準決勝: 大塚 高太郎 vs. 鍛冶 友浩

更新日 Event Coverage on 2004年 11月 21日

By Yukio Kozakai

準々決勝を順調に勝ち上がって来た両者。特に、鍛冶は「卓最強」の呼び声も高かった橋本を破っての準決勝進出である。先程の戦いぶりからも勢いを感じる。大塚も、秋山の強力なデッキを打ち破っての準決勝進出であり、失礼ながらギャラリーの予想を裏切った2人が準決勝のテーブルに着いている。

さぁ、静かに開始を待とうではないか。

その予想は、間違いだったと。
この2人がこれから証明しようとしているのだから。

Game 1

先攻の鍛冶がキープを宣言。かたや、大塚の方はマリガンを選択。
《大蛇の支援者/Orochi Sustainer》からスタートした鍛冶に対し、大塚は軽量クリーチャー軍団の先鋒を切って《残酷な詐欺師/Cruel Deceiver》を送り込む。鍛冶も返しで早々と《孤独の守護者/Guardian of Solitude》を展開し、これが《残酷な詐欺師/Cruel Deceiver》と相打ちになるやり取り。

お互い出し惜しみ無しか、大塚が次に繰り出したクリーチャーは《夜の華、切苦/Kiku, Night's Flower》。4マナまで順調に到達した大塚は、まずは鍛冶の《空民の雲乗り/Soratami Cloudskater》を血祭りに上げ、《小走りの死神/Scuttling Death》を戦線に加えようとするが、これは《密の反抗/Hisoka's Defiance》で鍛冶が回避。

しかし《夜の華、切苦/Kiku, Night's Flower》がいる以上、鍛冶は手札の《狩猟の神/Kami of the Hunt》を召喚する事も出来ず、悪い事は重なるものでいくら掘っても土地しか引いて来れない。

大塚の場には《希望の盗人/Thief of Hope》。手札の《蛇の皮/Serpent Skin》と合わせて《大蛇の支援者/Orochi Sustainer》で守ろうとするも、《引き込み/Pull Under》が突き刺さる。

ところが、大塚も何も引いていないのか。これ以降クリーチャーを展開してこない。鍛冶は《空民の予見者/Soratami Seer》にたどり着き、今まで引き過ぎた土地の分、デッキに対してしっかりとキャッシュバックを要求する。

ついに現れた、《北の樹の木霊/Kodama of the North Tree》。対象にならない巨大クリーチャーが大塚の前にそびえ立ち、《古の法の神/Kami of Ancient Law》しか戦線に加えられない大塚は、ただただ見上げるばかり。

《空民の予見者/Soratami Seer》の能力を起動し、《夜の華、切苦/Kiku, Night's Flower》で出せない《聖鈴の僧団/Order of the Sacred Bell》らを見限って5枚ドロー。加わった手札の中には、《宝珠編みの蜘蛛/Orbweaver Kumo》《木霊の力/Kodama's Might》《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》など、期待に応える品がズラリ。

土地ばかり並ぶ大塚が追加したのは《狐の刃遣い/Kitsune Blademaster》。《北の樹の木霊/Kodama of the North Tree》を突破するには、ちょっとサイズが足りない。その中でも、《霊魂の奪取/Rend Spirit》で《宝珠編みの蜘蛛/Orbweaver Kumo》を除去して状況回復に努めるなど、まだまだその目は前を向いている。

鍛冶は《翡翠の彫像/Jade Idol》をプレイしてターンを返し、《空民の予見者/Soratami Seer》であと3回殴れば勝利というところだが、意を決したかのように、大塚が《夜の華、切苦/Kiku, Night's Flower》も含んで全軍攻撃を敢行する。

鍛冶の残りライフは10。

まずは戦闘によって3点ダメージ、戦闘中に《魂無き蘇生/Soulless Revival》をプレイして1点ルーズ、さらにスピリット2体を贄とした《貪る強欲/Devouring Greed》で、長い第1ゲームに終止符を打った。

大塚 1-0 鍛冶

Game 2

再び大塚がテイクマリガン。
そして、ダブルマリガンとなってしまう。

鍛冶の《大蛇の支援者/Orochi Sustainer》、大塚の《残酷な詐欺師/Cruel Deceiver》までは第1ゲームと同じ展開。しかし追加で鍛冶が呼び出したのは《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》で、大塚もダブルマリガンを感じさせず《狐の刃遣い/Kitsune Blademaster》を召喚する。

5マナ目を引き込めず、手札の《北の樹の木霊/Kodama of the North Tree》で一気にというプランは崩れた鍛冶だったが、《空民の雲乗り/Soratami Cloudskater》の効果で無事に5マナ目へのアクセスに成功する。

しかし、まだ切り札を出すのは早いと《翡翠の彫像/Jade Idol》をプレイし、追加戦力をプレイ出来ていない大塚に対し、満を持して《北の樹の木霊/Kodama of the North Tree》がフィールドに現れる。

《目覚めの悪夢/Waking Nightmare》を浴びた鍛冶だが、ここでトップデッキは《空民の助言/Counsel of the Soratami》。あっという間にハンドを補充し、《木霊の手の内/Kodama's Reach》をプレイ。

《宝珠編みの蜘蛛/Orbweaver Kumo》をプレイして《翡翠の彫像/Jade Idol》を目覚めさせて《北の樹の木霊/Kodama of the North Tree》と共に突進すると、充分な展開の出来なかった大塚は、場からザーッとカードを集め始めたのだった。

大塚 1-1 鍛冶

Game 3

このラウンドでは、もはやお馴染みとなってしまった光景。
大塚が、またもテイクマリガンとなってしまう。

鍛冶は《大蛇の支援者/Orochi Sustainer》スタート、大塚はクリーチャーをプレイ出来ずにいるが、《目覚めの悪夢/Waking Nightmare》でまずはマリガン分を取り戻そうという動きだ。

しかし、今の鍛冶にはそんな牽制も無意味なのか。

《翡翠の彫像/Jade Idol》《北の樹の木霊/Kodama of the North Tree》と最速召喚すると、手札に土地しかない状態からしっかりと《宝珠編みの蜘蛛/Orbweaver Kumo》を引き込んでくる。

大塚も《つぶやく神/Gibbering Kami》《小走りの死神/Scuttling Death》《虚飾の道の神/Kami of the Painted Road》と展開して堅い場を築くが、《翡翠の彫像/Jade Idol》が大塚の場に深く切り込んでいく。さらに《空民の雲乗り/Soratami Cloudskater》を引いた鍛冶は、全く息切れなく展開を続けている。

《武道家の庭師/Budoka Gardener》の能力で、戻した土地もどんどん再プレイし、《聖鈴の僧団/Order of the Sacred Bell》を召喚。大塚は2枚目の《小走りの死神/Scuttling Death》を加えるが、《木霊の手の内/Kodama's Reach》で土地を増やしてドローを続ける鍛冶に止まる気配が感じられない。

それでも《小走りの死神/Scuttling Death》で《空民の雲乗り/Soratami Cloudskater》を除去して来ないのは、大塚は「あのカード」の一発逆転に賭けているからだ。第1ゲームの再現を目論んで、鍛冶のデッキの循環を静かに眺める。《過酷な詐欺師/Harsh Deceiver》を追加して、まだまだ静観を続ける。大塚の場にはスピリットが6体。鍛冶のライフは18だ。

デッキも本人もエンジン絶好調の鍛冶は、《空民の予見者/Soratami Seer》《苔の神/Moss Kami》と追加し、もういつ大塚に総攻撃を仕掛けてもおかしくない情勢になる。

鍛冶のライブラリーは残り4枚。待っていたのは、大塚だけではなかった。

激しく動いていた鍛冶も、実は待ちわびていたのだ。

《寄せ餌/Lure》を―――――

大塚 1-2 鍛冶

Results : Winner is 鍛冶 友浩 !!!

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る