準々決勝

更新日 Event Coverage on 2004年 3月 21日

By 松井 健治

今回のイベントを「幸運グッズ」パワーで一気に駆け抜けた岡本と、実力はあれど、これまではベスト 8 に今まで残るに至らなかった志村との対決。

さて、先程行われたドラフティングにて彼等が選んだ色は、奇しくも同じ白赤。
内容こそ違えどデッキタイプは違わず。

まずは決勝戦への足がかり、この準々決勝を勝利で超えるのはどちらか。

Game 1

先手志村。
1 回のマリガンからの手札をキープしてゲーム開始。

岡本が装備品も無く《レオニンの居衛/Leonin Den-Guard》、《オーリオックの長刀使い/Auriok Glaivemaster》を並べる中、志村は《急報/Raise the Alarm》を撃って兵士トークンを並べ、《オキシダのゴーレム/Oxidda Golem》を出して攻撃。

これを軽く岡本は《粛清/Purge》でこれをいなし、続けて志村が出す《電結の暴れ者/Arcbound Bruiser》を《拘引/Arrest》して事なきを得る。

さて岡本は《囁き絹の外套/Whispersilk Cloak》を手に入れ、それを《レオニンの居衛》に装着させて攻撃に入るが、志村はこれをあっさりと《錆胞子の羊/Rustspore Ram》によって除去。

一進一退の状況で、互いに大きなダメージが入る事なく、岡本 17 ライフの志村 18 ライフ。

そこへ岡本が更なる装備品、《ヴァルショクの戦具/Vulshok Battlegear》を引いた事で、また《レオニンの居衛》の目が光る。

その《ヴァルショクの戦具》がどうにも手出し出来ない志村。

この時点で岡本にアドバンテージが傾き、一度掴んだ流れを逃さない執念と言うのだろうか、ここから続けて彼は《トゲ撃ちゴブリン/Spikeshot Goblin》をドロー。

再び《レオニンの居衛》で攻撃した後に、これを出して《トゲ撃ちゴブリン》を出してターンエンド。

反対に志村はドローが土地とパターン的に宜しくない。
 
こちらも対抗しない訳にはいかないと、《トゲ撃ちゴブリン》を出してみるが、それは岡本のライブラリの一番上に乗っていた《ヴァルショクの鉄球/Vulshok Morningstar》が《トゲ撃ちゴブリン》に装備され、無残にも志村の《トゲ撃ちゴブリン》が墓地へ。

諦めの表情で次のドローを確認した志村は、未来のない手札を抱えて投了を宣言。

岡本 1 - 0 志村

Game 2

敗れたが2本目は、 3 本目は! と志村。

2 ターン目《発展のタリスマン/Talisman of Progress》から、《オキシダのゴーレム/Oxidda Golem》で攻撃を開始し、そのまま《電結の暴れ者》までクリーチャーを展開。

《オキシダのゴーレム》こそ《エルフの模造品/Elf Replica》で相打ちする事が出来た岡本だが、その後に自身が出した《空狩人の巡回兵/Skyhunter Patrol》では《電結の暴れ者》を押さえつける事は出来ない。

そこへ更に勢いをつけた志村。

《翼竜の幽霊/Pteron Ghost》と《レオニンの円月刀/Leonin Scimitar》を出し、《電結の暴れ者》に装備させて攻撃に入る。

これに関して岡本は《ロクソドンの神秘家/Loxodon Mystic》と言う答えで耐える事を選択したのだが、時既に遅し。

次の志村のターン。彼はこの 4/4 の《電結の暴れ者》に《ロクソドンの戦槌/Loxodon Warhammer》を装備して攻撃。

これで岡本の残りライフは 6 になり、そのまま《手綱取り/Grab the Reins》を使用してそのクリーチャーを投げて岡本のライフを 0 とした。

岡本 1 - 1 志村

Game 3

さて、岡本に先手が移る。

2 ターン目の《オーリオックの鋼打ち/Auriok Steelshaper》から《空狩人の若人/Skyhunter Cub》と出すが、そこで土地がストップ。

《レオニンのボーラ/Leonin Bola》を装備して《空狩人の若人》が攻撃したりなどの工夫を凝らして攻撃する岡本。

だが志村の場には、既に《急報》のトークン 2 個、《トゲ撃ちゴブリン》、それに合わせて《ロクソドンの戦槌/Loxodon Warhammer》が準備されているではないか。

先程の自分を見る目で岡本は志村の場をじっと見る。

4 点の固定砲台化してしまう《トゲ撃ちゴブリン》を見て、仕方が無いので《空狩人の若人/Skyhunter Cub》に《ヴァルショクの戦具/Vulshok Battlegear》を装備させて攻撃するも、志村はブロッカーにもアタッカーにもなる《翼竜の幽霊》と《レオニンの空狩人/Leonin Skyhunter》を場へ放つ。

八方塞の岡本。

止まったマナ状況では打開策を用意する事も出来ず、《トゲ撃ちゴブリン》が岡本を打ち抜いた。

Final Result : 岡本 1 - 2 志村

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る