準々決勝

更新日 Event Coverage on 2004年 1月 18日

By 森 慶太

Turianのマジック・プレイヤーとしての「タイムリミット」はすぐそこまで迫っている。どういうことかというと、TurianはDCIルールによってまもなくプロツアー出場資格を失ってしまうことになるのである。TurianのフィアンセがWizards社でMagic Onlineのプログラマーとしてのキャリアをスタートさせることになる予定で…「Wizardの社員と同居するプレイヤーはプロツアー参加資格を失う」というルールが彼に適用されることになる。そんなわけで、世界屈指のリミテッダーとして知られているTurianとしては引退前に最後の花道を飾りたいところであった。そしてTurianは決勝でも得意とする赤白のビートダウンを構築し、世界でもっとも有名な兄弟プレイヤーでもあるRuel BrothersのOlivierとマッチアップされることとなった。

ところで、この勝負の見所はすばやい展開からの《爆片破/Shrapnel Blast》などでTurianが押し切ることになるか、はたまた緑白タッチ青のRuelがサイズ勝負まで持ち込めるか、というところだろう。マナベースがそれぞれのデッキの立場を明確に主張しているわけで、Turianは徹底したマナカーブ管理によって土地14枚マナ・マイアもタリスマンも投入していないという超攻撃的内容であるのに対して…Ruelは土地17枚にマナ・マイアが3枚という具合だ。ちなみにRuelがタッチしている青は《水晶の破片/Crystal Shard》のためである。

装備品はRuelが《骨断ちの矛槍/Bonesplitter》と2本の《ヴァルショクの篭手/Vulshok Gauntlets》という3枚で、Turianは《ゴーレム皮の篭手/Golem-Skin Gauntlets》、《ヴァルショクの篭手/Vulshok Gauntlets》、《ヴィリジアンの長弓/Viridian Longbow》、《バンシーの刃/Banshee’s Blade》という4枚をラインナップしている。

クリーチャーの回避能力は双方ともあまり高くないため、装備品やコンバットトリックの応酬を含め、レッドゾーンに火花が散りそうな戦いである。Turianの側に《まばゆい光線/Blinding Beam》が一枚、Ruelのデッキには《王の咆哮/Roar of the Kha》が一枚投入されている。

Game 1

先手Turian、ノン・クリーチャーなハンドをテイクマリガン。そこから開幕ターンにセット《山/Mountain》から《ゴーレム皮の篭手/Golem-Skin Gauntlets》。第2ターンに《ヴァルショクの篭手/Vulshok Gauntlets》と装備品展開からゲームをスタートさせた。

対するRuelの第一手は《銀のマイア/Silver Myr》展開で、Turianはこれを即《黄鉄の呪文爆弾/Pyrite Spellbomb》で除去。そして…2マナでTurianはしばらくストップしてしまうのである…。

Ruelは《空狩人の巡回兵/Skyhunter Patrol》と《タージ=ナールの剣鍛冶/Taj-Nar Swordsmith》を召喚し、その鍛冶がもたらした《骨断ちの矛槍/Bonesplitter》によってTurianの抵抗の意思を断ち切ってみせた。

Ruel -1, Turian-0

Game 2

《オーリオックの貫通者/Auriok Transfixer》⇒《レオニンの居衛/Leonin Den-Guard》⇒《ヨーティアの兵/Yotian Soldier》と綺麗に展開していった先手”Potato”Turian。対するRuelは《陰極器/Cathodion》が最初のコンバットパーマネントで、これを即座に《粉砕/Shatter》してマナバーンによる3点のライフロス。

Ruelは4ターン目に《銀のマイア/Silver Myr》、5ターン目に《ファングレンの狩人/Fangren Hunter》と展開してなんとか戦線に対抗勢力を築こうと奮闘する。

Turianはこの2戦目はドローがすばらしく、《ファングレンの狩人/Fangren Hunter》をトップデッキした《拘引/Arrest》で黙らせて攻勢をキープ。Ruelも《解体/Deconstruct》で《ヨーティアの兵/Yotian Soldier》を破壊しつつ《タージ=ナールの剣鍛冶/Taj-Nar Swordsmith》展開。《剃刀の障壁/Razor Barrier》で《拘引/Arrest》をはずして戦線再構築。

対するTurianは《チタンのゴーレム/Titanium Golem》を召喚した次のターンに《まばゆい光線/Blinding Beam》双呪。Gabe Wallsなどにいわせると「双呪でこのスペルをキャストした試合では負けた覚えがないね!」というぐらいにこの白いビートダウンデッキでは大きな意味を持つ一枚だ。しかし、ここで戦闘中にRuelは《王の咆哮/Roar of the Kha》双呪で応じる。まさにフィニッシュブローを呼び込むような強力な呪文の応酬というわけである。この《王の咆哮/Roar of the Kha》により、Turianは《レオニンの居衛/Leonin Den-Guard》と《チタンのゴーレム/Titanium Golem》を戦闘で失うことになってしまい、攻守は大逆転した。

《ヴァルショクの篭手/Vulshok Gauntlets》を《供犠台の光/Altar’s Light》で対処して耐えるTurianだったが、あっという間にライフレースはRuelが1、Turianが2という抜き差しならない展開となってしまう。それにしても、鮮やかなほどに彼らのプレイスピードの速いこと速いこと。モリカツも真っ青である。

息をのむような攻防は・・・「最後のドロー」で《炎歩スリス/Slith Firewalker》を見事にトップデッキしたTurianが制することに。

Turian -1, Ruel -1

Game 3

後手Turian《黄鉄の呪文爆弾/Pyrite Spellbomb》、《レオニンの居衛/Leonin Den-Guard》とテンポよくゲームをスタートさえた。先手Ruelも《レオニンの居衛/Leonin Den-Guard》で応じる。

先手Turianは第2ターンに1/3でアタック。Ruelもブロック。戦闘後に《黄鉄の呪文爆弾/Pyrite Spellbomb》が起動され、Ruelの《レオニンの居衛/Leonin Den-Guard》が墓地に送られた。戦闘終了後に《ヴァルショクの篭手/Vulshok Gauntlets》を続けるTurian。いうまでもないことだが《ヴァルショクの篭手/Vulshok Gauntlets》と《レオニンの居衛/Leonin Den-Guard》という2枚のコモンカードのコンビネーションはおそるべき脅威となる。

6/6のタップレス・アタッカーを作りだされてしまうわけにはいかないRuel、この《ヴァルショクの篭手/Vulshok Gauntlets》を《解体/Deconstruct》し、4マナで《ロクソドンの平和の番人/Loxodon Peacekeeper》をプレイ。

後手Turianは《機械仕掛けのコンドル/Clockwork Condor》展開し、先手Ruelは《金のマイア/Gold Myr》で応じる。ここからTurianが《ヴィリジアンの長弓/Viridian Longbow》をプレイすれば即《灰塵化/Turn to Dust》され、一方のRuelの《ファングレンの狩人/Fangren Hunter》と《テル=ジラードの射手/Tel-Jilad Archers》も2枚とも《拘引/Arrest》されるのだった。淡々と続く1対1交換。

《ゴーレム皮の篭手/Golem-Skin Gauntlets》つき《レオニンの居衛/Leonin Den-Guard》のアタックがブロックされ、そこに《静電気の稲妻/Electrostatic Bolt》をプレイしてブロッカーの《ロクソドンの平和の番人/Loxodon Peacekeeper》を除去するTurian。

一方のRuelも《テル=ジラードの流刑者/Tel-Jilad Exile》と《水晶の破片/Crystal Shard》を展開。さすがに《水晶の破片/Crystal Shard》は即座に《供犠台の光/Altar’s Light》の対象となるが、スタックして《拘引/Arrest》された《ファングレンの狩人/Fangren Hunter》をハンドに救出される。

ここでRuelはさらに《タージ=ナールの剣鍛冶/Taj-Nar Swordsmith》から《骨断ちの矛槍/Bonesplitter》を場にもたらす。Turianは《トゲ撃ちゴブリン/Spikeshot Goblin》を出すのだが、Ruelはこれを即座に《拘引/Arrest》で無力化。そしてRuelは《テル=ジラードのトロール/Trolls of Tel-Jilad》に《骨断ちの矛槍/Bonesplitter》をつけてアタック。これでライフがRuel-14 Turian-16に

長引けば長引くほど不利になるTurianはここで《機械仕掛けのコンドル/Clockwork Condor》と《レオニンの居衛/Leonin Den-Guard》でアタック。これがスルーされ、先手Ruelは《ファングレンの狩人/Fangren Hunter》再召喚。一方のTurianは《オーリオックの貫通者/Auriok Transfixer》を追加する。

そうは言ってもサイズ勝負に持ち込めばRuelの土俵。さらに《骨断ちの矛槍/Bonesplitter》が場に出されているわけで…ライフはあっという間に7対7のタイとなった。

しかし、Turianとしては7点なら何とか削りきれるプランがあるのだった。それは《ゴーレム皮の篭手/Golem-Skin Gauntlets》をまとわせた《機械仕掛けのコンドル/Clockwork Condor》でのアタックから《爆片破/Shrapnel Blast》で一気に片をつけてしまうというもので、Turianはまさにその通りの行動をおこすべくアタック宣言。

・・・すると、ここで《剃刀の障壁/Razor Barrier》が《テル=ジラードの射手/Tel-Jilad Archers》の《拘引/Arrest》をはがすこととなり、Turianは《機械仕掛けのコンドル/Clockwork Condor》を失ってしまう。

こうなると、サイズで盤面を支配していたRuelの優勢は揺るぎないものとなる。

Ruel -2, Turian -1

Game 4

先手Turian《レオニンの居衛/Leonin Den-Guard》から反撃ののろし。一方の後手はRuel《ヴァルショクの篭手/Vulshok Gauntlets》設置から。

Turianは1/3アタックから《トゲ撃ちゴブリン/Spikeshot Goblin》召喚でターンエンド。続く4ターン目にも兵士の模造品/Soldier Replica》を追加するのだった。

対するOlivierの最初のクリーチャーは《ロクソドンの懲罰者/Loxodon Punisher》。装備品とは恐ろしいシナジーを見せ付ける一枚だ。その返しにTurianは《ヨーティアの兵/Yotian Soldier》を戦線に。

ここでOlivierは《タージ=ナールの剣鍛冶/Taj-Nar Swordsmith》召喚からCIP能力でデッキに投入されている最高の装備品である《骨断ちの矛槍/Bonesplitter》を場に。これをさっそく《ロクソドンの懲罰者/Loxodon Punisher》にまとわせる、さらに《ヴァルショクの篭手/Vulshok Gauntlets》もあわせるから12/8クリーチャーというわけである。ここまでのライフ差は14対20でTurianリードだが、そのTurianは装備品が引けない。

とはいえ下がるわけにはいかないビートダウンデッキのTurianは《まばゆい光線/Blinding Beam》キャストからアタック。10点まで削られるRuel。

やや押されてしまったRuelだが、《レオニンの居衛/Leonin Den-Guard》を召喚してこれに《ヴァルショクの篭手/Vulshok Gauntlets》を。たまらずTurianは《粉砕/Shatter》。そしてこれを《剃刀の障壁/Razor Barrier》でRuelがかわす。苦虫を噛み潰したような表情をつくったTurianは《真珠の破片/Pearl Shard》を出してターンを返した。

《まばゆい光線/Blinding Beam》でタップされた2体がここでアンタップし《ヴァルショクの篭手/Vulshok Gauntlets》を装備して6/6になった《レオニンの居衛/Leonin Den-Guard》と《骨断ちの矛槍/Bonesplitter》で6/4になった《ロクソドンの懲罰者/Loxodon Punisher》でアタック。ここでライフレースは8対9に一気に逆転するのであった。やはり、白いデッキにおいて装備品は圧倒的な強さを見せつけてくれる。戦闘後にRuelはマイアと《テル=ジラードの流刑者/Tel-Jilad Exile》を。マイアは予定調和的に《トゲ撃ちゴブリン/Spikeshot Goblin》の避雷針としての役目を終える。Turianは《チタンのゴーレム/Titanium Golem》を召喚。

攻勢に出たRuelは《テル=ジラードの流刑者/Tel-Jilad Exile》、6/6、6/4、2/3《タージ=ナールの剣鍛冶/Taj-Nar Swordsmith》でフルアタック。

2/3を《レオニンの居衛/Leonin Den-Guard》で、6/4を《ヨーティアの兵/Yotian Soldier》と《チタンのゴーレム/Titanium Golem》のダブルブロック宣言を行うTurian。

そして・・・Ruel、《王の咆哮/Roar of the Kha》。
一瞬にしてTurianの戦線は崩壊してしまい、これが決定打となるのだった。

かくて、王者の雄たけびが両者の明暗を分け、フランスの若きプレイヤーが準決勝に勝ち進むことになったのだ。

Olivier Ruel -3, Michael Turian -1

Olivier Ruel

Download Arena Decklist
ソーサリー (1)
1 Deconstruct
インスタント (3)
1 Razor Barrier 1 Roar of the Kha 1 Turn to Dust
アーティファクト (4)
1 Bonesplitter 1 Crystal Shard 2 Vulshok Gauntlets
エンチャント (1)
1 Arrest
土地 (17)
9 Forest 7 Plains 1 Island
40 カード

Mike Turian

Download Arena Decklist

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る