準々決勝: 射場本 正巳 vs. 斉藤 友晴

更新日 Event Coverage on 2004年 8月 29日

By 吉川 祐輔

親和とニューカマーの台頭著しい今大会のTop8。その中にあって、親和以外のデッキを駆ってここまで勝ち残ってきた2人の強豪の顔合わせである。

独自のセンスを活かした《死の雲/Death Cloud》デッキの射場本。

従来のデッキの良いとこ取りをしたという白青コントロールの斉藤。
巨大な大会の最後を飾る決勝トーナメントが今、始まる。

Game 1

7個の6面ダイスを振り比べて、斉藤先攻。ファーストアクションは射場本の《首を狩る者/Headhunter》。出して斉藤を見据える射場本だが、斉藤は意に介することなく《永遠のドラゴン/Eternal Dragon》サイクリングのあと変異をプレイ。これに対し、射場本は《ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus》で攻撃するのみ。

ターンを渡されて斉藤は少し悩んでいたが、意を決して《賛美されし天使/Exalted Angel》を表にして攻撃。《首を狩る者/Headhunter》の能力で手札を捨てさせられるのは覚悟の上だ。

射場本は注文通りに攻撃し、斉藤は《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》をディスカード。斎藤はライフレースに活路を求めたか、さらに《賛美されし天使/Exalted Angel》で攻撃。ライフ格差を広げにかかる。

射場本のターン、再びの選択の時間で斉藤は悩んで《アクローマの復讐/Akroma's Vengeance》を捨てる。第2メインフェイズ、射場本は6枚の土地から《血のやりとり/Barter in Blood》。斉藤は首を傾げるが、これを《巻き直し/Rewind》で阻む。続いてプレイされた《夜の囁き/Night's Whisper》には、対応で《知識の渇望/Thirst for Knowledge》、これは通って射場本は2枚の追加戦力を入手。

斉藤は続いて《賛美されし天使/Exalted Angel》をレッドゾーンに送り出し、射場本ライフ6。さらに《永遠のドラゴン/Eternal Dragon》をプレイし、王手をかける。果たして対処はあるか。

しかし、このフルタップの隙を突いて射場本は攻撃後X=5の《死の雲/Death Cloud》を放つ。これで双方のパーマネントが半壊するが、《金属モックス/Chrome Mox》を経由した射場本には《ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus》が残り、さらに《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》のドローで一手先んじる。ライフは残り1だが、これは大きなアドバンテージだ。

斉藤は勝負に出るしかなかったのだが、最悪の結果を招いてしまった。《沿岸の塔/Coastal Tower》だけの状態から土地は2枚目を引き入れるが、その後のドローが《神の怒り/Wrath of God》*2、《アクローマの復讐/Akroma's Vengeance》では厳しい。

射場本はコツコツとダメージを積み重ねながら《ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus》の2枚目、3枚目を次々と引き当て、圧倒的だったはずの斉藤のライフを追い詰めていく。《光と影の剣/Sword of Light and Shadow》を見て斉藤投了。

射場本 1-0 斉藤

Game 2

シャッフルにも気合が入る第2ゲーム、先程と同じように射場本の《首を狩る者/Headhunter》が幕を開ける。しかし斉藤はこれに対し《粛清/Purge》で対抗。

両者とも温まってきたのか試合のテンポが上がる。斉藤は第3ターンに変異をプレイ、それを表にして《賛美されし天使/Exalted Angel》攻撃、と先程と同じアグレッシブな展開を見せるが、射場本は《騒がしいネズミ/Chittering Rats》、《血のやりとり/Barter in Blood》でいなす。

続いて射場本は《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》でマナベースの拡張を図る。斉藤は一応《知識の渇望/Thirst for Knowledge》を経由してこれを通すが、返すターンに再び変異プレイで攻めの姿勢は崩さない。

射場本はしばし考えをやった後、こちらも変異をプレイ。しかし斉藤のそれと違って、この変異の正体がつかみにくい。斉藤はしばし裏返しのカードを見つめたあと、それを通した。そして自らの攻撃を仕掛けていく。

返しで射場本が攻撃。斉藤は《知識の渇望/Thirst for Knowledge》で選択肢を見た後、ブロックなし。ダメージスタック後変異が《首を狩る者/Headhunter》であることが明らかになり、斉藤は《粛清/Purge》をディスカード。残るカードは1枚だ。

斉藤は土地を置き攻撃しターンを返す。射場本が攻撃すると斉藤はその残された1枚こと《正義の命令/Decree of Justice》をサイクリング。6体の兵士トークンが現れ、射場本の攻撃を阻む。射場本には《残響する衰微/Echoing Decay》も《残響する真実/Echoing Truth》もなく、斉藤は《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》を殺さないよう丁寧にブロック。

射場本は割合派手な動きながら、《賛美されし天使/Exalted Angel》を止める術が無い。斉藤は次なる攻撃で射場本のライフを4まで引き下げ、返す射場本の攻撃を捌いたあと、先の《正義の命令/Decree of Justice》で入手した2枚目の《正義の命令/Decree of Justice》を全力でサイクリング。射場本は「…はい。」と頷いたあと投了とした。

射場本 1-1 斉藤

Game 3

先手は射場本。軽く頬を叩いて気合を入れなおす斉藤。

ゲームは《金属モックス/Chrome Mox》(刻印は《残響する衰微/Echoing Decay》)経由の第2ターン《騒がしいネズミ/Chittering Rats》から始まった。斉藤は少し考えてライブラリトップへカードを戻す。

そして第3ターン、射場本は更に《騒がしいネズミ/Chittering Rats》を重ねる。今度は斉藤熟考し、また1枚戻す。その後《永遠のドラゴン/Eternal Dragon》サイクリングでシャッフル。

畳み掛けて射場本は《迫害/Persecute》。通って宣言は白。しかし墓地に送られたのは《神の怒り/Wrath of God》のみで、《知識の渇望/Thirst for Knowledge》《巻き直し/Rewind》土地2枚が公開される。斉藤は《知識の渇望/Thirst for Knowledge》をプレイ。
そこで引き当てたか、斉藤は《神の怒り/Wrath of God》で《騒がしいネズミ/Chittering Rats》を流す。「引いちょるか」とは射場本。

流された後、射場本はもう一度《迫害/Persecute》、今回は青宣言で斉藤の《巻き直し/Rewind》を奪う。残りは土地3枚。

射場本が《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》の後、斉藤は引き当てて《永遠のドラゴン/Eternal Dragon》。これで勝負が決められるかというところだったが、射場本は切り札《死の雲/Death Cloud》X=3。ここで、斉藤は残す土地について考える。

斉藤には《平地/Plains》*3《島/Island》*1《沿岸の塔/Coastal Tower》《邪神の寺院/Temple of the False God》。このうち3枚を残せるが、斉藤は暫く、アクションを交えながら考えた末《平地/Plains》《沿岸の塔/Coastal Tower》、そして《邪神の寺院/Temple of the False God》を残した。かなり驚きの選択といえるが、これは彼なりの賭けだ。

例によって残った《ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus》で攻撃を続けていく射場本。土地も十分伸びていく。斉藤は叩きつけるようなドローから4枚目の土地と《賛美されし天使/Exalted Angel》を引き当てるが、5枚目がなく先程の選択が仇になってこれを有効活用できない。

射場本は《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》こそカウンターされるものの、《夜の囁き/Night's Whisper》から3枚目となる《騒がしいネズミ/Chittering Rats》を引き当てて斉藤の回復を止めていく。斉藤はメインで《正義の命令/Decree of Justice》をサイクリングするも有効牌を見つけられない。

最後は射場本の秘密兵器《光と影の剣/Sword of Light and Shadow》が現われ、申し訳程度に《マナ漏出/Mana Leak》で妨害してみせる斉藤だが、これを携えた《騒がしいネズミ/Chittering Rats》が斉藤に一撃を加える。拾うクリーチャーカードはもちろん《騒がしいネズミ/Chittering Rats》だ。

斉藤はドローを確認して、静かにカードを片付けた。

射場本 2-1 斉藤

終了後、斉藤に第3ゲームの土地選択について聞いてみた。

斉藤談:普通は《平地/Plains》《島/Island》《沿岸の塔/Coastal Tower》と残すところ。でも、確率的には間違っていると分かってたけど、このマッチアップはどうしても《賛美されし天使/Exalted Angel》頼みだし、土地を2枚引くことに賭けて《邪神の寺院/Temple of the False God》を残してみた。すぐ4枚目の土地(《島/Island》)を引けたからいけるかと思ったけど、その後は…。相手のデッキがよく分からなくて、どう動いていいか分からなかったのもあるけど、あれはプレイミスだった。

マジックは確率のゲームだが、様々な選択があって、それは結果によってのみ肯定される。これでドローが上手くいっていれば斉藤の選択は賞賛されたのかもしれない。しかし結果として、彼はドローに反する選択を取ってしまい、結果敗れた。

射場本 正巳、準決勝進出!

Tomoharu Saitou

Download Arena Decklist
クリーチャー (6)
3 Eternal Dragon 3 Exalted Angel
インスタント (14)
4 Thirst for Knowledge 4 Mana Leak 3 Rewind 3 Annul
アーティファクト (4)
4 Relic Barrier
エンチャント (1)
1 Decree of Silence
60 カード

Masami Ibamoto

Download Arena Decklist
ソーサリー (9)
4 Night's Whisper 3 Barter in Blood 2 Death Cloud
インスタント (4)
4 Echoing Decay
アーティファクト (9)
4 Chrome Mox 3 Talisman of Dominance 2 Sword of Light and Shadow
土地 (22)
17 Swamp 4 Blinkmoth Nexus 1 Island
60 カード

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る