準々決勝: 藤田 剛史 vs. 三原 槙仁

更新日 Event Coverage on 2004年 6月 12日

By 百瀬 和之

 ゴブリンVSゴブリン。緑と《酸化/Oxidize》。黒と《総帥の召集/Patriarch's Bidding》。選択肢と、その結果によるデッキ性質は違えどその本質は変わらない。ほぼ同系対決であり、3本先取のため、非常に重要となるのがサイドボード後のマッチアップ。

藤田はここで《つつき這い虫/Clickslither》《星の嵐/Starstorm》など、一撃必殺を狙いとするタイプになり、三原は《宝石の手の焼却者/Gempalm Incinerator》《恐怖/Terror》《定員過剰の墓地/Oversold Cemetery》など、受動的に場のコントロールを主とするタイプになる。同じゴブリンとはいえ性質はいわば剣と盾。ぶつかりあって勝つのはどちらだろうか。

Game 1

 ダイスロールにより三原先行。三原は長考の後、土地が1枚の手札をマリガン。マリガン後の土地は1枚だが《金属モックス/Chrome Mox》《頭蓋骨絞め/Skullclamp》が有る手札をキープする。藤田はマリガン無し。

三原《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》。藤田《真鍮の都/City of Brass》と、2色ゴブリンデッキらしいセットランドからゲームがスタートする。お互い1ターン目、2ターン目ともに行動無しと、ゴブリンらしからぬ淡々としたスタートから、藤田の《ゴブリンの戦長/Goblin Warchief》が無人の野を駆けるところがファーストアクション。
 
 三原はその返しの4ターン目に、《血染めのぬかるみ》で山をサーチ。《金属モックス》(刻印《宝石の手の焼却者》からの《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》と、ゴブリンというか赤黒コントロールのような動き。

これに対し藤田は《つつき這い虫》を出し、《ゴブリンの戦長》と共にパンチ。三原側からすると、喜ばしい状態ではないが《ゴブリンの名手/Goblin Sharpshooter》からトークン全滅という最悪の事態は避けられたわけで、ほっとする三原。

また、藤田の手札にはこちらも《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》があり、5マナ揃い次第、相手のゴブリントークン群をトランプルで貫通にかかる構えである。

この攻撃を、三原は長考の後本体に通し、自らの土地で磨り減っていたライフが11に。ライフは厳しくなってきたものの、返しのターンで《頭蓋骨絞め》を場に送り、トークンを「絞め」ることで活路を見出そうとする。後の驚異となる《ゴブリンの戦長/Goblin Warchief》を、トークンを犠牲にして射殺。

そして返しの藤田のターン。再度《ゴブリンの戦長》召喚からの総攻撃だが、これを三原はトークンで《つつき這い虫/Clickslither》をブロック。ここで藤田長考。結局《金属モックス》に《酸化》を撃ち込みながら、ダメージスタック前に、《ゴブリンの戦長》を犠牲に《つつき這い虫》をパンプアップ。《真鍮の都》でさらに削れていた三原のライフが6に。

ここで《つつき這い虫》か、それこそ藤田本体が死なず、藤田が《包囲攻撃の司令官》を場に送ることができれば、三原はほぼ死亡確定となる。三原もそれは察している模様で、目の前の5マナ。1体残された司令官。そして《頭蓋骨絞め》を前に考え込む。結局《スカークの探鉱者》を出し、相手のゴブリン追加に備える。

藤田は何とか土地を引き込み、《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》を召喚するが、三原は予定調和的にキャストにスタックして《つつき這い虫/Clickslither》を射殺。

しかし、これにより三原はクリーチャーの全てを失い、挙句目の前には司令官軍団。そしてライフはたったの6。しかし、目の前の脅威には対応できず、再度《金属モックス》追加から《包囲攻撃の司令官》で対抗することしかできない。

三原ライフ5。藤田は5マナと司令官軍団。藤田が土地を引けば100%死ぬ・・・という状態だったのだが、藤田はここで土地を引けなかった。しかし、代わりに引いたのが《スカークの探鉱者/Skirk Prospector》。

5マナから1マナ使って《スカークの探鉱者/Skirk Prospector》。ゴブリン2体を犠牲にして6マナ。ゴブリンが3体。もちろん1体は《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》。ライフは6。

「あ、足りた」と藤田
「足りますねぇ」と三原。

藤田 1–0 三原

SideBoard-
藤田

IN
4《星の嵐/Starstorm》
4《帰化/Naturalize
3《頭蓋骨絞め/Skullclamp

OUT
3《ゴブリンのうすのろ/Goblin Goon》
4《酸化/Oxidize
3《スカークの探鉱者/Skirk Prospector》
1《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》

三原
IN
2《火花鍛冶/Sparksmith》
2《静電気の稲妻/Electrostatic Bolt
2《恐怖/Terror
2《定員過剰の墓地/Oversold Cemetery》
1《星の嵐/Starstorm》
1《沼/Swamp

OUT
1《粉砕/Shatter
2《爆破/Detonate
4《ゴブリンの群衆追い/Goblin Piledriver》
3《総帥の召集/Patriarch's Bidding》

Game 2

三原先行1ターン目《スカークの探鉱者》。藤田が2ターン目出した《火花鍛冶》を三原が《宝石の手の焼却者》サイクリングで射殺という立ち上がり。

しかし三原、メインフェイズに3マナそろえながらも動けない。そして藤田の3ターン。3マナを前に考え込む。そして取った行動が《静電気の稲妻》で《スカークの探鉱者》を射殺後、《頭蓋骨絞め》。三原は返しのターン、4マナを前にしてもまだ動かない。手札では2枚の《包囲攻撃の司令官》が出番を待っている。

藤田は4ターン目、最大のキーカードである《つつき這い虫》を場に。三原は《ゴブリンの戦長》を場に送るも、これには即藤田《静電気の稲妻》。そして返された5ターン目に、自らも《ゴブリンの戦長》を召喚し、全攻撃。戦闘終了後、今度は三原が《静電気の稲妻》を《ゴブリンの戦長/Goblin Warchief》に。これぞミラーマッチ。

そして三原は返しのターン、対抗手段として《包囲攻撃の司令官》を場に送り、ターンを返す。藤田の手札には《包囲攻撃の司令官》があり、土地を引ければ即場に送り、《つつき這い虫》でトークン軍をあっさり貫通することができるのだが、藤田は土地を引けず、《つつき這い虫》に《頭蓋骨絞め》を装備させ、攻撃せずにターンを返すのみ。

 そして三原は《宝石の手の焼却者》でこれを排除し、2枚引かれながらも自分も1枚引き、総攻撃。返しに藤田もやっとのことで《包囲攻撃の司令官》を場に送るも、またも司令官本体は《宝石の手の焼却者》され、そして三原のターン。《ゴブリンの戦長》から《ゴブリンの名手》! 

藤田、名手を見せられるなりカードを片付けた。

藤田 1 – 1 三原

Game 3

お互いマリガンなしに、先手藤田《ゴブリンのそり乗り/Goblin Sledder》三原《スカークの探鉱者/Skirk Prospector》と、やっとお互いゴブリンらしいスタート。藤田は攻撃後、さらに《ゴブリンのそり乗り》2体目を。三原は返しに《頭蓋骨絞め》プレイから《スカークの探鉱者》を「絞め」る。

藤田の3ターン目は攻撃以外に動きがなく、次のターンに三原が出した《ゴブリンの名手》に《静電気の稲妻》を。そして待望の4ターン目。場に《つつき這い虫》を送り込む。

三原は返しのターンで、防御用クリーチャーが居ない場から《宝石の手の焼却者》2枚をサイクリングすることで2体のゴブリンを排除することに成功。しかし、目の前には依然《つつき這い虫》が鎮座しており、用意できた防衛戦力は《ゴブリンのそり乗り》1体とこれまた頼りない。

藤田はまたも土地を引ければ《包囲攻撃の司令官》からの《つつき這い虫》大量増強で勝負を決められる状態なのだが、引けず。それでも、攻撃から、《ゴブリンの名手》を送り出しプレッシャーをかける。三原は先ほど防衛に使わなかった《ゴブリンのそり乗り》を「絞め」て、三度《宝石の手の焼却者》で《ゴブリンの名手》を射殺。カードアドバンテージは取っているのだが目の前の《つつき這い虫》はどうにもならない。ただ、何も引かれないことを祈って《ゴブリンの名手》を出し、ターンを返す。

そして藤田のドロー。またしても土地は引けなかったが、引いたのは《火花鍛冶》。場には4マナ。手札にはもう1枚の火花鍛冶。4マナを倒し、2体の鍛冶を場に送ると、

「死ね!(1枚サクリファイス)ケンシロウ!(2枚サクリファイス)」

2体の火花鍛冶が《つつき這い虫》に吸い込まれ、7/7トランプルに。三原のライフは6。ケンシロウ死亡。

藤田 2 – 1 三原

Game 4

後手の藤田が《ゴブリンのそり乗り》。三原が2ターン目に《定員過剰の墓地》という滑り出し。コントロール臭漂う三原に対し、藤田は軽快に《火花鍛冶》につなぐ。三原の3ターン目はまたしてもメインでの行動は無く、先ほど3枚打ち込んだ《宝石の手の焼却者》の臭いが強烈に漂う。これまたコントロール調の動き。

それに対し藤田は《ゴブリンのそり乗り》のみで攻撃した上で《ゴブリンの名手》を場に送り、これは予定調和的に《宝石の手の焼却者》される。そして三原の4ターン目。《ゴブリンの名手》《スカークの探鉱者》と連打する。死ぬのはわかっているが、いずれこいつらは手札に帰ってくるのだと。そしてこれまた予定調和的に、三原のターンエンドに《ゴブリンの名手》が。藤田のターンに《スカークの探鉱者》がと射殺されるが、藤田は7点のダメージを受け、しかも後続を出すことができない。

そして、三原は、これで《定員過剰の墓地》が起動するぞとばかりに、《包囲攻撃の司令官》を。しかし、ここで三原の計画が大幅に狂うことになる。藤田のターンエンドの行動は、トップデッキしていた《帰化》!

無論対象は唯一の墓地。藤田はさらにメインフェイズに《包囲攻撃の司令官》を射殺し、自らも《包囲攻撃の司令官》で応える。三原もこれはたまらんとばかりに、返しのターンに、恒例《宝石の手の焼却者》で《包囲攻撃の司令官》をこんがり。そして、ここで2枚しか入っていない《定員過剰の墓地》の2枚目!無論墓地には5体のクリーチャーが。

こうなると、墓地を対処するか、本体を急いで殺すしかない藤田。そこで《頭蓋骨絞め》を場に送り、トークン3体と《火花鍛冶》を「絞め」る。一挙8枚ドロー。2枚のディスカードと共にターンを返す。

三原は、突然7枚になった相手の手札の前に、長考の後《ゴブリンの名手》を墓地から回収。藤田のライフは5と残りすくないため、《ゴブリンの戦長》などをトップデッキできればと、一発に賭けた選択。しかしドローは応えず、トークン3体で攻撃後、名手を場に出してターンを返す。攻撃は全部スルーされ、藤田ライフ2。

そして大量の手札、土地と共に始まる藤田のメインフェイズ。まずは《帰化》を墓地に打ち込み、《静電気の稲妻》を《ゴブリンの名手》に。そして《ゴブリンの戦長》《火花鍛冶》と立て続けに召喚し、地上を固める。

三原は《ゴブリンの名手》を召喚しなんとか生き残れと祈りながらターンを返すも、藤田は最悪のカードをキャストする。《ゴブリンの名手》。ただしこちらは速攻付だ。しかし三原もこれを黙っては放置しない。召喚にスタックして《ゴブリンの戦長》を《恐怖》。

しかし、この行動が事態の解決になることはなかった。藤田が直後召喚した《ゴブリンの戦長》は再び《ゴブリンの名手》に速攻を与え、この名手は生き生きと4体ものゴブリンを射殺する。力なくトークン軍団を片付ける三原。攻守は完全に逆転し、適度に防御用に残されたゴブリン以外の総攻撃をくらうことになる。

 ただし、藤田のライフはもう2だ。三原には7マナがあり、《包囲攻撃の司令官》を引ければ更なる逆転が可能である。祈りながらゆっくりとドローをする三原だが、メインフェイズ行動すらできない。

そしてもう一度訪れた藤田のターン。《つつき這い虫》を活用し、このターンで決着をつけようと、攻撃前にゴブリンを連続で「絞め」るも、ここで引くのは土地と《星の嵐》ばかり、そして結果、このターンの攻撃、そして次ターンの攻撃でも三原は生き残ったのだが、三原も《ゴブリンの戦長》を走らせて《ゴブリンの名手》と相打ちに取ることしかできない。

運命のターン。藤田には8マナ。手札は5枚に。前ターン《星の嵐》サイクリング連打から《つつき這い虫》も引いており、十分な量のゴブリンも有る。そして致死量のパンプアップが虫に注ぎ込まれ、三原も2枚目の《恐怖》を引いていれば生きてはいるのだが・・・黒赤とタップして、三原が見せたものは

《沼/Swamp

Final Results : 藤田 剛 Win

Mihara Makihito

Download Arena Decklist
ソーサリー (5)
3 Patriarch's Bidding 2 Detonate
インスタント (1)
1 Shatter
アーティファクト (6)
4 Skullclamp 2 Chrome Mox
60 カード

Fujita Tsuyoshi

Download Arena Decklist

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る