準々決勝 : 津村 健志(広島) vs. Bastien Perez(フランス)

更新日 Event Coverage on 2006年 10月 22日

By Yusuke Yoshikawa

津村 健志

プロツアー決勝ラウンド、「栄光の日曜日」へようこそ。まずは最初を飾る一戦、まずは"Player of the Year"津村 健志と、フランスのBastien Perezのマッチをご覧いただこう。

日本におけるプロツアー級のイベントといえば、直近では昨年の世界選手権が思い出される。一時はナーバスになりながらも3つ巴の激戦を競い合い、またエールを送り合いながら津村はタイトルを手にしたのだが、そのころと比べても、格段に落ち着きと風格が備わった印象がある。

もちろん、その鋭さは昨年とも変わらず、さらにプレイのキレは増している。それに加え今大会では、「揺るぎなさ」とでも呼ぶべき雰囲気を身につけているのである。地位が人をつくるというが、彼もその例に漏れない人物になろうとしているのだ。

一方のBastien Perezはフランスのプレイヤー。まだ19歳と年若いが、これまで10度のプロツアーに参戦しているという歴戦の勇者である。その積み重ねは着実に力となり、昨年のプロツアー名古屋ではTop 32、そして今年のグランプリ・パリでは、多くの参加者の中準優勝を勝ち取っている。蓄積が今、まさに花開こうとしているプレイヤーだ。

この日の最初の一戦とはいえ、この試合は「シングルエリミネーション方式」=「負ければ終わり」の準々決勝である。頂点へ向けてあと3戦、ひとつたりとも落とせない戦いに二人はどう挑むか。

Game 1

先攻となった津村、その注目の初手は《平地/Plains》、《島/Island》、《嵐景学院の使い魔/Stormscape Familiar》、《アヴナントの癒し手/D'Avenant Healer》、《雲を追うケストレル/Cloudchaser Kestrel》、《城の猛禽/Castle Raptors》、《留置呪文/Detainment Spell》。土地の引き次第ともいえるが、まずまずのスタートである。

ゲームはまずPerezが《明日への探索/Search for Tomorrow》待機から《宝革スリヴァー/Gemhide Sliver》とマナを伸ばす立ち上がり。

津村も《嵐景学院の使い魔》《雲を追うケストレル》と飛行クリーチャーを並べて構える。が、ここで早くもPerezのデッキが火を噴く。

《明日への探索》が待機を終えて《沼/Swamp》を導くと、プレイ《芽吹き/Sprout》に続けて《巣穴からの総出/Empty the Warrens》。ストームが2回カウントされ、第4ターンにして早くも7体の1/1トークンが場に並ぶ。そして、次のターンには総攻撃から《数の力/Strength in Numbers》!

だが、津村は顔色を変えない。ブロックに回った《雲を追うケストレル》を静かに墓地に置き、20から8に減少したライフを記録した。

いきなり耐えるしかない状況に追い込まれた津村は、土地を引いて《城の猛禽/Castle Raptors》。Perezは《獣群のナール/Herd Gnarr》《ウェザーシードのトーテム像/Weatherseed Totem》をプレイする。

増援が来ない津村に対し、押し切りたいPerezは《幻影のワーム/Phantom Wurm》を追加。ここでようやく《ヴィセリッドの深み歩き/Viscerid Deepwalker》が待機を終え、《天界の十字軍/Celestial Crusader》をプレイして反撃に転じようとしたのだが、そこでPerezから放たれたのは《虚空/Void》。

《城の猛禽/Castle Raptors》《ヴィセリッドの深み歩き/Viscerid Deepwalker》を失っては戦線を支えきれないと判断した津村は、手札を公開する前に投了することを選択した。

津村 –0 Perez –1

津村は、数押しに備え《留置呪文/Detainment Spell》に代えて《アイケイシアの触れ役/Icatian Crier》をサイドボードから導入した。

Game 2

しかし、津村にとっては逆転を期した第2ゲームも、先ほどのリプレイを見ているようであった。

Empty the Warrens

《ダスクライダーの大隼/Duskrider Peregrine》待機から《ヴェク追われの盲信者/Zealot il-Vec》という上々の立ち上がりを見せた津村だが、《ヴェク追われの盲信者》は《突然のショック/Sudden Shock》で対処し、《宝革スリヴァー/Gemhide Sliver》を2体展開するPerez。

十分なマナができたところで、まずは《獣群のナール/Herd Gnarr》をプレイしてくる。津村も《ダスクライダーの大隼》を戦線に加えて《アムローの求道者/Amrou Seekers》とともに攻撃を始めつつ、《オパールの守護者/Opal Guardian》をプレイして抑止力かつ明日への備えとするが、ここでまたしても《芽吹き/Sprout》から《巣穴からの総出/Empty the Warrens》。

《獣群のナール》は12/12のモンスターに変貌し、かといって《オパールの守護者》は目覚めない。津村は攻撃を受けるしかない。

ターンが返ってきて《城の猛禽/Castle Raptors》で耐える構えも、待っていたのはやはり《数の力/Strength in Numbers》だった。

待機カードからの《巣穴からの総出/Empty the Warrens》、並べた後の《数の力/Strength in Numbers》のギミックは、既に津村などのプロプレイヤーの中では知られた部類に入る。安いカードで猛烈な効果を生み出すこのアーキタイプ、可能であれば津村もドラフトしたいと考えていたようだが、それはかなわなかった。

そればかりか、今まさにその力で崖っぷちに追い込まれようとしている。

津村 –0 Perez -2

Bastien Perez

Game 3

津村はこのまま、なすすべなく敗れてしまうのだろうか? 期待と不安を背負う中、彼の表情は変わらない。

ここまでは圧倒されていた津村が、第3ゲームでその本領を見せ付けてみせた。

先ほど同様に《ダスクライダーの大隼/Duskrider Peregrine》待機から入ると、まず《ヴェク追われの盲信者/Zealot il-Vec》。これは《突然のショック/Sudden Shock》で失うも、続けて《オパールの守護者/Opal Guardian》を設置。

これが次の《暗影の蜘蛛/Penumbra Spider》で目覚めれば、《ダスクライダーの大隼》と2体で攻撃、さらに力強く《聖なる後光の騎士/Knight of the Holy Nimbus》《ヴェク追われの盲信者》2枚目とプレイする。

Perezは《炎核の精霊/Flamecore Elemental》をプレイしてターンを返すが、ここで津村は総攻撃を宣言。《オパールの守護者》が《暗影の蜘蛛》に、《聖なる後光の騎士》が《炎核の精霊》にそれぞれブロックされたところで、プレイ《天界の十字軍/Celestial Crusader》!

戦線が壊滅したPerezは、次のドローを見て投了を宣言した。
《天界の十字軍》の光は、反撃の狼煙となるか。

津村 –1 Perez -2

後手となることを見越し、《宝革スリヴァー/Gemhide Sliver》からのダッシュを少しでも阻むべく、津村はルール確認の後《留置呪文/Detainment Spell》を《知恵の蛇の眼/Ophidian Eye》に代えてサイドインした。

Game 4

一撃必殺の技が飛び交うこのマッチ、第4ゲームもその勢いで取りたい津村の初手は《嵐景学院の使い魔/Stormscape Familiar》、《聖なる後光の騎士/Knight of the Holy Nimbus》、《雲を追うケストレル/Cloudchaser Kestrel》に《平地/Plains》3枚と《島/Island》1枚となった。

例によってPerezの《明日への探索/Search for Tomorrow》待機からゲームが始まる。津村は《聖なる後光の騎士》をまず送り込み、《獣群のナール/Herd Gnarr》を見つつ《嵐景学院の使い魔》をプレイして攻撃せずにターンを返す。

《獣群のナール》はここまで見てきたように非常に強力ながら、攻撃前に何か行動をする必要があるため、倒すにはマナが必要な《聖なる後光の騎士》とは多少ながら相性が悪い。ここでPerezは考慮に沈む。

そして《ゴブリンの空切り/Goblin Skycutter》プレイから《獣群のナール》攻撃、2マナが残っているため《聖なる後光の騎士》はブロックせず、4点のダメージが津村に。この《ゴブリンの空切り》は《嵐景学院の使い魔》との交換になる。

津村はここで《天界の十字軍/Celestial Crusader》を引いたが、まずは《雲を追うケストレル/Cloudchaser Kestrel》からプレイし、やはり《聖なる後光の騎士》は残す。

これに対しPerezは5枚目の土地を引き、《サリッドの発芽者/Thallid Germinator》をプレイ。上手い具合に2マナを残され、先ほど同様4点の攻撃を甘んじて受ける。

津村も《雲を追うケストレル》で反撃、《城の猛禽/Castle Raptors》を配備してターンを返した。

Perezが手を止めて《幻影のワーム/Phantom Wurm》をプレイするのみに終わると、ここで津村は意を決して《雲を追うケストレル》《城の猛禽》の攻撃から《天界の十字軍》をプレイしてみせた。ダメージを7点に増やして、レースに持ち込む意図である。さらに《ベナリアの騎兵/Benalish Cavalry》を追加する。

この動きに対しPerezは《鉄爪のノスリ乗り/Ironclaw Buzzardiers》をプレイするのみで終了した。だが、何故か不気味な雰囲気をかもし出している。
津村のアンタップを迎えたところで、盤面の状況を整理しよう。

津村(ライフ12):《ベナリアの騎兵/Benalish Cavalry》《聖なる後光の騎士/Knight of the Holy Nimbus》《雲を追うケストレル/Cloudchaser Kestrel》《城の猛禽/Castle Raptors》、《天界の十字軍/Celestial Crusader》、土地は《平地/Plains》《島/Island》計6枚

Perez(ライフ11):《鉄爪のノスリ乗り/Ironclaw Buzzardiers》《幻影のワーム/Phantom Wurm》《獣群のナール/Herd Gnarr》、《サリッドの発芽者/Thallid Germinator》(胞子カウンター2個)、土地は《森/Forest》《山/Mountain》《沼/Swamp》計6枚

単純には2回の攻撃で津村の勝ちだ。しかし、それにはどうもPerezの動きが気になる。津村はここで悩み、攻撃は《雲を追うケストレル》のみとし(Perezのライフは8)、今引いた《正義の凝視/Gaze of Justice》で《幻影のワーム》を除去、《城の猛禽》を1体守りにつかせてターン終了を宣言した。

しかし、Perezが満を持してプレイしたカードは…
《版図の踏みつけ/Tromp the Domains》!

Perezのクリーチャー3体がいずれも5/5トランプルとなり、しかも《獣群のナール》は《サリッドの発芽者》のトークンでさらに+2/+2する。合計パワー17の攻撃に対し、守る《城の猛禽》は3/5である。そしてライフは…12。

守り切れないと理解した津村は、最善のブロックを宣言した後、Perezの的確な行動をもって、その右手を差し出した。

津村 – 1 Perez - 3

観戦していたフランス勢から歓声が上がる。そのことは、津村が『挑戦を受ける』立場であったことを表していたように思えた。

期するものがあったであろう一番に敗れてしまった津村だが、その後に観戦者からプロプレイヤー・カードにサインを求められ、にこやかに応じていた。

その姿にはスタープレイヤーの資質を感じたが、同時に印象的だったのは、去り際に目立たぬところで「悔しい!」と、自らの足を叩いていた光景だった。

その悔しさが、練習への、そして勝利への飽くなき原動力となるのだろう。

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る