準決勝: 中村修平 vs 浅原晃

更新日 Event Coverage on 2003年 1月 9日

By 平林和哉

準決勝で相対する中村と浅原。
どちらのプレイヤーもスタンダードでは沈んでしまったものの、エクステンデッドはサイカトグパワーで見事に復活を遂げた。

念願の初タイトルの舞台へ駒を進めるのはどちらだろうか?

Game 1

中村は黒コンの基本通りに除去の多い手札をマリガン。
浅原のデッキも黒コンに準拠するコントロールデッキのため、過剰な除去は無駄手札でマリガンとほぼ変わらないのだ。

浅原は浅原で決め手の《消えないこだま/Haunting Echoes》、アドバンテージ:《クローサの大牙獣/Krosan Tusker》を 2 枚の手札を土地 1 枚ゆえにマリガンせざるを得なかった。

そして中村の《強迫/Duress》で幕開け。
たいしたカードは無く、《アクローマの復讐/Akroma's Vengeance》を落とすに留まる。

コントロールらしく互いに土地を並べ続ける展開だが、浅原はそれでも《クローサの境界/Krosan Verge》でアドバンテージを取り続ける。

しかしそのアドバンテージも 1 枚の《精神ヘドロ/Mind Sludge》で全てご破算に。

その後中村の《戦慄をなす者ヴィザラ/Visara the Dreadful》はさすがに除去の多いデッキだけあってすぐさま《無垢の血/Innocent Blood》、再びデュエルがスローな展開に戻っていく。

攻めたい中村だが《罠の橋/Ensnaring Bridge》をセットするだけで大量の除去を抱えたまま動けず。

浅原はしばらく貧弱なドローを繰り返すが《生ける願い/Living Wish》を引いて動き出す。
《アクローマの復讐》で《罠の橋》を割り、《生ける願い》で《起源/Genesis》を。

だが浅原がキーカードを引いた時には中村もサイクルエンジンを引いていた。

《アンデッドの剣闘士/Undead Gladiator》。

《陰謀団の貴重品室/Cabal Coffers》に裏打ちされた大量のマナから、無駄になっている除去カードをサイクルし始め、ついには《魔性の教示者/Diabolic Tutor》からの《消えないこだま》へとつなげて浅原のライブラリーを破壊する。

さらにはわざわざ《魔性の教示者》で《罠の橋》と慎重にゲームを進めたうえで、《アンデッドの剣闘士》によるビートダウンをスタートさせる中村。

対する浅原はドローしてきた《燻し/Smother》で何回か凌ぎ、《生ける願い》でゲームから取り除かれた《起源》を回収。
《陰謀団式療法/Cabal Therapy》で《堕落/Corrupt》を抜くも、次に現れたのは 2 体目となる《戦慄をなす者ヴィザラ》。

自身の《罠の橋》によって《戦慄をなす者ヴィザラ》は殴れないものの、《アンデッドの剣闘士》の行く手を阻む《起源》に睨みを利かせて《アンデッドの剣闘士》がようやく浅原のライフを削り始めた。

だが浅原も負けてはいない。
《生ける願い》から調達した《貪欲なるベイロス/Ravenous Baloth》を《起源》で回し、《チェイナーの布告/Chainer's Edict》で《戦慄をなす者ヴィザラ》まで吹き飛ばして《生ける願い》から《罪を与えるもの/Guiltfeeder》で一縷の望みにかける。

が、あっけなく《チェイナーの布告》フラッシュバックで死亡。
まあそうはいっても《起源》で《罪を与えるもの》は戻り続けるわけで、いつまでも除去し続けられるわけではない-もちろん《アンデッドの剣闘士》でブロックもできるのだが。

ところが中村が《堕落》を浅原に撃ち込んだ返しで、浅原は《チェイナーの布告》をトップデッキ!

《罪を与えるもの》の眼前が一瞬クリアになり、《堕落》で回復した中村のライフは 25 。
そして中村の墓地は 25 。

中村 0-1 浅原

:浅原
Out
4 《神の怒り/Wrath of God
4 《無垢の血》
In
2 《賛美されし天使/Exalted Angel
1 《罪を与えるもの》
1 《貪欲なるベイロス》
1 《陰謀団式療法》
1 《消えないこだま》
2 《迫害/Persecute

:中村
Out
4 《燻し》
3 《もぎとり/Mutilate
1 《戦慄をなす者ヴィザラ》
In
2 《陰謀団式療法》
1 《精神ヘドロ》
1 《消えないこだま》
1 《堕落》
1 《ナントゥーコの影/Nantuko Shade
1 《ミラーリ/Mirari
1 《激浪の複製機/Riptide Replicator

Game 2

浅原が《生ける願い》から《起源》を持ってきた後に普通にディスカードしたスタート。

何もすることがない中村、対して浅原は《クローサの境界》を回し、《生ける願い》から《ナントゥーコの僧院/Nantuko Monastery》を連れてくる。

中村は 2 枚目の《生ける願い》の直後に《陰謀団の貴重品室》をドローして、突如 2 枚の《堕落》を浅原本人に。
中村の手札は《堕落》《消えないこだま》。
まあ悪くても《消えないこだま》を通せるだろう・・という手格好で次ターンを待つ。

もちろん浅原は自分の置かれている状況を理解しているため、必死に《クローサの大牙獣》でドローを進めるのだが《消えないこだま》するのが精一杯。

中村が手札から 3 枚目となる《堕落》を見せると、浅原は自分のデッキを片付け始めた。

中村 1-1 浅原

Game 3

再びスローな立ち上がりで、最初のアクションは 3 ターン目中村の《強迫》(《アクローマの復讐》)。

中村が《アンデッドの剣闘士》で手札を整え、浅原は《クローサの境界》、《生ける願い》からの《起源》と押し始める。

それに応じて《占骨術/Skeletal Scrying》から《魔性の教示者》、《罠の橋》とつなげる中村。

さらに《堕落》を《起源》に放ち、そのまま《消えないこだま》。
リムーブしたのは《アクローマの復讐》 4 枚(それと墓地にあった《クローサの境界》 1 枚だけ)だが、確かにアーティファクトを壊せるカードは《アクローマの復讐》のみ。

これで《罠の橋》により万全の体制が整った。
そして勝ち手段として場に展開したのも同じアーティファクトの《激浪の複製機》-黒の 4/4 天使・・・・

これに対処できるカードは浅原のライブラリーに残されていない。

浅原にできたのは《迫害》《燻し》などで時間を稼ぐことだけだった。

中村 2-1 浅原

Final Result:中村修平 2-1 浅原晃
中村修平 Wins! Advance to Final

Asahara Akira

Download Arena Decklist
クリーチャー (4)
4 Krosan Tusker
インスタント (4)
4 Smother
他 (4)
4 Glaund Coliseum
60 カード
サイドボード (15)
1 Cabal Therapy 1 Haunting Echoes 1 Nantuko Monastery 3 Exalted Angel 1 Génesis 1 Guiltfeeder 1 Gigápede 1 Revenaus Baloth 1 Cloud Chaser Eagle 2 Percecute 2 Ray of Revelation

Nakamura Shuuhei

Download Arena Decklist
クリーチャー (6)
2 Visara the Dreadful 4 Undead Gladiator
インスタント (4)
4 Smother
アーティファクト (2)
2 Ensnaring Bridge
土地 (23)
23 Swamp
他 (6)
3 Skeltal Scrying 3 Cabal Coffer
60 カード

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る