準々決勝: Ken Ho vs. Sylvain Lauriol

更新日 Event Coverage on 2002年 3月 17日

By 藤田 憲一

とうとう始まった PT 大阪三日目。はたして優勝の栄光を掴み取るのは誰になるのだろうか。
Ken、Sylvain 共に使用デッキは青緑マッドネス。
Ken は比較的スタンダードな構成。《強制/Compulsion》ではなく《行き詰まり/Standstill》を採用しているところが特徴。
Sylvain はどちらかというと青緑ターボスレッショルドと言った感じの構成で、《強制》に加えて《入念な研究/Careful Study》《打開/Breakthrough》《行き詰まり》を投入してある。

同色対決、果たして勝つのはどちらか。

Game 1

先攻は Ken。
まずは《日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla》という理想的な立ち上がり。そして Sylvain が 1 ターン目に何もしないと見るや、《行き詰まり》をキャスト。
Sylavain も何もしないわけにもいかず、返しで《野生の雑種犬/Wild Mongrel》を場に出し、Ken は 3 枚のドローを得た。内容的にはあまり良くなかったものの、Sylvain に対する大きなプレッシャーになった。

さて、Ken は続けて《アクアミーバ/Aquamoeba》をキャスト。それを見たSylvain は《シートンの斥候/Seton's Scout》《敏捷なマングース/Nimble Mongoose》と展開。ここは一刻も早くスレッショルドしたい所だ。

場で押され始めた Kenだが、《ワームの咆哮/Roar of the Wurm》を引いたことにより、逆襲に転じる。タップアウトしている Sylvain に 2 体でアタックし、《日を浴びるルートワラ》と Sylvain の 2 体のクリーチャーと相打ちを取り、さらに《アクアミーバ》をパンプアップして《日を浴びるルートワラ》のおかわりをキャスト。

その後、お互いの《ワームの咆哮/Roar of the Wurm》を相打ち後、Sylvain が《思考を食うもの/Thought Eater》で上空からの攻撃を狙う。
しかし、Ken はこれを無視してエンドに《尊大なワーム/Arrogant Wurm》をキャスト。地上が薄い Sylvain は《日を浴びるルートワラ》を除去するのが精一杯でライフは一気に 7 に落ちた上に手札を全て失った。

ところが Sylvain、ここで《打開》をトップデッキ。これを X=3 でキャストし、墓地が 6 枚となって事実上のスレッショルド。《熊人間/Werebear》が攻撃を防げるようになった。
一気に形勢不利になった Ken、やむなくここで《激動/Upheaval》をキャスト。1 マナ残しでこれを打ち、《アクアミーバ》を場に出してライフが少ない Sylvain を一気に追いめる。

今度は逆に追い詰められた Sylvain、しかたなく《島》を置いて《入念な研究》をキャスト。ところがこれで引いた二枚ともが《日を浴びるルートワラ》!思わずニンマリする Sylvain、顔が歪む Ken。

その後は、お互いが生物を展開しつつもアタック出来ない膠着状態に陥った。だが、Sylvain がタップアウトでの《打開》を試みるた時、Ken がこれを《堂々巡り/Circular Logic》でカウンター。《日を浴びるルートワラ》のパンプアップが出来ない隙を突いて、返しで一気にフルアタック。Sylvain、やむなくチャンプブロックするも、戦線がズタズタになり、次のドローを見て投了した。

Ken Wins
Ken 1-0 Sylvain

Game 2

お互いが《野生の雑種犬》から開始という静かな立ち上がり。だが、それらがぶつかった所で双方が《ワームの咆哮》を捨てるという、一転して派手な展開。

その後、Ken は《ワームの咆哮》でワームトークンを場に出すが、Sylvain は《打開》を二連続でキャスト(一回はカウンターされる)し、一気に《熊人間/Werebear》×2 《シートンの斥候》とスレッショルドさせることに成功。さらにワームトークンで押し始める。

なんとか《リスの巣/Squirrel Nest》でブロックしようと試みるも、なんと Sylvain、これを《オーラの移植/Aura Graft》で奪う事に成功。さらにまたしても《打開》でアドバンテージを広げまくる。

押しまくる Sylvain、6 体でフルアタックを敢行。一気に 8 点を通して Ken のライフを 4 点まで追い詰める。
後が無い Ken、やむなく 6 マナちょうどで《激動》を打つが、セットランドしているのでアドバンテージを得ることが出来ない。
これではさすがに 2 マナパワー 4 軍団を押しとどめることは出来ず、一気に展開されたところで負けを認めた。

Sylvain Wins
Ken 1-1 Sylvain

Game 3

先手の Ken、《野生の雑種犬》から開始するも、すぐに Sylvain の《麻痺の感触/Stupefying Touch》が飛ぶ。やむなくスタックして《日を浴びるルートワラ》《ワームの咆哮》とディスカードするも、やや損した感じだ。

しかし、その次のドローがなんと《行き詰まり》!これをすぐさまキャストし、Sylvain が《野生の雑種犬》を出した所で 3 枚のドローを入手。さらに《ワームの咆哮/Roar of the Wurm》をキャストして一気に攻勢に転じる。

バラバラと展開する Sylvain だが、さすがに 6/6 は止まらない。さらに《リスの巣》×2を展開する Ken に対して防戦一方の Sylvain。ここはなんとか《熊人間》の助けを借りて《激動》でリセット。双方とも、ディスカードで《日を浴びるルートワラ》を出す。

リセット後の展開はやはり Sylvain が有利。《熊人間》《シートンの斥候》が頑張っている為、なかなかアタックに行きづらい状況だ。《野生の雑種犬》への《麻痺の感触》もクリティカルに効いている。

ここで Ken、《熊人間》を《説得/Persuasion》することに成功するが、それをみた Sylvain、またしても《激動》で場にリセットをかける。ところが Ken、3 体目の《日を浴びるルートワラ》ドローし、一気に展開。次のターンに《熊人間》の入手にも成功し、形勢はやや Ken 有利に。

その後、《野生の雑種犬》《尊大なワーム》と繋いだ Ken が、《打開》でも有効打を引けなかった Sylvain を押し切った。

Ken Wins
Ken 2-1 Sylvain

Game 4

Ken、《森》が 2 枚あるものの他が真っ青なハンド。長考の末マリガン。しかし新しい 6 枚は《森》 1 枚とさらに厳しいハンドに。やむなくこれをキープするが、2 ターン目に《島》を引き、《アクアミーバ》を出して一安心といった感じ。
さらに《島》《熊人間》とドローする Ken、完全にペースをつかんだ感じだ。

ところが Sylvain、4 ターン目 Ken の《ワームの咆哮》をカウンターした辺りから徐々に流れを引き戻す。《打開》から一気に展開し、《思考を食うもの》で殴りつつ、《行き詰まり》で Ken の足を止める。

場で負けている上に、ハンドも《堂々巡り》と《激動》しかない Ken。苦し紛れに《激動》でリセットをかける。
しかし、やはりその後の展開力は Sylvain の方が上。軽いクリーチャー軍団で押しまくる。Ken、なんとか《熊人間》を《説得》して凌ぐもののいまだにスレッショルドしていないので、ブロッカーにならない。そうなると...やはりまたもや《激動》を打つしかなくなる訳で。一体、このマッチ何回目の《激動》だろうか。

さて、残りライフ 5 点の Ken、Sylvain の《思考を食うもの》の攻撃にさらされて風前の灯。《シートンの斥候》を《説得》してなんとか凌ごうとするが、またもターンエンドに Sylvain の《オーラの移植》が飛ぶ。
渋いフィニッシュブローで、Sylvain がタイに持ち込んだ。

Sylvain Wins
Ken 2-2 Sylvain

Game 5

Sylvain がマリガンスタート。
お互いが 2 ターン目に《熊人間》の立ち上がり。その後は Sylvain はウィニークリーチャーを、Ken は《尊大なワーム》を出して《行き詰まり》を貼った所で、お互い完全にドロー・ゴーモード。完全にゲームが止まる。

しばらく場に土地を置きあった後、《行き詰まり》を張った側の Ken がここで《激動》。確かに、《激動》を打つ瞬間ならば、相手の手札が 3 枚増えてもあまり痛くは無い。そして Sylvain、これをカウンターできず。場がリセットされる。

1 マナ余らして《激動》を打った Ken はそのマナで《熊人間》キャスト。当然スレッショルドしており、ここから一気に攻勢に転じる構えだ。
しかし Sylvain も《敏捷なマングース/Nimble Mongoose》《日を浴びるルートワラ》とキャストしてなんとか踏みとどまる。

しかし《熊人間》をなんとか相打ちで除去した後、続けての《熊人間》は《堂々巡り》でカウンターされる。
さらに Ken、ここぞとばかりに無人の荒野となった Sylvain の場を《野生の雑種犬》が《日を浴びるルートワラ》《尊大なワーム》を引き連れて突き進む。

結局、さらに展開しようとしたクリーチャーを 3 枚目の《堂々巡り》でカウンターされた時点で、Sylvain は手を差し出し握手を求めた。

このマッチにかかった時間はなんと 4 時間 30 分。その間に、マスターズのドラフトも、反対ブロックの「準」決勝も、そして俺の昼飯の時間も過ぎ去ってしまった。ハァ・・・疲れた・・・。

Ken Wins
Final Result:Ken 3-2 Sylvain

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る