準々決勝: 桧垣貴生 vs 加藤一貴

更新日 Event Coverage on 2003年 1月 9日

By 平林和哉

いよいよこの Finals'02 も決勝ラウンド。

スタンダードでの失点をエクステンデッドのティンカーで補う形になった桧垣と(3-2 、4-0-1 、 2 連敗からの 7 連勝!)、堅実に成績を残してベスト 8 入りした加藤( 4-1 、 3-1-1 )。
実はこの 2 人は予選ラウンドですでに当たっていたらしく、その時は加藤が勝ったそうだ。

リアニメイトビートダウン vs サイクリング。

Game 1

先攻の桧垣の《野生の雑種犬/Wild Mongrel》からゲームが開始された。

ユーティリティの塊である《燃え立つ願い/Burning Wish》を 2 枚引いている桧垣は基本動作の《生き埋め/Buried Alive》、加藤が変異クリーチャー(もちろん《賛美されし天使/Exalted Angel》)を場に出すと《炎の稲妻/Firebolt》と万全の対応力を得る。

すでに《憤怒/Anger》が落ちている桧垣。
加藤は《稲妻の裂け目/Lightning Rift》を場に出すが、返しの《生き埋め》で《宿命のネクロマンサー/Doomed Necromancer》《起源/Genesis》《幻影のニショーバ/Phantom Nishoba》が墓地に送り込まれ、加えて《定員過剰の墓地/Oversold Cemetery》が場に追加されて窮地に陥る加藤。

だが加藤はサイクリングを続けて《生ける願い/Living Wish》を引き込み、《定員過剰の墓地》は《雲を追うエイヴン/Aven Cloudchaser》で対処。

この間も《野生の雑種犬》が殴り続け加藤のライフは少ない。
だが桧垣の方も自身の《真鍮の都/City of Brass》、加藤の《稲妻の裂け目》がじわじわとライフを蝕んでおり安全とはいえない状況だ。

ここで桧垣が《起源》により《宿命のネクロマンサー》を場に戻し(ただし余剰マナが無いため即起動はできない)、やむを得ず加藤は勝負に出る。

手札には十分なサイクリングカードがあり、足らないのはマナだけ。
サイクリング、サイクリング・・・・・

だが加藤は残り 1 点の桧垣のライフを削りきれなかった。
残り 2 マナの状態で手札には《新たな信仰/Renewed Faith》。
基本地形、フェッチランド、サイクリングランドのどれも加藤は引くことができなかったのだ。

桧垣 1-0 加藤

:桧垣
Out
2 《クローサの大牙獣/Krosan Tusker
1 《解体するオーグ/Butcher Orgg
In
1 《強迫/Duress
1 《沈黙の死霊/Silent Specter
1 《ドルイドの抒情詩人/Druid Lyrist

:加藤
Out
2 《ティーロの信者/Teroh's Faithful
1 《生ける願い》
2 《地図作り/Cartographer
In
2 《天啓の光/Ray of Revelation
1 《神の怒り/Wrath of God
2 《震央/Epicenter

Game 2

2 本目は桧垣の《極楽鳥/Birds of Paradise》からのスタートとなった。

順調にマナを伸ばす加藤とは対照的に桧垣はマナに苦しみ、《宿命のネクロマンサー》を出しつつ《生き埋め》で速攻リアニメイトできるチャンスがあったが土地を引けず。

そのタイミングで《神の怒り》を使われ、《野生の雑種犬》を出すが《賛美されし天使》に攻め返される。

だが土地が止まっていた桧垣は肝心のタイミングで土地を 2 連続で引き込み、《生き埋め》《野生の雑種犬》 2 体目から《燃え立つ願い》(《ゾンビ化/Zombify》をチューター)、《ゾンビ化》での速攻《戦慄をなす者ヴィザラ/Visara the Dreadful》リアニメイト。
ヘイストのために《賛美されし天使》は《戦慄をなす者ヴィザラ》で殺され、しょうがなく加藤は《神の怒り》でリセット。

続けて出てきた《貪欲なるベイロス/Ravenous Baloth》を前にして必死に《霊体の地滑り/Astral Slide》&《地図作り》で防衛線を張るが、《起源》《憤怒》《ドルイドの抒情詩人》のセットを持つ桧垣の前にはエンチャントは風前の灯火。

もちろん《ドルイドの抒情詩人》で《霊体の地滑り》は叩き割られ、《賛美されし天使》は《宿命のネクロマンサー》から《戦慄をなす者ヴィザラ》リアニメイトで封殺と、どうにも逃げ道が塞がりつつある加藤。

それでも追加の《霊体の地滑り》で時間を稼ぎ、《神の怒り》で場をリセット。
《稲妻の裂け目》で残り少ない桧垣のライフを狙う。
手札にはサイクリングカードが 1 枚しか無い状況だが・・・・

《忘れられた洞窟/Forgotten Cave》-《クローサの大牙獣》-《新たな信仰》!

1 本目とはうって変わってサイクリングがチェーンした加藤が踏みとどまる。

桧垣 1-1 加藤

Game 3

桧垣がサイドインした《ドルイドの抒情詩人》を 1 ターン目から場に。
たった 1 枚のカードをいきなり最初にプレイされて思わず加藤も苦笑い。 

桧垣は《定員過剰の墓地》《宿命のネクロマンサー》と続ける。
マナを使い切って展開しているわりにはイマイチの展開だが、次のターンには《生き埋め》-《起源》《憤怒》《戦慄をなす者ヴィザラ》の 3 点セット。

しかし《山》の無い桧垣。
《宿命のネクロマンサー》から《戦慄をなす者ヴィザラ》をリアニメイトして加藤の《賛美されし天使》に対応する。

加藤はやむを得ず《神の怒り》。
未だ土地が伸びない桧垣は《定員過剰の墓地》を生かして《生き埋め》で《クローサの大牙獣》を回し待望の赤マナを獲得。

とにかく諸悪の根源と化している《定員過剰の墓地》は《生ける願い》からの《雲を追うエイヴン》で対処され、桧垣は墓地のエンジンを起動しにくくなった(《起源》は依然として効力を発揮してはいる)。

加藤が《雲を追うエイヴン》で強引に攻めようと《神の怒り》を使った返しで、マナが無い(《震央》を警戒して土地を溜めているため)桧垣は《起源》経由で無く手札から《宿命のネクロマンサー》から《幻影のニショーバ》!

しかも加藤が《幻影のニショーバ》に対処できないところで、桧垣はダメ押しの一撃を放った。

《燃え立つ願い》から《消えないこだま/Haunting Echoes》・・・・

桧垣 2-1 加藤

Final Result:桧垣 2-1 加藤
桧垣貴生 Wins! Advance to SemiFinal

Katou Kazuki

Download Arena Decklist
クリーチャー (11)
4 Krosan Tusker 3 Exalted Angel 2 Cartographer 2 Teroh's Faithful
ソーサリー (10)
4 Slice and Dice 3 Wrath of God 3 Living Wish
インスタント (4)
4 Renewed Faith
エンチャント (8)
4 Lightning Rift 4 Astral Slide
60 カード

Higaki Takao

Download Arena Decklist

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る