準決勝:佐藤 隆俊(東京) vs. 朴 高志(愛知)

更新日 Event Coverage on 2014年 4月 12日

By 田中 久也

 グランプリチャンピオンまであと2つ。準決勝に進出しここで相対するのは、スピード対決を制した佐藤隆俊、そして相手の事故をしっかりと押さえ込んだ朴高志の2人だ。

 優勝という栄光を手にするのは果たしてどっちだ。

ゲーム1

 朴が先攻でワンマリガンするも、《アスフォデルの放浪者》から《エレボスの試練》の猛烈なスタートダッシュ。

エレボスの試練

 対する佐藤は《青銅の黒貂》《旅するサテュロス》と展開しここから盤面を作っていきたいところだったが、ここに朴の2枚目の《エレボスの試練》が突き刺さる。

 これにより手札が一気に4枚奪い取られた佐藤は、残った《目ざといアルセイド》を授与するのだが、試練を乗り越えて育った《アスフォデルの放浪者》が全く止まらない。《黄金の木立ちの蛇》をプレイするものの、朴が《洞窟のランパード》《霧裂きのハイドラ》と連打をすると、投了となってしまった。

佐藤 0-1 朴

朴 高志

ゲーム2

 このゲームも、朴が《肉餓えの馬》から《エレボスの試練》というスタートダッシュ。しかし、今回は佐藤が《剥離》を持っており、展開はゆっくりとしたものに。

剥離

 《ネシアンの狩猟者》《ニクス生まれの狼》と朴が展開をすると、対する佐藤は《受勲したグリフィン》《黄金の木立ちの蛇》と展開して、飛行によるアタッカーを準備しつつ地上のブロッカーもしっかりと用意する。

 朴も《黄金の木立ちの蛇》をプレイし、《ネシアンの狩猟者》に《悪意の幻霊》を授与し攻撃の手段を作っていくのだが、佐藤はさらに《黄金の木立ちの蛇》をプレイし地上を固め、《受勲したグリフィン》のダメージ軽減能力で朴の攻撃をシャットアウト。こつこつと《受勲したグリフィン》が朴のライフを削っていく。

 お互いに引いたカードを展開していくのだが決定打とはならず、繰り返し《受勲したグリフィン》が朴を攻撃し徐々にライフは危険水域に。

受勲したグリフィン

 ついに飛行クリーチャーである《血集りのハーピー》を引いた朴は、《受勲したグリフィン》をブロックし《エレボスの加護》で除去しにかかるが、佐藤は《定命の者の決意》で《受勲したグリフィン》を守り切る。

 これで《血集りのハーピー》がチャンプブロックに回る運命となってしまいゲームはほぼ決したかに思えたが、朴がここで《洞窟のランパード》をトップデッキ。《血集りのハーピー》に授与し十分なサイズのブロッカーを用意することに成功する。

 数ターン「土地を置いてエンド」が続いたが、おもむろに佐藤が《受勲したグリフィン》で攻撃をすると、ブロックされたところに《残忍な発動》をプレイ。しかし、朴はここで《屍噛み》を引いており、《血集りのハーピー》を残しつつ、ガンとなっていた《受勲したグリフィン》を除去することに成功。

 ついに反撃に出る時が来たとばかりに、《血集りのハーピー》が攻撃に回り佐藤の残りライフが5。朴のライフは4。

 佐藤の全軍攻撃でもライフがかろうじて残り、返しの攻撃で勝てるため、あと2ターンで朴の勝利……かと思われた時、佐藤は《蒔かれたものの収穫》をトップデッキ!

 全軍で攻撃を仕掛け、スルーされたクリーチャーに《蒔かれたものの収穫》をプレイすると、朴のライフはちょうど0となった。

佐藤 1-1 朴

佐藤 隆俊

佐藤「《受勲したグリフィン》は《悪斬の天使》だ」

ゲーム3

 このゲームは朴が《肉餓えの馬》2連打、佐藤が《青銅の黒貂》《乳白色の一角獣》を展開しあう立ち上がり。

 《肉餓えの馬》と《青銅の黒貂》が相打ちをすると、お互いの場には《悪魔の皮のミノタウルス》、《旅するサテュロス》が追加されていく。

 朴は《悪意の幻霊》を《肉餓えの馬》に、《洞窟のランパード》を《悪魔の皮のミノタウルス》へと次々授与すると、佐藤へと攻撃を繰り返していく。

 《悪魔の皮のミノタウルス》を《神聖なる評決》で除去した佐藤、《ナイレアの使者》を《旅するサテュロス》に授与し反撃に出ようとするが、朴はここに巨大な《霧裂きのハイドラ》を投入。一気に佐藤のライフを一桁にしてしまう。

 ブロッカーを出した佐藤だったが、朴が《エレボスの鞭》をプレイすると、投了を宣言するしかなくなってしまった。

佐藤 1-2 朴、決勝進出は朴 高志!

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る