準決勝 佐々木佑介 vs. 小野田倫久

更新日 Event Coverage on 2002年 6月 2日

By 大城 秀人

 ついに準決勝。

 用意された 4 つの椅子のうち、《サイカトグ/Psychatog》デッキが 3 つを占める中、残った小野田は、その《サイカトグ》を強烈にメタった《陰謀団の先手ブレイズ/Braids, Cabal Minion》デッキ。

 ただ佐々木にとって、彼とともに村上が勝ち進めば、なんと宮城勢同士での決勝戦という夢の舞台が待ち受けているだけに、ここは負けられないところだろう。

 小野田が相性のままに決勝へ駒を進めるのか、佐々木がそれを跳ね返し、夢の実現へ近づくのか・・・・・・。注目の一戦が幕を開ける。

Game 1

 後手の小野田は、内容は申し分ないが、土地が 1 枚しかなくマリガン。

 しかも小野田、誤ってマリガン後に 7 枚キープしてしまい、再度のマリガンを余儀なくされてしまう。

 しかし「それで互角ぐらいかなあ」という佐々木の言葉すら大きく裏切って、初手 5 枚の小野田が序盤から完璧な回りを見せる。

まず《強迫/Duress》スタートを切り、《夜景学院の使い魔/Nightscape Familiar》もきっちりと《チェイナーの布告/Chainer’s Edict》。さらに《ジェラードの評決/Gerrard’s Verdict》を放ってみせるというのだから驚きだ。

 

一方、手札を攻められたうえに土地の引きまで悪い佐々木は、仕方なく《サイカトグ》を場に送り込む。そして、小野田の《よろめく大群/Shambling Swarm》をカウンターしたところで手札がゼロ。《陰謀団の先手ブレイズ》の召還を許してしまう。

両者の手札はお互いゼロ。ここから完全な引き勝負となるのだが、次の小野田のドローがなんと《名誉回復/Vindicate》。

 《サイカトグ》が墓地に送られてしまった佐々木は、結局《ブレイズ》を排除できぬまま毎ターン土地を食いつぶされ、そのまま押し切られることになった。

 終わってみれば小野田の完勝。

 佐々木にとってこのマッチは、今後の先行きが暗くなるような一戦と思えたに違いない。

佐々木 0 – 1 小野田

Game 2

 佐々木は先攻でマリガン。

 そんな佐々木に対して、小野田はお決まりのように 1 ターン目《強迫》。《対抗呪文/Counterspell》、《嘘か真か/Fact or Fiction》、土地という中から当然のごとく《嘘か真か》を抜く。

そして《ナントゥーコの影》を召還。これを佐々木は先ほど見られている《対抗呪文》でカウンターするが、これによって小野田の《ファイレクシアの闘技場/Phyrexian Arena》を通してしまうことに。

 この小野田のドローエンジンが唸りをあげ、佐々木に襲いかかる。

 《ジェラードの評決》の 2 連発で手札を荒らされ、2 枚目の《ファイレクシアの闘技場》まで場に現れてしまってからは小野田の独壇場。

 すっかり手札を空にされ、《ブレイズ》を通された佐々木・・・・・・

 引いてきた《サイカトグ》を出してみるものの、即座に《名誉回復》されてはしまってはもうどうしようもない。

 佐々木にマリガンの影響と、今度は土地ばかりという引きの悪さがあったとはいえ、またしても小野田が完勝といえる回りを見せ付けて決勝にリーチをかけた。

佐々木 0 – 2 小野田

Game 3

 2 ターン目の《ナントゥーコの影》がカウンターされるところで始まった 3 戦目。

 佐々木は、3 枚目の土地に《セファリッドの円形競技場/Cephalid Coliseum》をセットせざるをえないという不安な立ち上がり。

 そのまま《夜景学院の使い魔》を場に送り、迎えた 4 ターン目。土地を引かなかった佐々木はここで意を決してメインに《嘘か真か》をプレイ。

 《嘘か真か》、《調査/Probe》と、沼、《ダークウォーターの地下墓地/Darkwater Catacombs》《強迫》から後者を選んだ佐々木は、さっそく《強迫》をキャスト。ここで見えた小野田の手札はなんと土地と《ブレイズ》 2 枚。

 《ブレイズ》こそ通ってしまった佐々木だが、小野田の手札に安心したか、ここから軽快な動きをみせる。

《夜景学院の使い魔》の助けを借りつつ土地を生贄に捧げながらの《嘘か真か》。ここで《はね返り/Recoil》 2 枚と《排撃/Repulse》、沼、《堂々巡り/Circular Logic》から後者を手に入れ、《サイカトグ》を場に送り出す。

さらに次のターン、再度の《嘘か真か》。 ここで、《排撃》 2 枚を手に入れた佐々木はまさに万全の体制を築き、サイカトグで攻撃をしかける。

 

さすがにここまで手札を固められてしまってはどうしようもない小野田は、素直に投了を宣言した。

佐々木 1 – 2 小野田

Game 4

 《地底の大河/Underground River》 2 枚スタートで正直「痛い」佐々木に対して、小野田の 3 ターン目。そのうちの 1 枚に対して《名誉回復》。

 《陰謀団の先手ブレイズ》が脳裏をよぎるであろう佐々木は、たまらず《対抗呪文》。

ここから小野田は一気にたたみかける。《強迫》から《堂々巡り》を抜き、《ファイレクシアの闘技場》を通す。

手札が《サイカトグ》 2 枚、《排撃》、《チェイナーの布告》と公開されている佐々木は、その返しに引いてきた《使い魔》から、《サイカトグ》を一気に場に送り出し、場の優位を築く。

 対する小野田は、まず《ブレイズ》で様子を見る。これはもちろん《チェイナーの布告》で処理されるものの、続けて《ナントゥーコの影》と《ファイレクシアの憤怒鬼》を送り出し、佐々木の《サイカトグ》を自由にさせない。

 小野田がドローを加速しているだけに、時間が立てば不利になっていく佐々木は意を決して《サイカトグ》を追加。

 しかし、負けじと小野田も《ナントゥーコの影》を追加して場の優位を与えない。

 ここで佐々木はサイドから追加されている《綿密な分析/Deep Analysis》を引き、手札を補充するものの、そこで飛んでくる《ジェラードの評決》。

 小野田はここで《排撃》が墓地に落ちたことを確認し、《ブレイズ》を召還。しかし佐々木も 2 枚目の《排撃》でこれをかわす。

 手札 2 枚の佐々木は、相手の戦線をこじ開けるべく 1 体の《サイカトグ》で攻撃。 この攻撃で、佐々木は《憤怒鬼》《ナントゥーコの影》を《サイカトグ》と相打ちに取るが、手札を1枚消費した上、墓地も 3 枚にまで減少し、一見形勢は不利に見える。

 ただ、佐々木にしてみれば、墓地にある《チェイナーの布告》をフラッシュバックできれば、相手のクリーチャーが一掃できる。加えて小野田は《ファイレクシアの闘技場》でライフが残り少ないため、《サイカトグ》が一度通れば十分勝ちが掴めると踏んだのだろうが・・・・・・。

 

そうは上手くいかなかった。

 

ここで小野田のドローがなんと《貪欲なるネズミ/Ravenous Rats》。手札が空になった佐々木に対して《陰謀団の先手ブレイズ》が再度降臨し、佐々木はライブラリーのトップにすべてを託していくことになってしまった。

 

そして、《チェイナーの布告》が佐々木の戦線を切り裂く。

 

これで《サイカトグ》を失った佐々木は完全にジリ貧となり、さらに《チェイナーの布告》フラッシュバックで《使い魔》を失ったところで投了。

 序盤、ダメージランドで必要以上にライフを失っていた佐々木は、《ナントゥーコの影》の射程県内に入ってしまっていたのである・・・・・・。

 こうして小野田が決勝戦に駒を進めることになった。

 決勝の相手も当然ながら《サイカトグ》。

小野田は準決勝を再現させ、最年少の日本チャンピオンという記録を打ち立てることができるだろうか?

佐々木 1 – 3 小野田

Final Result : 小野田 3 – 1 佐々木

Yusuke Sasaki ( from Sendai )

Download Arena Decklist
クリーチャー (7)
4 Psychatog 3 Nightscape Familiar
ソーサリー (8)
2 Duress 2 Probe 2 Chainer's Edict 2 Upheaval
他 (4)
2 Memory Laps 2 Darkwater Catacomb
60 カード

Michihisa Onoda

Download Arena Decklist
ソーサリー (15)
4 Duress 4 Chainer's Edict 4 Gerrard's Verdict 3 Vindicate
土地 (19)
14 Swamp 4 Tainted Field 1 Plains
他 (8)
4 Pyrexian Rager 4 Cave of Koilos
60 カード
サイドボード (15)
1 Vindicate 4 Phyrexian Arena 3 Slay 3 Mortivore 2 Aura Blast 2 Death Grasp

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る