準決勝: 中村修平 vs. 藤田剛史

更新日 Event Coverage on 2002年 10月 13日

By 松井健治

中村はまたしても同郷対決な上に、師匠格である藤田との対戦となる。
先程、藤田は岡本尋との単色対決に勝利してこの場に座っているが、正直な所、デッキは弱い。
そして、今、中村が操るデッキは、正に目の前に座っている藤田仕込みのデッキ。
中村は GP 名古屋の準決勝戦でも藤田と大将対決しており、その時は中村が勝利している。

この上にまだ語る事が残っている。
中村は、これを優勝すればプロポイントが 20 点に届き、グレイビートレインに乗ることが出来るのだが、藤田はここで優勝し、あと 1 つプロツアーに参戦できれば、なんとマスターズへと復帰できる一戦なのだ。

少々中村は複雑な気分のようだが、そんな事とはお構いなしに準決勝は始まる。

Game 1

グレイビーかマスターズか「なかしゅうがマリガンした上で、事故れば勝ち目あるやろ」と、藤田談。

そんな事を言っていると、なんとここで藤田が切望していたマリガンを、中村は 2 回も行う。
これはもうけたと、一気に押し切りたい藤田だが、《樺の知識のレインジャー/Birchlore Rangers》を筆頭とする 1 マナ 1/1 エルフ軍団を呼びつづけることしか出来ず、中村の《霧衣の壁/Mistform Wall》によって行く手を阻まれる。

序盤の優位を得た中村は、そこからダブルマリガンを感じさせない動きで、《現実を彫る者イクシドール/Ixidor, Reality Sculptor》、《物怖じするヴァレスク/Skittish Valesk》と一瞬の間にコンボを決め、止めに《霧衣の壁/Mistform Wall》へ《溶岩使いの技/Lavamancer's Skill》を装着。

場が完全に出来上がった所で、藤田は《爆発的植生/Explosive Vegetation》を打つが、それでもまだ土地を引き続けた結果、中村はダブルマリガンのハンデをひっくり返したのだった。

中村 1 - 0 藤田

Game 2

再び藤田は《樺の知識のレインジャー/Birchlore Rangers》、《ワイアウッドの野人/Wirewood Savage》とキャストし、中村は《霧衣の壁/Mistform Wall》を設置。

ここで藤田が《ワイアウッドの野人/Wirewood Savage》で攻撃し、中村が《霧衣の壁/Mistform Wall》でブロックしなかったところで、一気に表情の曇る藤田。

これで確実に「中村は《溶岩使いの技/Lavamancer's Skill》を持っている」と。

その予感は的中し、藤田のクリーチャーが片っ端から撃ち殺され、何か大きな後続を期待しドローを続けるのだが、藤田のドローは土地ばかり。

そこから中村は攻め手をどんどん場に放って行き、抵抗する手段を見つける事が出来なかった藤田は、静かに土地を畳んだ。

中村 2 - 0 藤田

これで中村は 3 度目の王手となる。
今度こそ、勝利をもぎ取れるのか ?

Final Result : 中村 Win

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る