準々決勝: 真木 孝一郎 vs. 佐々木 裕介

更新日 Event Coverage on 2003年 11月 9日

By 藤枝 勇

Game 1

先攻佐々木 1 マリガン、それに対して真木は 2 ターン目《衝動のタリスマン/Talisman of Impulse》 3 ターン目《機械仕掛けのコンドル/Clockwork Condor》と順調。

だが佐々木も相変わらずの引きの鋭さで《クラーク族の兵卒/Krark-Clan Grunt》《トゲ撃ちゴブリン/Spikeshot Goblin》とこちらも順調に展開。

だが真木の 4 ターン目はセット《教議会の聖域/Synod Sanctum》から始まり《団結のタリスマン/Talisman of Unity》、《陰極器/Cathodion》、青マナだけの《物読み/Thoughtcast》と一気に展開、佐々木も途中までは流していたが《物読み》まで撃たれると流石に良い顔をする。

佐々木は《トゲ撃ちゴブリン》もきっちりと《静電気の稲妻/Electrostatic Bolt》で除去られて、しかも引くのは土地ばかり…展開的には最悪といえるだろう。

このゲーム決め手となったのは、真木がキャストした《粉砕/Shatter》覚悟の《魂の鋳造所/Soul Foundry》を佐々木が割れずに《ニューロックのスパイ/Neurok Spy》トークンが大量に出て来たことだろう。

佐々木も《まばゆい光線/Blinding Beam》と《手綱取り/Grab the Reins》でささやかな抵抗はするものの、スペルが 5 枚ではどうしようもなく一本目を落とす。

真木 1 – 0 佐々木

Game 2

今度はマリガンも無く 2 ターン目から《稲妻のすね当て/Lightning Greaves》を置く佐々木、タリスマンから《ヴァルショクの狂戦士/Vulshok Berserker》と繋げて真木も順調。

最大の天敵である《グリッサ・サンシーカー/Glissa Sunseeker》を《稲妻のすね当て》サクリファイスから《爆片破/Shrapnel Blast》で殺すと、真木が《骨断ちの矛槍/Bonesplitter》の付いた《オーガの爆走者/Ogre Leadfoot》を全く止められない状況になってしまう。

1 戦目は佐々木がスペル 5 枚、 2 本目は真木がタリスマンを除くと 5 枚・・・ 15 分 1 本勝負の様相を呈してきた。

真木 1 – 1 佐々木

Game 3

3 本目の真木は最高とも言える初手を手に入れる、《上天の呪文爆弾/AEther Spellbomb》《団結のタリスマン/Talisman of Unity》《ニューロックのスパイ》《厳粛な空護り/Somber Hoverguard》とアーティファクトランドが 1 の土地が3枚、これ以上無いくらいのハンドだ。

対して佐々木はウィニーなのに初クリーチャー召喚が 4 ターン目とあまり思わしくない展開となってしまうが、《稲妻のすね当て》のおかげでなんとか遅れずには済んでいるが飛行とアンブロッカブルに攻められる展開となる。

その後《厳粛な空護り》を《爆片破》で殺し、後続の《機械仕掛けのコンドル/Clockwork Condor》を《粉砕/Shatter》するとダメージレースでは一気に佐々木有利となる。

ライフが真木 10 vs. 佐々木 11 となった所で佐々木の場には 2 / 4 の《レオニンの居衛/Leonin Den-Guard》と《タージ=ナールの剣鍛冶/Taj-Nar Swordsmith》、真木には《ニューロックのスパイ》と《上天の呪文爆弾》が有り手札には《テル=ジラードのトロール/Trolls of Tel-Jilad》、場には 6 マナで緑マナは 2 つあるため次のターンこいつを召喚すれば一気に戦況は真木有利に進むためにここで真木は《上天の呪文爆弾》を引くことに使って無事マナを引き当て佐々木の地上クリーチャーをガッチリ止めて真木勝利。

Final Results : 真木孝一郎 Win

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る