準決勝: 加藤 一貴 vs 山岸 裕一

更新日 Event Coverage on 2003年 8月 23日

By 平林和哉

加藤が中村修平との白赤ミラーマッチを《滅殺の命令/Decree of Annihilation》で下し、唯一ゴブリンでトップ 8 に残った山岸が森田雅彦を《硫黄の渦/Sulfuric Vortex》によって仕留め、こうして勝ち上がった二人が準決勝で対峙する。

白赤"No Rift"コントロール vs 赤単ゴブリン。

どちらが今シーズン最初のグランプリの決勝へ進むことができるだろうか?

Game 1

先手の山岸は 2 体《スカークの探鉱者/Skirk Prospector》を並べ、 3 ターン目即《ゴブリンのうすのろ/Goblin Goon》のロケットスタート。

加藤が遅ればせながら《銀騎士/Silver Knight》で止めにかかるが、山岸は構わず 2 体で攻めかかり、加藤が冷静に《ゴブリンのうすのろ》をブロックすると《スカークの探鉱者》で《ゴブリンの穴ぐら/Goblin Burrows》でパンプする。

そして《ゴブリンの名手/Goblin Sharpshooter》が追加されると、赤赤の揃わない加藤はたまらず 2 枚持つ《星の嵐/Starstorm》の片方をサイクリングするが・・・・引けず。

しかもせっかく《邪神の寺院/Temple of the False God》経由で《賛美されし天使/Exalted Angel》を出したというのに、《ゴブリンの戦長/Goblin Warchief》-《宝石の手の焼却者/Gempalm Incinerator》サイクリング-《ゴブリンの名手》の合わせ技で、いとも簡単に《賛美されし天使》を落とされ大ピンチ。

必死に《隔離されたステップ/Secluded Steppe》をサイクリングして赤マナを探す加藤。

そう山岸の場に《ゴブリンのそり乗り/Goblin Sledder》がいないため《星の嵐》 1 枚ですぐに片がつくわけだし、リセットするためには《アクローマの復讐/Akroma's Vengeance》でもいいわけだ。

しかし加藤は引けなかった。

おまけに土地は 7 マナで止まっていて。

Akroma, Angel of Wrath

その手には 2 対の《怒りの天使アクローマ/Akroma, Angel of Wrath》と《滅殺の命令/Decree of Annihilation》・・・・

加藤 0-1 山岸

-Sideboarding

・加藤
out
1 《アクローマの復讐》
2 《滅殺の命令》
2 《永遠のドラゴン/Eternal Dragon
2 《怒りの天使アクローマ》
2 《霊体の地滑り/Astral Slide
in
3 《拭い去り/Wipe Clean
1 《翼の破片/Wing Shards
4 《ショック/Shock
1 《宝石の手の焼却者》

・山岸
out
3 《ショック》
1 《スカークの探鉱者》
4 《宝石の手の焼却者》
in
2 《ゴブリンの名手》
2 《ゴブリンのうすのろ》
1 《刃の翼ロリックス/Rorix Bladewing
3 《波停機/Stabilizer

Game 2

山岸が《ゴブリンのそり乗り》を出し、それを加藤が《宝石の手の焼却者》で除去する立ち上がり。

続けての《ゴブリンの群衆追い/Goblin Piledriver》は《銀騎士》で止まってしまい、《ゴブリンのそり乗り》は追加するが無情にも山岸の土地は止まってしまう。

動きの止まった山岸を見て、加藤は次ターン表で出せる《賛美されし天使》を躊躇せず変異で。

何もできない山岸は、《賛美されし天使》が襲い掛かるのを見ていることしかできない。

おまけに《銀騎士》の 2 体目までもが加藤の戦線に追加され、半積み状態の山岸。

何とか次ターン 3 枚目の土地を引き《ゴブリンの戦長》を走らせた山岸だが、加藤は構わず全軍突撃。

もちろん《銀騎士》まで戦闘に参加するということは裏があるわけで、《ゴブリンの戦長》に《ショック》が撃たれた時点で山岸は投了。

加藤 1-1 山岸

-Sideboading

・山岸
out
1 《ゴブリンのうすのろ》
3 《波停機》
in
4 《宝石の手の焼却者》

Game 3

山岸は初手を難なくキープするが、問題は加藤のオープンハンド。

2 《銀騎士》、 2 《拭い去り》、《星の嵐》《永遠のドラゴン》、《忘れられた洞窟/Forgotten Cave》。

普通はマリガンするものだが、加藤はこのダブルマリガン以上とも思える手札をあまり悩まずにキープしてしまう(あえて付け加えるなら《波停機》でも死ねる)。

これが若さというものなのだろうか?

加藤は都合よく《隔離されたステップ》をファーストドロー、 3 ターン目にも《忘れられた洞窟》を引いて土地を並べ続ける。

幸い《ゴブリンのそり乗り》が場に出ていないため、《星の嵐》で何とかなるはずだったのだが、山岸の展開が 2 体の《ゴブリンの群衆追い》と《ゴブリンのうすのろ》と大攻勢。

これでは《星の嵐》でも《ゴブリンのうすのろ》が残ってしまうわけだし、《銀騎士》だけでは到底支えきれるものではない。

だがここで加藤は《宝石の手の焼却者》をトップデッキ!

Gempalm Incinerator

《銀騎士》との合わせ技で《ゴブリンの群衆追い》を処理し、何とか苦境を脱することに成功したのだ。

一旦ピンチを凌いでしまえば、徐々にコントロールが有利になるのは当たり前。

後続の《スカークの探鉱者》《ゴブリンの群衆追い》を《星の嵐》で凌ぎ、続ける《ゴブリンの戦長》《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》も《星の嵐》。

こうして山岸を息切れさせ、満を持して加藤は《賛美されし天使》を送り込む。

だが山岸はここで《刃の翼ロリックス》!

ライフが 7 しかない加藤だが、ここは冷静に相手の手札が 0 なことを確認した上で、受けることを選択する。

ここで加藤のライフが 1 。

加藤が《賛美されし天使》で殴り返すと、明らかに不自然な加藤の場。

それは山岸も分かっていることで、見え見えの《翼の破片》に突進するわけにはいかない。

こうなると再び攻守が逆転し、《刃の翼ロリックス》で殴れない《賛美されし天使》はひとまず置いて《銀騎士》が殴り始める。

おまけにそうこうしている間に登場する変異クリーチャーが登場し、あっという間に山岸のラストターン。

まともに後続が続かないのだが、結局《翼の破片》があろうとも殴るしかない山岸。

小考の末加藤が手札にある 2 枚の《翼の破片》を見せると、どうすることもできない山岸はカードを片付け始めた。

加藤 2-1 山岸

Final Result:加藤 2-1 山岸

加藤 一貴 Wins! Advance to Final

Kato Kazuki

Download Arena Decklist
クリーチャー (12)
4 Eternal Dragon 4 Exalted Angel 4 Silver Knight
ソーサリー (6)
4 Akroma's Vengeance 2 Decree of Annihilation
インスタント (7)
3 Wing Shards 4 Starstorm
エンチャント (2)
2 Astral Slide
他 (5)
2 Akroma , Angel of Wrath 3 Gempalm Incinetator
60 カード
サイドボード (15)
1 Gempalm Incinetator 1 Astral Slide 1 Wing Shards 1 Decree of Annihilation 3 Wipe Clean 4 Shock 4 Kilnmouth Dragon

Yamagishi Yuichi

Download Arena Decklist

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る