準決勝: 大塚 高太郎 vs 田中 久也

更新日 Event Coverage on 2003年 6月 22日

By 今井 公雄

日本選手権ベスト 4 。

ベスト 8 に勝ち残り、世界選手権出場が確定し、日本代表の権利も見えてきた 2 人。
ここまでくれば日本最強Duelist の称号たる日本選手権優勝のタイトルがどうしてもほしいところ。

勝利の女神はどちらに微笑むだろうか。

Game 1

先行は田中。

田中は、1 ターン目 《ゴブリンの監督官/Goblin Taskmaster》、2 ターン目 《ゴブリンの群衆追い/Goblin Piledriver》 とプレイし、大塚のライフを一気に削ろうと目論む。

3 ターン目、田中が 2 体でアタックしたのに対して大塚は、 《燻し/Smother》 を 《ゴブリンの群衆追い》 に対してプレイし、序盤のダメージを最小限にしようと動く。

ここで、田中は 《略奪/Pillage》 をプレイし大塚の沼を破壊して大塚の出足を止めようとする。

4 ターン目、田中は追加のクリーチャーとして 《ゴブリンの群衆追い》 をプレイするが
大塚は3 枚目の土地を置く以外に何も出来ず、場の有利は田中に傾く。

5 ターン目、田中のプレイしたクリーチャーは 《焦熱の火猫/Blistering Firecat》 これは残念ながら大塚の 《堂々巡り/Circular Logic》 にてカウンターされてしまうが 3 体のゴブリンが大塚のライフを徐々に削っていく。

返しのターン、大塚は 《幻影のケンタウロス/Phantom Centaur》 をプレイし田中の攻撃を防ごうとする。

6 ターン目、田中はここで 《炎の稲妻/Firebolt》 2 枚、《蛮族のリング/Barbarian Ring》 の 3 枚のカードを利用し、目の前の 《幻影のケンタウロス》 を排除しゴブリン 3 体で攻撃を繰り返す。

返しのターン、大塚は 《野生の雑種犬/Wild Mongrel》 をプレイする。
ここで、3 マナを残してターンエンドをしたため、手札には 《尊大なワーム/Arrogant Wurm》 がある気配がする。

7 ターン目、やはり田中も 《尊大なワーム/Arrogant Wurm》 を警戒してクリーチャーの攻撃はお子なわず、墓場から《炎の稲妻/Firebolt》 をフラッシュバックで使用するに留まる。
ターン終了時に大塚は予想通り 《尊大なワーム/Arrogant Wurm》 をプレイする。

返しのターン、大塚は 《尊大なワーム/Arrogant Wurm》 でアタックし、《ワームの咆哮/Roar of the Wurm》 をフラッシュバックしてワームトークンを場に出す。

ここでライフは大塚 5 に対し、田中 11。

8 ターン目、手札から、《炎の稲妻》 をプレイし、大塚の残りライフを 3 とするが、次ターンに大塚が、《不可思議/Wonder》 を墓場に落としたとき、田中は投了を宣言した。

大塚 1-0 田中

Game 2

先行は田中。
7 枚の手札をみて、田中は考えをめぐらせる。
ランドは 1 枚だが好展開が予想される手札の為、これをキープする。

しかし、田中の土地は 1 枚で止まることとなる。

大塚の展開は順調。
2 ターン目、《マーフォークの物あさり/Merfolk Looter》 を出すが、これは田中の 《炎の稲妻》 にて除去されるが、3 ターン目 《物静かな思索/Quiet Speculation》 をプレイし、墓場に 《ワームの咆哮》、《ワームの咆哮》、《綿密な分析/Deep Analysis》 を墓場に落とし次のターンには、ワームトークンをプレイすることにより田中の攻勢をとめようとする。

田中はこの間、《ゴブリンのそり乗り/Goblin Sledder》、《ゴブリンのそり乗り》、《ゴブリンの監督官》 とプレイしており、大塚にダメージを与えつづけている。

4 ターン目、田中は 3 体のゴブリンで攻撃後、待望の 2 枚目の土地をセットし 《ゴブリンの群衆追い》 をプレイしクリーチャーの数で押し切ろうとする。

返しのターン、大塚は 《ワームの咆哮》 をプレイし田中に大きな脅威を与える。

5 ターン目、攻撃を控えた田中は本体に 《火山の鎚/Volcanic Hammer》 をプレイし、大塚のライフを削りきろうとする。

返しのターン、大塚は 《野生の雑種犬》 をプレイし、3 マナを残した状態でターンを終了する。

6 ターン目、田中は 4 体のゴブリンで攻撃。

それに対して大塚は 《野生の雑種犬》 からマッドネスで 《尊大なワーム》をプレイし、《ゴブリンの群衆追い》 と 《ゴブリンの監督官》 をブロック。

それを予想していた田中は、《野生の雑種犬》 にてブロックされた 《ゴブリンの監督官》 を 《ゴブリンのそり乗り》 の能力でサクリファイズし、本体に通ったゴブリンをパンプアップし 3 点のダメージを通す。
これで大塚の残りライフは 7。

その後、追加のクリーチャーとして 《ゴブリンの監督官》 をプレイする。

大塚は、相手の手札と、土地の数を見つめて計算後、大塚は 2 体のクリーチャーで攻撃し田中の残りライフを 5 とした後、《マーフォークの物あさり》 をブロック用に出す。
ここでの田中の残りライフは 5。

田中は 2 体の 《ゴブリンのそり乗り》 で攻撃後、大塚本体に 《炎の稲妻》 をプレイし、大塚の残りライフは 3。
最後に、次のターン生き残るためのブロッカーとして 《ゴブリンの監督官》 をプレイしてターンを終えようとするが、ターン終了時に大塚が 《尊大なワーム》 をプレイ。

次ターン、田中のブロック用に用意していた 《ゴブリンの監督官》 を 《燻し》 して田中の投了。

田中は後が無くなり、大塚は決勝へ大きく道を開いた。

大塚 2-0 田中

Game 3

先行は田中。

シャッフル中、お互いが談笑しながら田中が、
「《火花鍛冶/Sparksmith》 ひかないよー。」

確かに序盤を固める上で重要なクリーチャーだが、これまで全く引いていない。
このあたりが連続してゲームを落とした理由だろうか。

田中は 1 ターン目こそ 《ゴブリンのそり乗り》 をプレイするが、2 ターン目にそれに続く後続をプレイできず、なかなか厳しい状態となる。

対して大塚は 2 ターン目 《マーフォークの物あさり》 をプレイし、田中の火力を誘う。

3 ターン目、《マーフォークの物あさり》 に対して 《火山の鎚》 をプレイするが、やはり後続のクリーチャーをプレイすることが出来ない。

対して大塚は、《野生の雑種犬》 をプレイし、順調な様子を見せる。

4 ターン目、田中は 《限界点/Breaking Point》 をプレイして、大塚にクリーチャーを全滅させるか、本体に 6 点のダメージを受けるか選択させる。ここで大塚の選択はクリーチャーの全滅、場が一掃される。

返すターン、大塚は 《幻影のケンタウロス》 をプレイし、田中に何枚ものカードを使用しないと排除できないクリーチャーで圧力をかける。

5 ターン目、田中は 《焦熱の火猫》 でアタックを行うが、幻影のケンタウロスのカウンターを一つ減らすことに留まり、トランプルで 4 点のダメージを大塚に与えるに留まる。

それに対し、大塚は 《物静かな思索》 で墓場に 《ワームの咆哮》 を落とし、田中の息の根を止めることとなる。

大塚は 6-0 という勢いのついたゲーム成績で決勝に駆け上がることとなった。
この勢いを決勝の対戦相手は止める事が出来るのだろうか。

また、田中は 3 位決定戦に回るが、3 位になれば、団体戦のメンバーとして世界選手権で戦えることが出来る。

是非次こそ勝利して、団体戦のメンバーとして世界選手権に出場してもらいたい。

Final Result : 大塚 3-0 田中

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る