準決勝:八十岡 翔太(東京) vs. 高尾 翔太(東京)

更新日 Event Coverage on 2013年 12月 21日

By 杉木 貴文


 グランプリも残るところ準決勝、決勝の3マッチのみ。八十岡と高尾の「翔太対決」をお伝えする。

 八十岡は、「このデッキを使うのに理由なんて必要ない」と言い切る、青黒オリジナルデッキ。対する高尾も全くのノーマークとなっていたオリジナルのエスパービートデッキである。

ゲーム1

高尾 翔太

 先攻の高尾は《万神殿の兵士》プレイという最高の立ち上がり。

 対する八十岡は《思考囲い》で高尾の《拘留の宝球》、《リーヴの空騎士》、《ザスリッドの屍術師》、《神聖なる泉》、《欺瞞の神殿》という手札から《拘留の宝球》を抜き去る。

 3ターン目の《ザスリッドの屍術師》を八十岡は《中略》で捌き、自分のターンには《悪夢の織り手、アショク》を盤面に投入。高尾のライブラリのトップを攻撃する。

 高尾は《悪夢の織り手、アショク》の相手をするよりはプレイヤーを狙うことにし、八十岡を攻撃。これにより、八十岡のライフは《思考囲い》、《湿った墓》のアンタップインも含めてすでに10まで落ち込んだ。高尾はさらに《リーヴの空騎士》を盤面へ投入する。

 八十岡は《思考を築く者、ジェイス》をプレイし、[+1]能力を使用。しかし、高尾は2枚目の《拘留の宝球》を引いており、《思考を築く者、ジェイス》を追放、盤面のコントロールを許さない。また、ここで高尾はプレイヤーではなく、《悪夢の織り手、アショク》への攻撃を選択し、ダメージで勝つよりもリソースを枯らしてから勝ちに行くプランへと変更したようだ。盤面へは、《ザスリッドの屍術師》、《カルテルの貴種》とダメージソースの展開を緩めない。

 ここで、八十岡は6マナに到達し、《好機》。《漸増爆弾》、《思考を築く者、ジェイス》を場に展開し盤面を落ち着けにかかるが、横に並んだ高尾のクリーチャー陣が細かく八十岡の《悪夢の織り手、アショク》、《思考を築く者、ジェイス》を削っていく。

 八十岡は《思考を築く者、ジェイス》の[-2]能力を使用し入手した《波使い》を出すも十分な防御壁を張るには不十分であり、《悪夢の織り手、アショク》で奪って出していた《リーヴの空騎士》も除去されたとことで、八十岡はゲームの負けを認めることとなった。

八十岡 0-1 高尾

ゲーム2

八十岡 翔太

 八十岡の先攻で始まった2ゲーム目、高尾は《平地》と《万神殿の兵士》が手札にあったものの、《欺瞞の神殿》でライブラリのトップを整えることを優先する。3枚目の土地がセットできなかった八十岡ではあったが、高尾の《万神殿の兵士》は《本質の散乱》で凌ぐ。

 高尾は4枚目の土地をセットし、《地下世界の人脈》。八十岡はこれを通して次のターンに《真髄の針》で《平地》を指定、《地下世界の人脈》による能力を使えなくした上で、《群れネズミ》を盤面に投入。ビートダウンの姿勢を見せる。

 しかし、ここで高尾がプレイしたのは《幽霊議員オブゼダート》!

 高尾は《否認》を手札に構えており、《幽霊議員オブゼダート》を対象とした八十岡の《英雄の破滅》をかわし、盤面の脅威を保つ。さらに《拘留の宝球》で《真髄の針》を取り除き、《地下世界の人脈》の能力を取り戻し、カードアドバンテージも取りに行く。

 ここから、高尾のプレイするクリーチャーを八十岡が除去カードで丁寧に除去する展開が続くが、《地下世界の人脈》と《ザスリッドの屍術師》のもたらすアドバンテージがジリジリと高尾の場を有利にしていく。

カルテルの貴種
ザスリッドの屍術師

 さらに《カルテルの貴種》が高尾の盤面に登場。《ザスリッドの屍術師》2枚とのシナジーにより、任意のタイミングで盤面のクリーチャー数を爆発的に増やせる状況を作る。

 対する八十岡は《思考を築く者、ジェイス》や《好機》でライブラリを掘り進めるも、なかなか有効なカードにたどりつけない。


 高尾がプレイした《エレボスの鞭》がとどめとなり、一縷の望みを託した《破滅の刃》を《否認》されたところで、八十岡は盤面を片付けざるを得なかった。

八十岡 0-2 高尾

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る