準々決勝 : 森田 雅彦 vs. 加藤 一貴

更新日 Event Coverage on 2004年 11月 21日

By Kenji Matsui

緊張のロチェスタードラフトを終え、席についた2 人のプレイヤー、森田と加藤。
今更ではあるが、彼らの経歴を振り返ってみよう。

グランプリ岡山をベスト 4 入りしたところから勢いをつけ始めたのが森田。
そんな彼は、後にチームリミテッドと言うレギュレーションに措いて世界タイトル「マスターズ」を取る事になる。ここ最近ではグランプリクアラルンプールで優勝している大阪のプレイヤーだ。

加藤も名古屋で若手と呼ばれ、若さに任せた勢いで、数々のイベントで上位に食い込むjプレイヤーではあったが、優勝経験は無かった。しかし、ちょうど一年前のグランプリ静岡で行われたリミテッドのレギュレーションで彼は優勝を経験し、また一皮剥けたプレイヤーへと成長した。

そんな彼らのデッキだが、森田はなんと《思考の鈍化/Dampen Thought》を使用したライブラリアウト主眼デッキに仕上げ、メインボードにはクリーチャーが 3 体のみ。

本人曰く、 Magic Online では《川の海神/River Kaijin》 1 枚のみがクリーチャーで、あとは全てスペルのデッキで 3 勝しましたよ、とのことで、このタイプのデッキは作りなれているらしく自信の程はなかなかである。

どれ程の自信かを現すバロメータとしては、現在はボストンに留学中の戦友である阿南 剛から国際電話で聞いたという「《思考の鈍化》デッキでの《編み直し/Reweave》はヤバイ、スーパー除去だ」という情報を鵜呑みにして、決勝ドラフトにも関わらず、「お試しでこのカードをメインに採用」している、ほどなのだ。
 
対する加藤のデッキは、綺麗にまとまった赤黒のビートダウン。

1 マナ圏の《悪忌の雪崩使い/Akki Avalanchers》から始まり、2 , 3 , 4 マナと素晴らしいマナカーブを描き、《影の舞い/Dance of Shadows》の止めカードつきである。

そんな彼も、ドラフト中に準々決勝の相手である森田のドラフトをしっかり見つめ、ライブラリアウトを狙った連携デッキであることは十分理解しており、メインから手札破壊に関連するカードも大量に搭載している。

そのままデッキ構築に移り、シートにカードを記入していた加藤は、1 枚のカードに気がつき、ジャッジを呼んで詳しいカードの効果を聞いている。

そのカードとは《最後の河童の甲羅/Shell of the Last Kappa》。

森田の止めとする《思考の鈍化》を封じ込める力を持ち、これに気が付いた加藤は、最後までこれをメインボードにいれるか悩んでいた。しかし、森田のみを狙い撃ちしても仕方ない、俺は優勝を目指すのだと、最後はサイドボードに落とす事を選択したようだ。

この環境のトリックを最大限に利用した森田のライブラリアウトデッキと、加藤のリミテッドのお手本のようなビートダウンデッキ、どちらが高みへ上るのか。

Game 1

まずは 1 本目、ダイスロールによって森田の先手でゲームが始まる。

森田が島をセットでターンエンド、続く加藤は沼セットでターンエンド。
そのまま加藤の 2 ターン目に入ると、なんとディスカードを開始。

そのまま加藤、 3 ターンのディスカードの経て、やっと山を手に入れて《鼠の殺し屋/Nezumi Cutthroat》を展開することが出来た。

だが、その間に森田のデッキは回転を始めていた。

加藤が 3 ターン目のディスカードに入ろうと言った所で《霧中の到達/Reach Through Mists》を打ち、そこへ《思考の鈍化/Dampen Thought》を連携で打ち出したのだ。

相手は土地事故を起こした事と、初手から《思考の鈍化/Dampen Thought》があった事から、森田はどんどん秘儀呪文に連携を重ね、《氷河の光線/Glacial Ray》などを起点にどんどん加藤のライブラリを削り続ける。

加藤はなんとか《かまどの神/Hearth Kami》などの軽いクリーチャーを並べて攻撃を加えるが、結局はおまけでくっついて来る《氷河の光線》に焼かれつつライブラリも削れ、なすすべなく。

1 本目は森田の勝利。

森田 1 – 0 加藤

Game 2

2 本目は加藤の先手で始まるが、対する森田はダブルマリガン。
こうなると今度は加藤の猛攻が開始される。

土地はしっかり引けた森田は軽快に除去を打つが自然とネタ切れし、加藤は続々と後続を展開。

そして、うっかり持っていた森田デッキに対する最高の対策カード《最後の河童の甲羅/Shell of the Last Kappa》を設置。

森田、顔面蒼白になってもゲームを続けるが、加藤が並べるスピリット軍団にライフを削られ、その勢いのまま《貪欲の重責/Burden of Greed》でクリーチャー 4 枚サクリファイスで 10 点のダメージを貰ってしまう。

2 本目は加藤の勝利。

森田 1 – 1 加藤

Game 3

それでは 3 本目。

森田先手でゲームが始まり、山を 3 枚セットから《名誉に磨り減った笏/Honor-Worn Shaku》と、島の引けない森田。

対照的に加藤は《悪忌の雪崩使い/Akki Avalanchers》、《かまどの神/Hearth Kami》などの軽量クリーチャーをどんどん展開し、森田の赤い除去が飛んでこようとも、それを上回る勢いでクリーチャーを召喚する。

そして、 2 本目で登場した《最後の河童の甲羅》が、ここでも早々に登場。

マナもなければ何もない森田。

やっと引き当てた青マナを使ってライブラリを掘り進めるが、連携しない連携デッキと成り果ててしまった森田のデッキで、挽回する事は叶わなかった。

Result : 森田 1 – 2 加藤

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る