準々決勝

更新日 Event Coverage on 2003年 11月 2日

By 浅原 晃

トップ8で28枚の《修繕/Tinker》、その中で唯一《修繕/Tinker》を使ってない横須賀のサイカトグ。予選ラウンドで2回《マナ切り離し/Mana Severance》、《ゴブリンの放火砲/Goblin Charbelcher》に負けていることからも、あまり相性は良くないのではあるが、なんとか一矢報いて欲しいところだ。

Game 1

ダイスロールに勝ち、うれしそうなNassif。この環境で先攻を取ることがどれだけ重要か、もちろん分かっているからだろう。

しかもNassifはとんでもない回りを見せる。1ターン目《通電式キー/Voltaic Key》を置くと、2ターン目に《古えの墳墓/Ancient Tomb》から《修繕/Tinker》、《金粉の水蓮/Gilded Lotus》を持ってきて青3マナから《渦巻く知識/Brainstorm》、《マナ切り離し/Mana Severance》と連続キャスト。もちろん横須賀の場にはランドが1枚あるだけであり、次のターンNassifの《金粉の水蓮/Gilded Lotus》に《氷/Ice》を打ってみるものの、《修繕/Tinker》から《ゴブリンの放火砲/Goblin Charbelcher》とつなげられて投了。

Nassif 1 – 0 横須賀

Game 2

横須賀
IN
3 Duress
2 Rack and Ruin
OUT
2 Boomerang
1 Mana Leak
1 Isochron Scepter
1 Intuition

Nassiff
IN
2 Deep Analysis
1 Chain of Vapor
OUT
2 Voltaic Key
1 Mystical Tutor

横須賀の1マリガン後のハンドが5ランドと《嘘か真か/Fact or Fiction》と、きつめながらもやむなくキープ。最初のドローも《嘘か真か/Fact or Fiction》でいやな感じなのだが、後々、これは役に立つことに。一方、Nassifは2ターン目に《神秘の教示者/Mystical Tutor》から調達した《マナ切り離し/Mana Severance》でライブラリーからランドを全部抜くと、4ターン目には《金粉の水蓮/Gilded Lotus》といつでもコンボを発動できる体勢を整える。

しかし、横須賀の《嘘か真か/Fact or Fiction》でめくれたカードが《等時の王笏/Isochron Scepter》×2、《対抗呪文/Counterspell》×2、《蓄積した知識/Accumulated Knowledge
であるのを見て首を振るNassiff。これを《対抗呪文/Counterspell》とそれ以外に分け、横須賀の手に2枚の《対抗呪文/Counterspell》が入る。横須賀はさらに《直観/Intuition》から3枚の《蓄積した知識/Accumulated Knowledge》を持ってきて4枚ドローと、アドヴァンテージ差を広げにかかるが、Nassiffも負けじと《綿密な分析/Deep Analysis》を表裏とうち、お互い手札の充実を図ったところでゲームが動き出す。

Nassiffがキャストした2枚の《ゴブリンの放火砲/Goblin Charbelcher》を2枚の《対抗呪文/Counterspell》で相殺した所で、横須賀がもう一枚の《嘘か真か/Fact or Fiction》。そこで《狡猾な願い/Cunning Wish》×3、《火+氷/Fire+Ice》、《渦巻く知識/Brainstorm》とめくれると、流石にげんなりした表情のNassiff。これによって横須賀は3枚の《狡猾な願い/Cunning Wish》を手にすることに。しかし、肝心のサイカトグを引かないため、《狡猾な願い/Cunning Wish》をうまく生かせない状態になってしまう。それを分かっているNassifもそこで勝負に出る。《修繕/Tinker》こそ《対抗呪文/Counterspell》されるものの《ゴブリンの放火砲/Goblin Charbelcher》通すことに成功する。これは、《狡猾な願い/Cunning Wish》2枚を使い回避、破壊されるものの、Nassiffの手から出てきたのは新たな《修繕/Tinker》と4枚目の《ゴブリンの放火砲/Goblin Charbelcher》だった。

Nassiff 2 – 0 横須賀

Game 3

横須賀の先攻。なんとか踏みとどまって欲しいところ。しかし、Nassifは《古えの墳墓/Ancient Tomb》から《発展のタリスマン/Talisman of Progress》を置くと2ターン目には早くも《ゴブリンの放火砲/Goblin Charbelcher》をキャストする。横須賀はこれを《マナ漏出/Mana Leak》で弾くと、お返しに《強迫/Duress》。その手札は、《修繕/Tinker》、《ゴブリンの放火砲/Goblin Charbelcher》、《蒸気の連鎖/Chain of Vapor》、《魔力の乱れ/Force Spike》、《リシャーダの港/Rishadan Port》。横須賀の場に島が2枚立った状態で、手札にはカウンターが2枚あるので、本来《魔力の乱れ/Force Spike》を落としたい所ではあるが、《リシャーダの港/Rishadan Port》がそれすら許さない状況。やむなく《修繕/Tinker》を落とすものの、予定調和的に、《ゴブリンの放火砲/Goblin Charbelcher》←《マナ漏出/Mana Leak》←《魔力の乱れ/Force Spike》とされ、《ゴブリンの放火砲/Goblin Charbelcher》が通ってしまい、しかも、横須賀のランドが島、島、沼でストップ。

あとは、《マナ切り離し/Mana Severance》待ちのNassif。そして彼が次のターンに言った言葉は、

Nassif「Mana Severance」

やっぱ、トッププレイヤーは違いますよね。

Nassif 3 -0 横須賀

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る