準々決勝: 大塚 高太郎 vs. 秋山 貴志

更新日 Event Coverage on 2004年 11月 21日

By Isamu Fujieda

予選ラウンド12回戦でも当たった両者、そのときは大塚がぶんぶんと回ってさくっと2本先取で終わっている。

そして準決勝で同じ色対決となった2人はそれぞれ低マナにクリーチャーが集まり、大塚は《貪る強欲/Devouring Greed》2枚。秋山はドローサポートやマナサポートこそないが赤黒白の本殿+《冒涜する者、夜目/Nighteyes the Desecrator》を備えておりなかなか面白い。

プロフィールは別の記事をみてもらうとして、百戦錬磨の元日本王者・大塚に対して秋山はまだアマチュア資格のあるプレイヤーだ。大舞台でのミスが出ないように頑張って欲しい。

Game 1

開始前に大塚が自分のデッキをシャッフルしながら「なんかデッキ多いな」と違和感を覚える。なんと、今目の前にあるメインデッキが41枚になっていたのだった。これは大塚のケアレスミスで、提出したデッキリストには《物静かな純潔/Quiet Purity》をメインに書いて置くのを忘れてしまっていたのだ。《本殿》だらけの秋山のデッキには是非ともメインから入れておきたい一枚である。

ともあれ、そんなアクシデントがありつつも、準々決勝がはじまった。

秋山は、平地1枚に本殿が3枚+《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》という初手をキープ。2ターン目アップキープの《独楽》起動がかなりドキドキだったが、無事にここでマナを引き当てて3ターン目から順調に《鼠の墓荒らし/Nezumi Graverobber》を場に出す。

《独楽》で序盤から忙しい秋山に対して、大塚の方は特に考えることもなく《残酷な詐欺師/Cruel Deceiver》、《古の法の神/Kami of Ancient Law》と展開。

秋山が《夜陰の本殿/Honden of Night's Reach》をキャストしたために大塚は《古の法の神/Kami of Ancient Law》を使わざるを得なかった。そして、《鼠の墓荒らし/Nezumi Graverobber》は《冒涜する者、夜目/Nighteyes the Desecrator》へと変身を果たす。

早いターンで環境最強クラスのクリーチャーが場に出てしまい、劣勢だった場を一変させた秋山。逆に、長引かせるとどうしようも無くなる大塚はクリーチャーを並べて攻めたいところだが相打ちすれば墓地から釣られてしまうし、攻めないともっと悲惨な場に……と辛い状況が続く。

それでも、ブロッカーが秋山の場に出なければ問題は無いのだがそんなことも無く。《鼠の浪人/Nezumi Ronin》を展開。さらに《血の語り部/Blood Speaker》を場に出して自慢の鬼兄弟を場にだす準備が整う。

大塚も《過酷な詐欺師/Harsh Deceiver》、《虚飾の道の神/Kami of the Painted Road》と展開してなんとか9まで減らすが、7ターン目からひたすら土地を引き続ける状況が続く。

さっくりスピリットか秘儀でも引いてきていればあっさりと勝てたのだが4連続土地ドロー。毎回祈るように《過酷な詐欺師/Harsh Deceiver》の能力でトップを見るが土地土地土地土地。

その間も秋山は《血の語り部/Blood Speaker》から《内臓捻りの鬼/Gutwrencher Oni》《悪逆な大峨/Villainous Ogre》、さらに《血の語り部/Blood Speaker》とゆっくりと場に展開していった。

そして、一度秋山の場が《悪逆な大峨/Villainous Ogre》《冒涜する者、夜目/Nighteyes the Desecrator》《内臓捻りの鬼/Gutwrencher Oni》となったところで大塚がフルアタック。

《虚飾の道の神/Kami of the Painted Road》がブロックされたが《祝福の息吹/Blessed Breath》を使って大塚はこれを守り、秋山の残りライフは3。

その後《血塗られた悪姥/Wicked Akuba》、《浄火の本殿/Honden of Cleansing Fire》と展開した秋山だったが、ここで若干のミスが。

もし確実にいくなら《小走りの死神/Scuttling Death》を出しておき、その能力起動の後に《冒涜する者、夜目/Nighteyes the Desecrator》の能力で墓地から拾って、これをもう一度使って《古の法の神/Kami of Ancient Law》を殺すくらいでよかったのだ。

しかし、直接《浄火の本殿/Honden of Cleansing Fire》プレイに行ってしまったために、《古の法の神/Kami of Ancient Law》によってこれは普通に割られてしまって・・・ライフ回復手段を失ってしまったのだ。

その後、大塚は前述の土地引きが続き、ついに《内臓捻りの鬼/Gutwrencher Oni》に殴られはじめるところまでいったが、大塚がここで《小走りの死神/Scuttling Death》をドロー。ここでアクションを起こすこととした。

秋山の場には《冒涜する者、夜目/Nighteyes the Desecrator》と5マナ。大塚の墓地には《古の法の神/Kami of Ancient Law》と《残酷な詐欺師/Cruel Deceiver》が落ちている。ここで大塚が引いたばかりの《小走りの死神/Scuttling Death》をプレイし、それによって《虚飾の道の神/Kami of the Painted Road》は「秘儀かスピリットをあなたがプレイしたとき」の誘発型能力でプロテクション黒がついた。ここで秋山はプロテクションがつく能力の誘発がスタックに載ったところで、自陣にいる《小走りの死神/Scuttling Death》を生贄に捧げて、大塚の《虚飾の道の神/Kami of the Painted Road》を-1/-1しなければならなかった。なぜなら秋山には3点しかライフが無い。

秋山がアクションを起こしたのは、《小走りの死神/Scuttling Death》が解決する前(スタックにのっている状態)。ここで秋山は《冒涜する者、夜目/Nighteyes the Desecrator》で大塚の墓地にある「白い」《古の法の神/Kami of Ancient Law》をリアニメイトした。ブロッカーにあてようとしたのだろう。

しかし、大塚はクリーチャーとして場に出た《小走りの死神/Scuttling Death》を即座に生贄にささげ、自軍の墓地にある《残酷な詐欺師/Cruel Deceiver》を拾った。転生だ。大塚は手札に戻ったこれを召喚し、《虚飾の道の神/Kami of the Painted Road》にプロテクション:白をも追加する。

秋山の場には黒と白のクリーチャー。しかしながらリアニメイトするためのマナはつき、残りライフが3点。そして、襲い掛かってくるのがプロテクション黒&白の3/3クリーチャーなのだった。

そんなわけで、

・・・ああ、そもそも最初のプロテクション:黒がつく前にアクションを起こして《虚飾の道の神/Kami of the Painted Road》を-1/-1しなければいけなかったのか、と気付かされながら、秋山は倒されてしまったのだった。

ちなみに、この時点で残り7分。

しかし、決着が付かないかと思われた2本目も大塚が2マナクリーチャーの連打により秋山を圧殺。大塚が準決勝進出となった。

Results : 大塚 高太郎 Win

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る