手/Vulshok Gauntlets》と並べた所でクリーチャーを引かない間、加藤は《鉛のマイア》と《トゲ撃ちゴブリン/Spikeshot Goblin》を配備し、塩津に隙をあたえずゆっくり攻める。

 いざ塩津が《空狩人の若人》を引いても、これも丁寧に《恐怖/Terror》と場の優勢を完全に維持しつつ、加藤はその場に《機械仕掛けのヴォラック/Clockwork Vorrac》を追加。

 塩津もこれにそろそろ抵抗したいが、引いてくるのは《急報》やマイアシリーズのタフネス 1 軍団ばかりと、最後までなすすべなく、加藤に敗れ去った。

Final Result:加藤 2 - 0 塩津

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る