準々決勝: 橋本玲 vs 小林正典

更新日 Event Coverage on 2002年 10月 13日

By 平林和哉

決勝ロチェスタードラフトでたった二人の白をほぼ独占した形になった橋本。
自らのパックから引き当てた《ドラゴンの休息地/Dragon Roost》を機に赤のみをタッチした形になった橋本のデッキは卓内最強と言っても過言では無いだろう。

一方の小林は畏怖能力主体の青黒を構築しているため、橋本の準白単を止めることができるのは彼だけかもしれない。

Game 1

プロツアー経験者だがグランプリベスト 8 は初となる両者 小林が先攻から《敵意の信奉者/Disciple of Malice》の切り出しスタート。
返す橋本が《優雅の信奉者/Disciple of Grace》を出したところで小林の土地がピタリと止まる。

土地が止まった小林が変異クリーチャーを焦って《敵意の信奉者/Disciple of Malice》と《アフェットの錬金術師/Aphetto Alchemist》でダブルブロックしたところに橋本の《ショック/Shock》が突き刺さり、開始早々小林はいきなり苦しくなってしまう。

だが《虫つぶし/Swat》をサイクリングしてまでライブラリーを掘り進んだ結果、《金切り声のノスリ/Screeching Buzzard》と《急降下爆撃兵/Dive Bomber》、互いに変異クリーチャーを並べあい睨み合う形に。
トリックを嫌って両者とも変異クリーチャーをスルーしあうのだが、その変異クリーチャーの中に《陰謀団の処刑人/Cabal Executioner》がいた事が場を大きく動かすことになる。

手始めに変異状態の《鞭縄使い/Whipcorder》をサクリファイスさせて、次のターンにはブロッカーを《本質の裂け目/Essence Fracture》でどかした上で変異状態の《ダールの槍騎兵/Daru Lancer》を奪っていく。
さらには小林の戦線に《うろつくセンザンコウ/Prowling Pangolin》まで加わるのだが、これは開幕と同時にプレイされた《優雅の信奉者/Disciple of Grace》に止められているため小林は地上の突破をあきらめて他方からの侵略を狙う。

まず《金切り声のノスリ/Screeching Buzzard》が《疾風衣の侵略者/Gustcloak Harrier》と相討ち、《切り刻まれた軍勢/Severed Legion》が《急降下爆撃兵/Dive Bomber》の能力起動を強要する。
さらに《敵意の信奉者/Disciple of Malice》、変異クリーチャーと厚みを増していく小林の戦線。

《金切り声のノスリ/Screeching Buzzard》のディスカードに《圧倒する防衛者/Daunting Defender》を当てるように手札は相当に強力なものであるが、序盤からのマナ不足が響いており一方的に押され続ける橋本。
しかも逆転のための《輝きを放つ者/Glarecaster》は秒で《残酷な蘇生/Cruel Revival》され、しかも回収された《切り刻まれた軍勢/Severed Legion》《グラクシプロン/Graxiplon》が残り少ない橋本のライフを狙いに来る。

だが橋本はここで踏みとどまった。

Aurification攻め手を絡め取る防衛システム

《黄金化/Aurification》!

橋本の守りの切り札であるこのカード 1 枚で小林の攻勢は大きく勢いを削がれることになってしまう。

小林の猛攻が止んだことに安堵する橋本だが、《陰謀団の執政官/Cabal Archon》などを考慮すると速やかにゲームを終わらせる必要がある。

もちろんその事を理解している橋本は、《疾風衣の侵略者/Gustcloak Harrier》《急降下爆撃兵/Dive Bomber》と展開した上で、《草原の十字軍/Grassland Crusader》によるパンプアップと《篤信の魔除け/Piety Charm》で速やかに小林のライフを削りきった。

橋本 1-0 小林

Game 2

先攻となった小林の初手は《漆黒の刃の死神/Ebonblade Reaper》《切り刻まれた軍勢/Severed Legion》と瞬殺すら見える手札ではあったが、1戦目の事故を彷彿とさせる 2 枚だけの土地。

危惧していた通り土地が 2 枚で止まってしまったのだが、すぐに《戦慄の葬送歌/Dirge of Dread》をサイクリングして事故のまま負けることは回避する。

だが小林の土地が一瞬止まった隙に展開された《栄光の探求者/Glory Seeker》《疾風衣の侵略者/Gustcloak Harrier》、さらに《鞭縄使い/Whipcorder》に《畏敬の冠/Crown of Awe》がエンチャントされ、やむを得ず《切り刻まれた軍勢/Severed Legion》をブロッカーに回すほど苦しい小林。

だが変異クリーチャー同士を相打たせ(《ダールの槍騎兵/Daru Lancer》と《陰謀団の処刑人/Cabal Executioner》)、《グラクシプロン/Graxiplon》《骨を組む者/Boneknitter》《うろつくセンザンコウ/Prowling Pangolin》と一気に展開して逆転を狙うのだが、ライフの苦しさゆえに変異クリーチャー(《ダールの槍騎兵/Daru Lancer》)を《うろつくセンザンコウ/Prowling Pangolin》でブロックしたところに合わせ技の《ショック/Shock》で除去されてしまいまたまた苦しくなってきてしまう。

何とか引いてきた《残酷な蘇生/Cruel Revival》によって《畏敬の冠/Crown of Awe》を使わせることはできたものの(《切り刻まれた軍勢/Severed Legion》を回収)、依然として橋本の場が変わったわけではない。

橋本の場に《草原の十字軍/Grassland Crusader》まで追加されるに至ってはライフの少ない小林は《ダールの槍騎兵/Daru Lancer》をチャンプブロックによって凌いでいくことしかできず、と言うよりはそれ以前に唯一の飛行クリーチャーである《金切り声のノスリ/Screeching Buzzard》が《平和な心/Pacifism》によって排除された時点で《疾風衣の侵略者/Gustcloak Harrier》 が全く止まらないのだ。

そのまま小林は《疾風衣の侵略者/Gustcloak Harrier》の前に屈することになった。

橋本 2-0 小林

事故、とは言っても土地が止まった訳ではなく 3 ターン目にサイクリングしていてスペルが使えなかっただけなのだが、橋本のデッキはそれを許してはくれなかった。
もし最速での《漆黒の刃の死神/Ebonblade Reaper》からの《切り刻まれた軍勢/Severed Legion》が決まってしまえば、結果は違ったものになっていたかもしれない・・・・

Final Result:橋本 2-0 小林
橋本玲 Wins! Advance to semifinal

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る