準々決勝: 藤田憲一 vs. 笹川 知秀

更新日 Event Coverage on 2003年 11月 9日

By 長岡 崇之

 いよいよ準々決勝の対戦がスタートする。

笹川のデッキが3体の《ニューロックのスパイ/Neurok Spy》の入った強力な青緑になっているのに対し藤田のデッキは《メガエイトグ/Megatog》とタフネスの低い笹川のデッキに効く《ヴィリジアンの長弓/Viridian Longbow》がキーカードと言えそうである。

Game 1

両者ともにマリガンなしで始まる。藤田は《ヨーティアの兵/Yotian Soldier》一方の笹川は《ヴィリジアンの長弓》《テル=ジラードに選ばれし者/Tel-Jilad Chosen》《ニューロックのスパイ》と綺麗に展開するが、《ニューロックのスパイ》は藤田の《静電気の稲妻/Electrostatic Bolt》で除去される。

藤田はさらに《水銀の精霊/Quicksilver Elemental》を展開するものの後続がなく3枚でランドがストップしている笹川を押し切ることができない。

笹川は《金屑ワームの鎧/Slagwurm Armor》《チス=ゴリアの鱗/Scale of Chiss-Goria》で親和を稼ぎ2体目の《テル=ジラードに選ばれし者》と《厳粛な空護り/Somber Hoverguard》を出す。藤田も《ニューロックのスパイ》で攻撃しながら《ゴブリンの戦闘車/Goblin War Wagon》《ヨーティアの兵》と出す。

しかし藤田がタップアウトしたところへ待望の4枚目のランドを引いた笹川が《水晶の破片/Crystal Shard》を出し藤田の唯一のアーティファクトでないクリーチャーである《水銀の精霊》を戻し《厳粛な空護り》と2体の《テル=ジラードに選ばれし者》で総攻撃し藤田のライフを6まで削る。藤田は再び《水銀の精霊》を出すも笹川が《逆行/Regress》を打ち込み総攻撃すると藤田は投了し笹川が勝利する。

藤田 0-1 笹川

Game 2

2本目は先手藤田の《鉄のマイア/Iron Myr》を笹川が《無効/Annul》するところから始まるが藤田は次のターンに土地を出せず笹川の《無効》がささる形となってしまう。

笹川は《銀のマイア/Silver Myr》《金属ガエル/Frogmite》から《厳粛な空護り》と素早く展開するのに対し、藤田も《クラーク族のシャーマン/Krark-Clan Shaman》《ヴァルショクの篭手/Vulshok Gauntlets》《ウィザードの模造品/Wizard Replica》と並べ一方的な展開を防ごうとするが笹川は2体目の《厳粛な空護り》をさらに追加する。

藤田は《ウィザードの模造品》に《ヴァルショクの篭手》をつけてしのごうとするが笹川は《解体/Deconstruct》を《ウィザードの模造品》に撃ち総攻撃するとランドが3枚しかない藤田は抵抗できず。

笹川が準決勝へ進出した。

藤田 0-2 笹川

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る