準々決勝: Alex Shvartsman vs. 中村修平

更新日 Event Coverage on 2002年 2月 17日

By 松井健治

全てのグランプリを漫遊し、ベスト 8 に入った回数も計り知れない、 Alex 。
中村はグランプリ神戸に続き、 2 度目のベスト 8 入りを果たした。
実力はまだまだ Alex に及ばないかもしれないが、いつもみんなで練習を繰り返してきた仲間だけに、中村には頑張ってもらいたい。

Game 1

中村先手。
序盤を《墓所を歩くもの/Crypt Creeper》から入り、安定した攻撃を続ける。
Alex は軽いクリーチャーで止めつつ、《エイヴンの風読み/Aven Windreader》へと続ける。
軽いデッキにしている中村は、持ち味を生かしてクリーチャーの相打ちを行いながら《恐ろしい死/Ghastly Demise》で《エイヴンの風読み/Aven Windreader》を除去し、休むことなく攻撃をするが、《ボールシャンの協力者/Balshan Collaborator》、《魂の災い魔/Soul Scourge》と、クリーチャーの質では Alex が一歩先を行っている。
緑のダブルマナがなかなか揃わず、クリーチャーの展開が悪い中村はどうしてもダメージレースで負けてしまい、そうこうしている間に Alex が《ナルシシズム/Narcissism》をキャストし、この 2 匹のクリーチャーを処理できなかった中村はあっさりと一本目を取られてしまう。

Alex 1 - 0 中村

Game 2

初手に 2 枚の森で始めた中村。その手札を Alex の《のぞき見/Peek》によって、中村の事故をさらしてしまう所から 2 戦目は始まる。
次のドローで森を引いた中村は《葉の踊り手/Leaf Dancer》を出すが、これを《中略/Syncopate》されてしまい、もう中村は完全に Alex の手のひらで踊っているようなものである。

そんな Alex は、《サイカトグ/Psychatog》、《セファリッドの斥候/Cephalid Scout》、《エイヴンの風読み/Aven Windreader》、その上に《ラクァタスのチャンピオン/Laquatus's Champion》と、もうこれ以上無いくらいに展開。

山は引いたが、依然として沼を引かない中村。
沼を引けば《エイヴンの風読み/Aven Windreader》ぐらいは何とかなるのだが、引かないのだからどうしようもない。
中村の手札に黒いカードが潜んでいる事を知っている Alex は、《エイヴンの風読み/Aven Windreader》の能力で中村のライブラリの上を確認し、それが森と確認すたところで Alex が総攻撃をかける。
次のドローで待ったく事態が好転しないことを悟った中村は、右手を差し出し、投了した。

Final Result:Alex 2- 0 中村

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る