準々決勝 村上裕樹 vs. 大塚高太郎

更新日 Event Coverage on 2002年 6月 2日

By 丸山智寛

村上のデッキは「サイカトグ」に《火炎舌のカヴー/Flametongue Kavu》と《火+氷/Fire+Ice》を加えたバージョン。さらには 2 枚の《反論/Gainsay》をメインに投入。現在のメタの中心に照準を合わせている。

大塚のデッキもまた、青緑に赤を加えたバージョン。3 色にしてでも入れたいカードはもちろん《火炎舌のカヴー/Flametongue Kavu》《火+氷/Fire+Ice》。

決勝トーナメントは 3 本先取で行われる。コントロール要素の強いデッキ同士の対決だけに、長丁場が予想される。好勝負を期待したい。

Game 1

先攻の村上は《サイカトグ/Psychatog》以外はすべて土地という初手からマリガンを経てスタート。

序盤、《火+氷/Fire+Ice》でお互いの島をタップする展開から、大塚が《野生の雑種犬/Wild Mongrel》を召還。村上、手札に《火炎舌のカヴー/Flametongue Kavu》があるのだが赤マナが出ず、《夜景学院の使い魔/Nightscape Familiar》で耐える構え。大塚はさらに《マーフォークの物あさり/Merfolk Looter》を展開。

序盤で遅れを取り苦しい村上、活路を求めて《嘘か真か/Fact or Fiction》。 大塚はこれを通すが、《マーフォークの物あさり/Merfolk Looter》に放たれた村上の《終止/Terminate》はがっちりと《対抗呪文/Counterspell》。場は依然として大塚優勢なまま。

このまま緩やかに場が動くかと思われたが、終局は唐突に訪れた。《敏捷なマングース/Nimble Mongoose》を戦線に加えた大塚は、村上のターンエンドに《嘘か真か/Fact or Fiction》を撃つ。村上、思わず《嘘か真か/Fact or Fiction》を重ねる。それぞれが手札を入手するが、村上は 2 枚の島を残してタップされてしまい、苦しい形に。

この隙を大塚は見逃さない。《野生の雑種犬/Wild Mongrel》と《敏捷なマングース/Nimble Mongoose》で攻撃した後に《激動/Upheaval》。村上の《堂々巡り/Circular Logic》を打ち消し、投了に追い込んだ。

村上 0 - 1 大塚

サイドボーディング:( 前Game からの変化で記す。以下、同じ )

村上 in
4 《強迫/Duress》
3 《綿密な分析/Deep Analysis》
1 《火炎舌のカヴー/Flametongue Kavu》 out
1 《火+氷/Fire+Ice》
2 《調査/Probe》
2 《サイカトグ/Psychatog》
3 《終止/Terminate》

大塚 in
3 《反論/Gainsay》
3 《綿密な分析/Deep Analysis》
2 《火炎舌のカヴー/Flametongue Kavu》
1 《熊の谷/Bearscape》
out
2 《クローサの獣/Krosan Beast》
2 《激動/Upheaval》
4 《火+氷/Fire+Ice》
1 《排撃/Repulse》


Game 2

先攻村上、またもマリガン。同じく大塚もマリガン。

大塚、《野生の雑種犬/Wild Mongrel》を召還し攻勢に出るが土地が 2 枚で止まり苦しいスタート。カウンターされる心配のない村上は余裕の《嘘か真か/Fact or Fiction》。土地を盛り返した大塚は《綿密な分析/Deep Analysis》を放つが、村上は《嘘か真か/Fact or Fiction》を重ねた後に、《対抗呪文/Counterspell》。大塚の追撃を許さない。 ここで村上は《火炎舌のカヴー/Flametongue Kavu》を召還、大塚の《野生の雑種犬/Wild Mongrel》を排除にかかる。大塚は《反論/Gainsay》 2 枚、《マーフォークの物あさり/Merfolk Looter》 1 枚を気前良く捨て、《野生の雑種犬/Wild Mongrel》を救う。大塚はここで《熊の谷/Bearscape》を貼る。先ほどのディスカードのおかげで墓場も充実。しばらくはこれで時間を稼ぎたいところ。

村上は《夜景学院の使い魔/Nightscape Familiar》《サイカトグ/Psychatog》を展開。さらには《取り憑かれたエイヴン/Possessed Aven》を召還。《夜景学院の使い魔/Nightscape Familiar》効果を忘れてしまいマナバーンするがこれはご愛嬌。圧倒的な地盤を築き上げた村上に対し、じり貧気味の大塚。村上は介錯気味に《激動/Upheaval》を放ち、星をイーブンに戻した。

村上 1 - 1 大塚

サイドボーディング:

村上 in
1 《火炎舌のカヴー/Flametongue Kavu》
out
1 《取り憑かれたエイヴン/Possessed Aven》

大塚 変化なし

後攻となる村上は《火炎舌のカヴー/Flametongue Kavu》を追加。大塚はサイドボーディングする振りをして見せるが、内容に変化はなし。

Game 3

先攻は大塚。今度は両者共にマリガンなし。最初の動きは村上。《強迫/Duress》で《綿密な分析/Deep Analysis》、《反論/Gainsay》、《排撃/Repulse》、《熊の谷/Bearscape》から《敏捷なマングース/Nimble Mongoose》を抜・・・こうとして苦笑しつつ《反論/Gainsay》を抜く。

ここから大塚の悪夢が始まる。《綿密な分析/Deep Analysis》を連打し手札を補充するが、そのたびに村上が《強迫/Duress》してくるのだ。大塚はこれで完全に自由を奪われてしまう。

万全の体制から村上は《激動/Upheaval》。予定調和的にカウンターが応酬された後、無事これが通る。村上の手中に《サイカトグ/Psychatog》があることを知った大塚は素直に投了した。

村上 2 - 1 大塚

サイドボーディング:

村上 in
1 調査
out
1 《火炎舌のカヴー/Flametongue Kavu》

大塚 in
1 《クローサの獣/Krosan Beast》
2 《説得/Persuasion》
out
1 《熊の谷/Bearscape》
2 《排撃/Repulse》

あとがない大塚はここでデッキを修正。《説得/Persuasion》に望みをかける。対して村上は細かい変化を加えるものの、基本方針は変わらない。前日に友人らと行ったという模擬戦で得た分析に自信を持っているのだろう。

Game 4

先攻大塚。村上、またもやマリガン。大塚が《綿密な分析/Deep Analysis》連打で手札を拡大する隙を突いて村上が《サイカトグ/Psychatog》を召還。そのまま殴りつづける立ち上がり。

村上の《夜景学院の使い魔/Nightscape Familiar》を《対抗呪文/Counterspell》したターンエンド、大塚は《嘘か真か/Fact or Fiction》で《説得/Persuasion》を入手。大塚、そのまま村上の《サイカトグ/Psychatog》を《説得/Persuasion》。これが通り、手札で遅れを取る村上にクロックがかかる。

両者ともに《綿密な分析/Deep Analysis》をフラッシュバックして手札を補充した後、局面は一気に最終決戦へと移行する。

村上は大塚のターンエンドに《嘘か真か/Fact or Fiction》を 2 連発。これは共に大塚のカウンターに退けられるが、大塚は 3 枚のカウンター呪文を消耗してしまう。

ここで村上は起死回生の《激動/Upheaval》。しかし大塚はこれすらも《堂々巡り/Circular Logic》。前回、村上の鬼ドローに泣かされた大塚の報復といったところか。村上としては《強迫/Duress》で探りを入れて動きたかったところだろうが、大塚は墓地に 2 枚の《綿密な分析/Deep Analysis》を抱えている状態。これ以上待てない村上が見切りをつけての大勝負だった。

タップアウトしてしまった村上の《夜景学院の使い魔/Nightscape Familiar》を《火炎舌のカヴー/Flametongue Kavu》で排除した大塚は《サイカトグ/Psychatog》で攻撃。村上のライフを一瞬で削った。

村上 2 - 2 大塚

サイドボーディング:

村上 in
3 《取り憑かれたエイヴン/Possessed Aven》
3 《終止/Terminate》
out
2 《火炎舌のカヴー/Flametongue Kavu》
4 《火+氷/Fire+Ice》

大塚 in
2 《排撃/Repulse》
out
1 《クローサの獣/Krosan Beast》
1 《敏捷なマングース/Nimble Mongoose》

村上はここで大きくデッキを変化。《取り憑かれたエイヴン/Possessed Aven》を最採用。よりアグレッシヴな形とした。大塚はデッキからクリーチャーを減らし、受けの要素を強めた形に。《熊の谷/Bearscape》《激動/Upheaval》ともに抜いたままで、勝ち手段が不足しているようにも見えるが、本当にこれが正解だったのだろうか。

Game 5

最後の Game 。先攻は村上。

村上、《夜景学院の使い魔/Nightscape Familiar》を召還して《強迫/Duress》を撃つが、これは《対抗呪文/Counterspell》される。村上はさらに《綿密な分析/Deep Analysis》。さらにフラッシュバックで撃つが、これは《対抗呪文/Counterspell》。ここまでは村上が大塚の手札に消耗を強いる形。

大塚が《火炎舌のカヴー/Flametongue Kavu》で《夜景学院の使い魔/Nightscape Familiar》を除去したところで、村上は《取り憑かれたエイヴン/Possessed Aven》を召還。ライフ状況は序盤の《夜景学院の使い魔/Nightscape Familiar》の活躍と、大塚のペインランドのダメージにより、村上に有利。先に殴り勝てると判断した村上は《取り憑かれたエイヴン/Possessed Aven》で攻撃。大塚も《火炎舌のカヴー/Flametongue Kavu》で応じる。

思わぬライフレースの中、ただ 1 ターンが欲しい大塚だが、その手段がない。《綿密な分析/Deep Analysis》で解決策を求めるが、《対抗呪文/Counterspell》に阻まれる。

大塚、力をこめて最後のドロー。しかし、「詰んだぁ」と天を仰いだ。

Final Result : 村上裕樹 Win

Yuuki Murakami

Download Arena Decklist
ソーサリー (4)
2 Upheaval 2 Probe
インスタント (16)
3 Terminate 2 Gainsay 4 Fact or Fiction 4 Counterspell 3 Circular Logic
他 (4)
4 Fire/Ice
60 カード

Kotaro Ootsuka

Download Arena Decklist
ソーサリー (3)
2 Upheaval 1 Deep Analysis
インスタント (15)
4 Counterspell 4 Circular Logic 4 Fact or Fiction 3 Repulse
他 (4)
4 Fire/Ice
60 カード

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る