準々決勝: 石田 格 vs. David Humpherys

更新日 Event Coverage on 2002年 3月 14日

By 藤田憲一

大阪マスターズ本戦第一回戦、というか 8 チームしかいないから自動的に準々決勝なんだけどね。
我らが日本代表パンツァーハンターズに対するは、名門Your Move Games。まさに好カード。

ハンフリーのデッキは白青。この環境でのスタンダードな構成だが、《セファリッドの皇帝アボシャン/Aboshan, Cephalid Emperor》がキラリと光る。

一方の石田のデッキは白青にタッチ黒。バウンスの量ではハンフリーに及ばないものの、それを除去するための《やつれ/Waste Away》《催眠の悪鬼/Mesmeric Fiend》などが搭載されている。

戦前の石田のコメント
「相手ハンフリーっしょ・・・しかも白青。終わるのかなぁ・・・。」

サンディエゴでの Ryan Fuller vs. David Humpherys のマスターズ決勝(《サイカトグ/Psychatog》ミラーマッチ)は、前代未聞の長時間に渡り、PT 本戦の決勝が並行して行われてしまった程だった。石田はそれを見ているだけに、そんな心配をしていたのだろう。

・・・それを書く方も大変なんですが・・・。

Game 1

先攻は石田。

石田の 3 ターン目の《空翼のエイヴン/Skywing Aven》からゲームスタート。続けざまに《頭脳集団/Think Tank》、《催眠の悪鬼/Mesmeric Fiend》と展開し、ハンフリーの《エイヴンの魚捕り/Aven Fisher》をリムーブする。

対するハンフリーはもう一匹の《エイヴンの魚捕り/Aven Fisher》を展開するも、そもそも《空翼のエイヴン/Skywing Aven》を止めづらい上に、《尊い癒し手/Hallowed Healer》も構えているので殴ることも出来ない。
仕方なくこちらも《頭脳集団/Think Tank》を貼り、対応策を待つことになった。

そんなこんなで《空翼のエイヴン/Skywing Aven》が全く止まらずに、ハンフリーのライフは 10 点を割るまでに落ち込んでいったが、ここでドローが《セファリッドの皇帝アボシャン/Aboshan, Cephalid Emperor》!

念願のドローだが、途中でランドを墓地に落としまくっているため、カウンターマナを残してキャストすることが出来ない。石田も《頭脳集団/Think Tank》でドローを進めているだけに、二枚入っているであろう《やつれ/Waste Away》を警戒せざるをえないのだろう。
というわけで、ここは長考の末《セファリッドの斥候/Cephalid Scout》をキャストするに留まった。

ところがこれが裏目に出る。次のターン、石田がキャストしたクリーチャーはまたしても《催眠の悪鬼/Mesmeric Fiend》!どうすることも出来ずにハンフリーは手札を差し出し、《堂々巡り/Circular Logic》がリムーブされた。

立て続けに飛行戦力を連打する石田に対して、とうとう《エイヴンの煙の紡ぎ手/Aven Smokeweaver》を引いて来たハンフリー。これで一安心かと思ったら、ブロック後の《苦悩/Afflict》であっさりと除去され、やっぱり飛行が止まらない。

せっかく手札に揃った《盗用/Plagiarize》《セファリッドの円形競技場/Cephalid Coliseum》コンボも、そんな暇が無い。

絶体絶命かと思われたハンフリーだが、ここで《頭脳集団/Think Tank》の効果が発揮され始め、《秘教の盲信者/Mystic Zealot》《ティーロの信者/Teroh's Faithful》でなんとか膠着させようと試みた。

ところが《頭脳集団/Think Tank》があるのは石田も同じ。《秘教の盲信者/Mystic Zealot》に《カーターの願望/Kirtar's Desire》を付けて無力化。さらに飛行ビートダウンを続けられ、残りライフも 5 を切った。さらに《霊力/Psionic Gift》が《巡視犬/Patrol Hound》に付けられ、もはや絶体絶命。

ハンフリー、ここでやむを得ず《巡視犬/Patrol Hound》をバウンスした後に《セファリッドの皇帝アボシャン/Aboshan, Cephalid Emperor》をタップアウトで出すものの、エンドに飛行クリーチャーを《やつれ/Waste Away》で除去し、《セファリッドの皇帝アボシャン/Aboshan, Cephalid Emperor》の能力を《避難/Shelter》でかわした石田に軍配が上がった。

やはり、この色同士の対決で物を言うのはシステムクリーチャーであった。

石田 1-0

Game 2

一本目を落としたハンフリーは、少考の末、後手を選択。
石田のデッキも遅いと見て、ここはカードアドバンテージを取りに行った。

お互いが土地を二枚ずつ持ってのスタート。ハンフリーが《天使の壁/Angelic Wall》《神秘の使い魔/Mystic Familiar》とキャスト。石田が《巡視犬/Patrol Hound》に《霊力/Psionic Gift》を付けるという、長期戦を予感させる立ち上がり。
ところが、ここから一方的な石田の進撃が始まるのであった。

なんとハンフリーのランドが 3 枚で止まったのである。それを見た石田、《天使の壁/Angelic Wall》を《やつれ/Waste Away》で除去。ビートダウンモードになった。

3 ターン後、なんとか 4 枚目のランドを引くことに成功するものの、出すクリーチャー出すクリーチャーバウンスされるわ、自分は除去がバウンスしかないわで、まさにジリ貧。

絶体絶命の最終ターン、《打開/Breakthrough》を X=2 でキャストして、なんとか凌ぐためのカードを探すが・・・そこには、あれほど渇望していた土地しかなかったのであった。

石田 2-0

・・・思ったより早く終わってよかった・・・。

Final Result:石田 2-0 Humpherys

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る