準々決勝: 大塚 高太郎 vs. 志岐 和政

更新日 Event Coverage on 2003年 6月 21日

By 今井 公雄

日本選手権ベスト 8 。

ここからはシングルエリミネーション 3 回戦であり、この戦いに勝てば日本代表、負ければ何も得るものはなくなる。
ここで勝利し、晴れて日本代表となれるのはどちらのプレイヤーだろうか。

まずは、大塚。
昨年のベスト 8 で敗退した無念を晴らし、今年こそ日本代表になる執念を見せつけるか。

対するは、志岐。
ここで日本代表となり、全国に広く名を広げることが出来るか。

大塚は青緑マッドネスにタッチ黒、志岐は 《焦熱の火猫/Blistering Firecat》 を使用した赤緑ステロイド。

相性的には大塚が有利となる。

Game 1

先行は志岐

志岐は、《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》 からプレイを開始し、順調な展開を見せたと思われたが、2 ターン目にプレイしたクリーチャーは 《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》。 《野生の雑種犬/Wild Mongrel》 ではないことから万全の手札でないことが想像される。

対する大塚は 2 ターン目 《野生の雑種犬》 のプレイからスタートする。
逆にこちらは順調な手札を予感させる。

3 ターン目、志岐は 《野生の雑種犬》 に 《火山の鎚/Volcanic Hammer》 をプレイし、大塚の手札を攻める。それに対して、大塚は手札からカードを 2 枚捨てて 《野生の雑種犬》 を救うと、その上で墓場の 《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》 と 《火山の鎚/Volcanic Hammer》 を取り除いて 《渋面の溶岩使い》 の能力を 《野生の雑種犬》 に対して起動。再度、大塚に手札を捨てるか、《野生の雑種犬》 を墓場に落とすか選択させる。

ここでも大塚は手札から 2 枚のカードを捨て、《野生の雑種犬》 を場に残すことを選択する。
その際、大塚が墓場に落としたカードは、《ワームの咆哮/Roar of the Wurm》、《綿密な分析/Deep Analysis》、《幻影のケンタウロス/Phantom Centaur》、《不可思議/Wonder》 であり、手札の強さが伺える。

返すターン、大塚は 《野生の雑種犬》 にて攻撃を行い、ダメージスタック前にマッドネスで 《尊大なワーム/Arrogant Wurm》 をプレイし場を有利な状態に持っていく。

4 ターン目、志岐は 《渋面の溶岩使い》 に 《象の導き/Elephant Guide》 をエンチャントして攻撃を行い、大塚はこれをブロックせず通すことを選択する。

返すターン、大塚は 《野生の雑種犬》 と 《尊大なワーム》 の2体で攻撃、フラッシュバックで 《ワームの咆哮》 を場に出しターンを終了する。

5 ターン目、志岐は 《焦熱の火猫/Blistering Firecat》 をプレイして全てのクリーチャーで攻撃するが、冷静に計算した大塚がブロックを宣言すると、志岐は投了を宣言した。

大塚 1-0 志岐

Game 2

先行は志岐。

7 枚の手札をみて、志岐は考えをめぐらせる。
どうも 1 ゲーム目といい、思った手札がこないようだ。

1、2 ターンと動くことが出来ない志岐。
《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》 を 2 回起動してライブラリを圧縮するが、このまま 4 ターン目までクリーチャーを出すことが出来ないという厳しい状態に陥る。

それに対して、大塚は、2 ターン目 《ゾンビの横行/Zombie Infestation》、3 ターン目何もプレイせずと、こちらもあまりいい手札でないことが想像される。

ゲームが動き出したのは、4 ターン目に大塚が 《幻影のケンタウロス》 をプレイしてからとなる。

志岐は、大塚の 《幻影のケンタウロス》 に対して、《激発/Violent Eruption》 をプレイし、1 点を 《幻影のケンタウロス》 に、残りを大塚本体にダメージを与え、《幻影のケンタウロス》 のカウンターを削り、攻撃時のダメージを減らす。

5 ターン目、志岐はやっと待望のクリーチャーをドローし、《野生の雑種犬》 に 《象の導き》 をエンチャントして大塚の 《幻影のケンタウロス》 を牽制する。

大塚は返すターン 2 体目の 《幻影のケンタウロス》 をプレイし、直接除去できない志岐に対して更なる圧力をかける。

6 ターン目、志岐は攻撃を行うことができず、ターンを返す。
それに対し大塚は 《燻し/Smother》 を 《野生の雑種犬》 に対してプレイし、志岐の場に 《象の導き》 の象トークンのみの状態にしてから、2 体の 《幻影のケンタウロス》 にて攻撃を行う。

これを 2 体とも本体に通した志岐は場もライフも厳しい状態となり、ほとんど後が無くなる。

7 ターン目、志岐は先ほど 《激発》 にてカウンターを減らした 《幻影のケンタウロス》 に対して、2枚の 《火山の鎚》 をプレイして除去しようと試みるが、2 つめにプレイされた 《火山の鎚》 に対して 《堂々巡り/Circular Logic》 をプレイし、《荒れ狂う夢/Turbulent Dreams》 にて志岐の場からクリーチャーを取り除いて勝負あり。

志岐はまず 1 本を取り返すことが出来るのか、それとも大塚がこのままの勢いで押し切ることができるのか。

大塚 2-0 志岐

Game 3

先行は志岐

大塚は初めて舌打ちをしながら手札をキープ。
どうも手札は芳しくないようだ。

1 ターン目、志岐は 《ラノワールのエルフ》 をプレイしマナを増やすことに成功する。
ただし、志岐はまたもや 2 ターン目に 《野生の雑種犬》 をプレイすることができず、追加の 《ラノワールのエルフ》 と 《渋面の溶岩使い》 をプレイするに留まる。

3 ターン目、志岐は3体で攻撃を行うが、大塚は 《渋面の溶岩使い》 に対して 《燻し》 をプレイし火力となるクリーチャーを除去する。

志岐もそれに負けず、戦闘終了後に 《ラノワールのエルフ》 に対し 《象の導き》 をエンチャントし大塚に更なる圧力を与える。

返すターン、大塚は 《仕組まれた疫病/Engineered Plague》 をプレイし、宣言する種族はエルフ。

これで、志岐の場には 《象の導き》 がエンチャントされた 《ラノワールのエルフ》 のみとなり、なかなか思い通りに場を構築することが出来ない。

4 ターン目、志岐は戦闘終了後、《獣群の呼び声/Call of the Herd》 をプレイし象トークンが場に出るが、返すターン、大塚は即座に象トークンに対して 《燻し》 をプレイし、志岐にこれ以上ダメージを減らすことを許さない。

5 ターン目、大塚はやっとここで 《尊大なワーム》 をプレイすることに成功する。
これで志岐の攻撃は完全に止まってしまうことになる。

6 ターン目、大塚は 《野生の雑種犬》 をプレイし、《尊大なワーム》 で攻撃を行い、7 ターン目の志岐の攻撃を誘うプレイをおこなう。

7 ターン目、志岐は 2 体のクリーチャーで攻撃するが、《野生の雑種犬》 からのマッドネスで 《尊大なワーム》 が場に出て志岐の場は壊滅。

このまま大塚がこのゲームを押し切ることとなった。

おめでとう大塚!

Final Result : 大塚 3-0 志岐

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る