準々決勝

更新日 Event Coverage on 2004年 1月 18日

By 森 慶太

栄光の日曜日、世界最高峰の舞台へようこそ。いずれ劣らぬ強豪の中、この舞台まで上り詰めた8人の勇者たち。4つの試合はどれも素晴らしい組み合わせですが、その中でフランスのFarid MeraghniとノルウェーのNicolai Herzogの一戦をお送りします。

5番席でドラフトを進めたMaraghniはかなり緑に寄せた、それぞれ2枚の《ヴィリジアンのシャーマン/Viridian Shaman》と《拘引/Arrest》が光る緑白。基本的な白のストラテジーとは異なるものの、カードパワーはかなりのもの。

1番席に座り、開幕パックでいきなり《腐食ナメクジ/Molder Slug》を引き当てたHerzogはその流れをそのまま生かし、マナ加速と除去がしっかりした緑赤デッキを構築。ただ、ややクリーチャーの数が少なめで、かつ高マナ域に寄っている点が気にかかるところ。

Game 1

Meraghni先攻。

まずは《銅のマイア/Copper Myr》で先んじるが、Herzogも《テル=ジラードに選ばれし者/Tel-Jilad Chosen》で対抗する。
3枚目の土地を置けなかったMeraghniだが、《捕食スリス/Slith Predator》、《ヴィリジアンの長弓/Viridian Longbow》と並べてHerzogを牽制する。Herzogもこれには困った顔だが、意を決して《選ばれし者》で攻撃、殴り合いの道を選ぶ。

Meraghniは何やらジャッジにルールを確認した後、総攻撃で《捕食スリス》を成長させる。さらに追加で《銅のマイア》を。手札には《生きている蟻塚/Living Hive》がある。ここまでつながれば。

しかし、Herzogの最終兵器が先だった。《捕食スリス》を《静電気の稲妻/Electrostatic Bolt》で屠った後、《腐食ナメクジ/Molder Slug》がどすんと。

マナベースを《銅のマイア》に頼っていたMeraghniはこれにうんざり。そもそも4/6って何?

すっかりあきらめモードでライブラリから引いた土地を置くことしかできないMeraghni。それに対し、あくまで慎重に攻撃を進めていくHerzog。

一度《畏敬の一撃/Awe Strike》で攻撃をかわしたMeraghniだったが、《テル=ジラードのトロール/Trolls of Tel-Jilad》、さらに《ワーム皮の鍛冶工/Wurmskin Forger》とどすこいモードで攻め立てるHerzog。結局8マナ目は間に合わず、Meraghniは静かにカードを片付けた。

Meraghni 0-1 Herzog

Game 2

《上昇スリス/Slith Ascendant》を含む初手で始めたMeraghniだったが、肝心の白マナソースが《団結のタリスマン/Talisman of Unity》しかなく、先手を取ることができない。

一方のHerzogは第3ターンに《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》を出し、さらには《発見の旅路/Journey of Discovery》双呪と、悠々とマナベースを整えていく。…しかし、肝心の攻め手がなく、《氷の干渉器/Icy Manipulator》でマナベースを縛るくらい。Meraghniの唯一のブロッカーは《テル=ジラードの射手/Tel-Jilad Archers》だし…。

しばらくMeraghniは白マナを引かず、Herzogは土地しか引かない状態が続き、妙な膠着状態が続く。

《氷の干渉器》を《忍び寄るカビ》で破壊し、ようやく《平地/Plains》を引き当てたMeraghniは、勇んで《上昇スリス》を場に出す。Herzogはこともなげに《静電気の稲妻》を浴びせるが、《真珠の破片/Pearl Shard》が3マナで起動することを失念していたらしく、自嘲気味にニヤリと。それでも続くターンに《黄鉄の呪文爆弾/Pyrite Spellbomb》を出して大事には至らず。

その後も膠着は続き、Nicolaiは相手の《真珠の破片》《ヴァルショクの篭手/Vulshok Gauntlets》を壊していくのだが、やはりこのマッチアップにおける《テル=ジラードの射手》は堅い。

Meraghniは手札に強力なスペルを抱えており、《テル=ジラードのトロール》には《拘引/Arrest》、《クラーク族の兵卒/Krark-Clan Grunt》の全力アタックには《畏敬の一撃/Awe Strike》、《テル=ジラードの流刑者/Tel-Jilad Exile》には《魂の閃き/Soul Nova》と、Herzogの動きをいなしていく。

そして先にMeraghniが決定打を引き当てた。《生きている蟻塚》。場がようやく、大きなうねりをもって動き出す。

Herzogも、《トゲ撃ちゴブリン/Spikeshot Goblin》に《ワーム皮の鍛冶工/Wurmskin Forger》のカウンターを載せて対抗するのだが、これには2枚目の《拘引》が。1回《生きている蟻塚》に殴られた後では、2枚目の《テル=ジラードのトロール》は間に合わなかった。

Meraghni 1-1 Herzog

Game 3

このマッチアップはマナベースの伸ばしあいが焦点であるようだ。再び初手に《上昇スリス》を抱えるMeraghniだが、マナベースは《森/Forest》、《平地/Plains》、《銅のマイア》、そして引かない3枚目の土地…ここにきてなかなか噛み合わない。

その差でまずHerzogが《オーガの爆走者/Ogre Leadfoot》で先に出る。ブロッカーを並べられれば、《ワーム皮の鍛冶工》の力で5/5に進化する《オーガの爆走者/Ogre Leadfoot》が手を休めさせない。

Meraghniも例によって《畏敬の一撃》《魂の閃き》と持ってはいるのだが、根本的にクリーチャーがサイズ負けしているために有効な使い方ができずにいる。

自分の《ヨーティアの兵/Yotian Soldier》を壊してまで《ヴィリジアンのシャーマン/Viridian Shaman》をブロッカーに並べるMeraghniだが、Herzogはあっさりとその努力を無駄にして見せた。

《戦争の扇動/Incite War》双呪!

この擬似《意気沮喪/Demoralize》を受けてしまったMeraghniは、程なく投了。

Meraghni 1-2 Herzog

Game 4

崖っぷちに立たされてしまったMeraghni。ここで強い初手が欲しいところだが、またしても《平地》1枚の初手ではマリガンするしかない。マリガン後の初手も今一つ押しにかける感じである。

後攻第2ターンに何もしなかったNicolaiを見て即座に《森》に《忍び寄るカビ》を撃ち込むMeraghniだが、眉一つ動かさず次の《森》を置き《鉄のマイア/Iron Myr》を呼ぶHerzog。

しかしその動きは無駄というわけではなかった。《トゲ撃ちゴブリン/Spikeshot Goblin》を出したはいいものの、マナベースが微妙に不足し動きが鈍いHerzog。その間に、Meraghniは《ヴァルショクの篭手》を引き込み、出してあった《レオニンの居衛/Leonin Den-Guard》に装備させ6/6のモンスターを誕生させる。これはいけるか。

Herzogも苦しい台所事情ながら《氷の干渉器》を間に合わせ、このモンスターに対処していく。こうなってくると、《ヴァルショクの篭手》は重荷になってしまう。
そうなると今度はMeraghniが我慢する番になる。極端に大きなクリーチャーはないものの少しずつ追い詰めてくるHerzogに対し、《ヴィリジアンのシャーマン》で《氷の干渉器》を壊すなど、なんとか場を持たせて手札の《生きている蟻塚》に望みをかけようとする。8マナはまだか!

だが、《トゲ撃ちゴブリン》に1体ずつ《銅のマイア》を奪っていかれてしまうと、支配された場を引き戻すことはできなかった。

Meraghni 1-3 Herzog

Nicolai Herzog defeats Farid Meraghni, advance to Semifinals!

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る