準々決勝: 西村徳仁 vs. 八朔人平

更新日 Event Coverage on 2003年 1月 9日

By 小堺透雄

サイカトグ対サイクリング。
パーミッションデッキに弱いとされているサイクリングを操る西村にとっては、まず最初にして最大の難関。

一方の八朔はPTヒューストンからの好調を持続しており、この勢いでタイトル奪取と行きたいところ。
いよいよ決勝トーナメント開幕である。

Game 1

先攻は西村。
お互いマリガン無しにスタート。まずは《魔力の乱れ/Force Spike》を警戒した西村が3ターン目に《稲妻の裂け目/Lightning Rift》をキャストし、これが通る。

手札に《魔力の乱れ》と《堂々巡り/Circular Logic》しか抱えていない八朔に対して、続けて《霊体の地滑り/Astral Slide 》を通し、サイクリングデッキとしての礎を築き上げる。

《賛美されし天使/Exalted Angel》を何とかカウンターした八朔であったが、《稲妻の裂け目/Lightning Rift》によってジリジリとダメージを受け、さらに西村の場には《ナントゥーコの僧院/Nantuko Monastery》までもが用意され、八朔にプレッシャーを掛ける。
スレッショルドまであと1枚。

しかし八朔も《集中/Concentrate》によって手札を補充し、これまでに引き込んでいた《燻し/Smother》を手に、じっくりと“激動サイカ”の瞬間を待つ。

まもなく西村の《ナントゥーコの僧院》が起き上がり、八朔に襲い掛かる。八朔の《燻し》は《霊体の地滑り》でかわされ、八朔へのクロックが緩和しない。

《狡猾な願い/Cunning Wish》からの《洞察のひらめき/Flash of Insight》によってライブラリーを掘り進めるが、頼みの《激動/Upheaval》を引き当てられない。

八朔はやむを得ず行った《孤立した砂州/Lonely Sandbar》のサイクリングによって、残りライフを削り取られてしまったのだった。

西村 1-0 八朔

サイドボードチェンジ

八朔 チェンジなし

西村
《out》4《神の怒り/Wrath of God》 3《めった切り/Slice and Dice(ON)》 2《新たな信仰/Renewed Faith(ON)》 1《霊体の地滑り/Astral Slide(ON)》

《in》4《藪跳ねアヌーリッド/Anurid Brushhopper》 4《獣群の呼び声/Call of the Herd》 1《震央/Epicenter》 1《起源/Genesis

Game 2

八朔の先攻。

西村がサイドボードインした《獣群の呼び声/Call of the Herd》は、《魔力の乱れ》と《チェイナーの布告/Chainer’s Edict》でかわしたものの、土地が3枚で止まってしまっているスキにまたしても《稲妻の裂け目》が通される。

《霊体の地滑り》も通され、再び苦戦を余儀なくされる八朔。西村の《地図作り/Cartographer》を除去し、ドローを進める《未来予知/Future Sight》をキャスト。

さらに《変異/Morph》召喚された《賛美されし天使》を西村の一瞬のスキを突いて除去し、アドヴァンテージを稼ぎに入る。
ついに八朔は《激動》《サイカトグ/Psychatog》に辿り着き、一気に逆転。しかし西村の場には、《激動》の難から逃れた《藪跳ねアヌーリッド》が構える。

攻勢を掛けたい八朔であったが、西村を倒すには《サイカトグ》のサイズが足りない。さらに西村は《稲妻の裂け目》を再び通し、2体目の《藪跳ねアヌーリッド》をも戦場に送り込んで八朔を追い詰める。

事実上、八朔の最終ターン。
全ターンのエンドに打ち込んだ《狡猾な願い》から《冬眠/Hibernation》を手に入れた八朔は、西村の《藪跳ねアヌーリッド》を除去し、入念な計算から西村の残りライフ19点をもぎ取って見せた。

手札も墓地も、残り0枚。
八朔は薄氷の勝利を手にした。

このまま負ける訳にはいかない、と。
西村の目が、ギラリと輝く。

八朔 1-1 西村

Game 3

お互いにサイドボードチェンジ無く始まった3本目。

今度は序盤に思うように展開出来ない西村。
一方の八朔、今度はマナもカウンターも除去も充分な手札で西村を迎え撃つ。

西村の《藪跳ねアヌーリッド》《地図作り》を次々と墓地に送り込み、自陣には《サイカトグ》を召喚する。

土地ばかりを引き続ける西村。今度はペースをつかんだ八朔が2枚目の《狡猾な願い》から《洞察のひらめき》を手に加え、そのまま《集中/Concentrate》2枚を引き込んでハンドを一気に回復させる。

後の八朔の懸念は、西村の場に出ている《霊体の地滑り》のみ。これが無ければ勝負を一瞬で決められるのだが、ここで八朔は2枚目の《サイカトグ》を戦線に加えてビートダウンを開始。

さらにトドメとばかりに《未来予知》をキャスト、2ターン後に《激動》が現れて勝負あり。

八朔「困ったらメインよ~。メインデッキ勝負よ~」
サイドチェンジ無しに掴み取った準決勝の椅子。

栄光まであと2勝。

Final Result: Win 八朔2-1

Nishimura Norihito

Download Arena Decklist
クリーチャー (8)
4 Exalted Angel 4 Krosan Tusker
ソーサリー (7)
4 Wrath of God 3 Slice and Dice
エンチャント (8)
4 Lightning Rift 4 Astral Slide
他 (6)
2 Cartograper 4 Remewed Faith
60 カード

Hassaku Jinpei

Download Arena Decklist
クリーチャー (3)
3 Psychatog
ソーサリー (10)
2 Upheaval 4 Concentrate 4 Chainer's Edict
エンチャント (2)
2 Future Sight
他 (2)
2 Memory Laps
60 カード

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る