準決勝:打ち消された復帰
三原 槙仁(日本) vs. Dusty Ochoa(アメリカ)

更新日 Event Coverage on 2013年 5月 19日

By Blake Rasmussen

Blake is the content manager for DailyMTG.com, making him the one you should email if you have thoughts on the website, good or less good (or not good). He's a longtime coverage reporter and hasn't turned down a game of Magic in any format ever.

原文を読む

三原槙仁(エスパー・コントロール) vs. ダスティ・オチョア/Dusty Ochoa(エスパー・コントロール)

 プロツアー「ドラゴンの迷路」の決勝に立ち、「もう一人の」と呼ばれるオチョアがその名前を自分のものにするのはそう遠くない。

 その距離はともかく、かつての世界王者の三原槙仁と比較的キャリアの浅いダスティ・オチョア(デビッド・オチョア/David Ochoaとは無関係である)の2人のエスパー・デッキのわずかな違いが、この準決勝をオチョアが3-2で制する上で重要な意味を持っていたのだ。

ダスティ・オチョアが準決勝、エスパー・コントロールのミラーマッチで前世界王者の三原槙仁に辛勝した

 打ち消し呪文がより多く、土地がより多く、《幽霊議員オブゼダート》がより多いこと。それがオチョアが生涯プロ・ポイント合計300点に届こうとするプレイヤーをこの最大の舞台で打ち破れた理由だった。

「私の方が土地が1枚多くて、サイド後はさらに5枚の打ち消し呪文がありました。土地を出せないことがなければ、じっと構えて何でも打ち消せたんです」

 彼はそう言った。

 コントロール同士のミラーで勝つために、《管区の隊長》や《罪の収集者》を使って多少アグロ寄りにすべきだと三原は考えた。オチョアも《罪の収集者》を入れており、対策にカウンターを入れてあったので、オチョアが警戒すべきは序盤の《管区の隊長》だとわかっていたのだ。

「2ターン目に出てきたら《管区の隊長》は強いですよ」

 そう言うオチョアは、コントロール・デッキと対戦するときにはサイドアウトするのが普通の《遠隔+不在》2枚を残していた。

「そうじゃなければ、何の役にも立ちませんけどね」

 その除去呪文で、三原のサイドボードから入った《夜帷の死霊》にも対処できる。実際に遭遇することはなかったが、オチョアは必要であれば対策する術を持っていた。

三原のエスパー・デッキには軽量クリーチャーが入っていたが、対戦相手は除去呪文をサイドアウトせずに残していた

 そして、彼らは接戦となった。三原の土地が詰まって一方的になった最終戦を除いて、マッチのどのゲームも接戦だった。最終戦、オチョアは《思考を築く者、ジェイス》と《スフィンクスの啓示》を使い、相手より先に大量のカードを手にして結果を決めたのだ。

 しかし、それまでの4ゲームは本当に接戦だった。第1ゲームでは、オチョアは《中略》を3枚使って三原の脅威を次々に打ち消した。しかしついに三原は《霊異種》を呼び出すことに成功する。普通ならエスパーのミラーではこれで勝負が決まる、が、オチョアのライフは充分残っており、オチョア自身の《霊異種》と、さらに《幽霊議員オブゼダート》を呼び出すまで数発殴らせる余裕があったのだ。

 第2ゲームでは、《管区の隊長》と数体の《罪の収集者》が群れをなしてオチョアを襲い、ライフを一気に削っていく。《罪の収集者》で対策手段を奪い、《管区の隊長》が打撃を担って、比較的速く勝負がついた。

 その次のゲームでも三原はアグロに動いたが、今度は比較的早くに登場した《幽霊議員オブゼダート》がその役を担った。《幽霊議員オブゼダート》の数回の攻撃に加えて、《罪の収集者》がオチョアの手を奪ったことで、三原が再びプロツアーの決勝に行くのは決まったかに見えた。

 しかし、ここで打ち消し呪文に優れるオチョアの利点が動き出す。第4、第5ゲームの2ゲーム続けて、オチョアは《思考を築く者、ジェイス》と《スフィンクスの啓示》からのアドバンテージを活かし、目に入るあらゆるものを打ち消して立ち向かった。やがて、《霊異種》がとどめを刺しに現れたのだ。

オチョアは追加の土地と打ち消し呪文のおかげでエスパー・ミラーマッチの鍵となるカードに対策するリソースを手にした

 アリゾナ州トゥーソンで店舗を構えるオチョアは、プロとしての経験も浅く、ブロック構築の経験はさらに少ない。準々決勝では、《思考を築く者、ジェイス》の奥義を使ったことがなかったオチョアは、自分のカードを読み直す必要があるぐらいだった。このデッキをこのプロツアー以外で使ったことはあまりないのだという。

 この敗北によって、三原の復帰は終わりを告げた。とはいえ、三原が消えるわけではない。三原がプロツアーでトップ8に入賞したのはこれが3回目で、この前は7位に入賞した2008年のプロツアー・ハリウッドに遡る。とはいえ、彼は2010年のグランプリ・仙台で入賞して以来、毎年グランプリではトップ8に入賞しているのだ。

 この8位入賞は三原にとって重要な意味を持つ。来シーズンのプラチナ・レベルを得るためには8位以上に入賞する必要があったのだ。そして、これまでの280点にこの週末の結果を加えると、彼の生涯プロ・ポイント合計は300点に近づいている。野球で言うなら3000本安打、殿堂入りが現実味を帯びてくる数字だ。

試合メモ:三原は《霊異種》に対応するための《債務者の演壇》を、《霊異種》を見なかった全てのゲームで引いていた。《霊異種》を見たゲームでは引かなかった。オチョアの土地28枚というのはトップ8の中では一番多い枚数だ。サイドボード後、オチョアの打ち消し呪文は12枚、対する三原はわずかに6枚だった。


(Tr. Tr. YONEMURA "Pao" Kaoru)

三原 槙仁

Download Arena Decklist

Dustin Ochoa

Download Arena Decklist

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る