準々決勝 : 橋本 玲 vs. 鍛冶 友浩

更新日 Event Coverage on 2004年 11月 21日

By Yukio Kozakai

鍛冶 友浩 :

「もう、『このフィールドに立っただけで満足』って感じしちゃってますよー」

こう語る鍛冶は、PTでの華やかな戦績からは想像も出来ないくらいに謙虚に語ってくれた。しかし、そう話すプレイヤーが戦いを前にして「勝ちたい時には~」の触れ込みのドリンクを飲み干すだろうか。

いや、そんなはずは無い。
数々のお守りグッズを披露してくれた鍛冶は、勝つ気満々でこのフィールドに立っているのだ。

橋本 玲 :

「餃子の次はシュウマイ王者だ」

仲間内でそう揶揄される橋本。GPご当地の名物にかけてのジョークだが、優勝を成し遂げた環境と同じフォーマットで見事な復活を遂げた。決勝ラウンドには、1年前、そして2年前のラージエキスパンションロチェスターで行われたGPの優勝者が顔を合わせたのだから、これは単なる偶然ではないだろう。

得意とする環境で、卓最強の呼び声が高い赤緑を組み上げた橋本。
ずっと苦しんでデッキ構築をしていた青緑の鍛冶が、この橋本を相手にどう戦うのだろうか。

Game 1

先攻の橋本は、《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》《謙虚な武道家/Humble Budoka》とビートダウンを展開。さらに《緊急時/Time of Need》プレイで《鏡割りのキキジキ/Kiki-Jiki, Mirror Breaker》が手札に入る。鍛冶も4マナを揃えて《聖鈴の僧団/Order of the Sacred Bell》を呼び出して果敢にアタックをするも、橋本の場には緊急招集がかけられた《鏡割りのキキジキ/Kiki-Jiki, Mirror Breaker》が待ち構えている。
《聖鈴の僧団/Order of the Sacred Bell》を《山伏の炎/Yamabushi's Flame》で除去した橋本は、続いて鍛冶が召喚した《北の樹の木霊/Kodama of the North Tree》を前にアタックが出来ずにいるが、《かまどの神/Hearth Kami》を陣営に加えて地上は簡単には通さない構えを見せる。

鍛冶としても、このままジリ貧になるわけにもいかない。《空民の雲乗り/Soratami Cloudskater》《苔の神/Moss Kami》と召喚し、橋本の攻撃を《北の樹の木霊/Kodama of the North Tree》が受け止めると、橋本は思い切って《杉の力/Strength of Cedars》を使って《北の樹の木霊/Kodama of the North Tree》を除去してきた。

《杉の力/Strength of Cedars》をためらわなかったのは、《苔の神/Moss Kami》を呼び出せた事によるアドヴァンテージが大きい。とにかく《鏡割りのキキジキ/Kiki-Jiki, Mirror Breaker》さえ守れれば、橋本が簡単には負ける理由が見当たらない。

解決策を求めて、鍛冶が《自然との融和/Commune with Nature》をプレイするが、見えたクリーチャーは《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》。《苔の神/Moss Kami》のコピートークンがガンガン殴ってくる状況を何とかしたい鍛冶だが、自分の《苔の神/Moss Kami》に《蛇の皮/Serpent Skin》をエンチャントしても即座に《摩滅/Wear Away》され、非常に厳しい。

しかし、地道に《空民の雲乗り/Soratami Cloudskater》で手札の整理を繰り返していた鍛冶がたどり着けたのは、《孤独の守護者/Guardian of Solitude》。橋本の猛攻を凌ぎ切った鍛冶にターンが返ってくると、《木霊の力/Kodama's Might》《宝珠編みの蜘蛛/Orbweaver Kumo》と連打して、《不可思議/Wonder》入りマッドネスのフィニッシュを思わせる激勝を演じて見せたのだった。

橋本 0-1 鍛冶

Game 2

緑マナが厳しいのか、《松の頂の峰/Pinecrest Ridge》から緑マナを出して《謙虚な武道家/Humble Budoka》をプレイする橋本。しかし、3ターン目にはしっかり《森/Forest》をプレイし、《緊急時/Time of Need》から《鏡割りのキキジキ/Kiki-Jiki, Mirror Breaker》を取り込む第1ゲームのリプレイかと思わせる動き。

しかし、今回は鍛冶の立ち上がりも早い。《大蛇の支援者/Orochi Sustainer》《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》《武道家の庭師/Budoka Gardener》と流れるように展開し、《木霊の手の内/Kodama's Reach》プレイから《空民の助言/Counsel of the Soratami》に繋ぐ。4ターン目にして早くも7マナを揃えた鍛冶。

一方の橋本は土地が3枚で止まってしまっていたが、すぐに4枚目をプレイすると《狩猟の神/Kami of the Hunt》《残忍な詐欺師/Feral Deceiver》とダメージクロックを調達。連続して土地を引き込み、ついに《鏡割りのキキジキ/Kiki-Jiki, Mirror Breaker》が姿を現す。

だが、今回ばかりは鍛冶のシステムが1枚上手だ。

《苔の神/Moss Kami》《空民の雲乗り/Soratami Cloudskater》と召喚した鍛冶は、《苔の神/Moss Kami》に《寄せ餌/Lure》をエンチャントして攻撃。当然橋本は《鏡割りのキキジキ/Kiki-Jiki, Mirror Breaker》を起動して回避と共にトークンをブロックさせるが、鍛冶が繰り出した一手は《蛇の皮/Serpent Skin》! これで《鏡割りのキキジキ/Kiki-Jiki, Mirror Breaker》の取り巻きは、きれいサッパリいなくなってしまった。

まるで、悪い夢でも見ているかのような表情の橋本。

単体となった《鏡割りのキキジキ/Kiki-Jiki, Mirror Breaker》が、他人に取り入る事無く、実力での戦いを迫られた勝負の行方は、あまりにあっけないものだった。

橋本 0-2 鍛冶

……1つ、疑問が残った。
第1ゲーム、橋本の最後の攻撃の場面だ。

鍛冶のエンドステップに産み出した《苔の神/Moss Kami》トークンと、2体の《かまどの神/Hearth Kami》、《謙虚な武道家/Humble Budoka》がいる状況で、《苔の神/Moss Kami》と、このターン産み出せるはずのトークンが生成されなかった。ここで総攻撃をかけていたならば、そのターンに勝負が決まらなくても、間違いなく鍛冶のクリーチャー陣はズタズタになっていたと思われる。

そこを、あえて踏み止まった理由を、橋本に聴いてみた。

橋本「油断ですね」

そして、チャンスを得て、橋本へと深く踏み込んだ鍛冶が勝利を収めた。
サラッと書き流してしまった部分だったが、こういう所が勝負の「流れ」につながるのだとつくづく思わされる。短期決戦では、この「流れ」を味方に付けたプレイヤーに、勝利の女神が微笑むのだから―――

Results : Winner is 鍛冶 友浩 !!!

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る