準決勝: 岸 辰典 vs. 飯塚 俊

更新日 Event Coverage on 2004年 8月 29日

By 松井 健治

多大な参加人数の今大会も、残り 4 人まで絞られた。

その中の 2 人である岸と飯塚が栄光あるグランプリチャンピオンまで上りつめようと、この席で戦う事となる。

ここの対決カードは赤緑の親和にメタを張ったゴブリンデッキと、親和デッキ。

まさにメタが噛み合ってしまったこの対戦、結果はどうなるのか。

Game 1

先手岸。

順調に 1 ターン目に《ゴブリンのそり乗り/Goblin Sledder》を出せば、対する飯塚は《囁きの大霊堂/Vault of Whispers》セットから《大霊堂の信奉者/Disciple of the Vault》をキャスト。

互いに順調かと思えば、岸の手はここで一旦止まり、他方の飯塚が一気に展開を見せる。《電結の働き手/Arcbound Worker》を 2 体と《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》、そこへ更に《頭蓋囲い/Cranial Plating》を配置した。手札を一気に使い切って展開を見せる。これぞ親和のパワーだ。

しかし、さあ次はこちらの番と、岸は 3 ターン目に《ゴブリンの戦長/Goblin Warchief》を置いたの皮切りに、《ゴブリンの名手/Goblin Sharpshooter》、《ゴブリンの群衆追い/Goblin Piledriver》などを場に配置。

召喚酔いのない《ゴブリンの名手》を目の前に、飯塚の小さなクリーチャーは全て打ち抜かれ、場には大きく膨れ上がった《電結の荒廃者》がぽつんと残る。

赤いデッキにとって、巨大なクリーチャーは大きな脅威となるのだが、周りにアーティファクトクリーチャーがいないのを十分に確認した所で、その《電結の荒廃者》に《酸化/Oxidize》を打ち、一気に飯塚の場のクリーチャーを一掃する事に成功した。

あとは総攻撃あるのみ。ここにもう 1 枚の《ゴブリンの群衆追い》を追加し、一気に飯塚を押し切った。

岸 1 - 0 飯塚

Game 2

さて、岸のデッキは今年の日本選手権を優勝した藤田剛史のスタンダードデッキに酷似した赤緑のゴブリンデッキであり、それは当時《頭蓋骨絞め/Skullclamp》全盛期の親和デッキを踏み荒らす為に製造されたデッキだった。そして、正に岸の目の前の相手は親和デッキ。

一度サイドボーディングすると、メインの《酸化》に加えて《帰化/Naturalize》などのアーティファクトを意識したカードが大量投入され、親和デッキに抵抗の希望を与える事無く粉砕するような仕様になっている。

今回の対戦も同じように、 1 ターン目の飯塚の土地への《酸化》に始まり、続いて《帰化》と、全力をもって飯塚の動きに制限をかける。

1 マナの《電結の働き手》などは出せても、即時《火花鍛冶》の的となって除去され、結局どうにもならない状況。

そのまま岸が一方的にパーマネントを増やし、荒野となった飯塚の場を乗り越え、彼のライフを 0 とした。

Final Result : 岸 2 - 0 飯塚

Shun Iizuka

Download Arena Decklist
ソーサリー (4)
4 Thoughtcast
インスタント (3)
3 Shrapnel Blast
アーティファクト (11)
4 Chromatic Sphere 4 Cranial Plating 3 Pyrite Spellbomb
60 カード
サイドボード (15)
2 Moriok Rigger 3 Smother 3 Welding Jar 3 Mana Leak 4 Pyroclasm

Tatsunori Kishi

Download Arena Decklist

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る