準決勝: 真木 孝一郎 vs. 原田 聡

更新日 Event Coverage on 2003年 11月 9日

By 藤枝 勇

Game 1

真木の決勝ラウンドは事故るか回るか非常に対照的で、今回はぶんぶん回るデュエルだった。 2 , 3 ターン目と連続でタリスマンを出すと《ルーメングリッドの歩哨/Lumengrid Sentinel》と展開、《氷の干渉器/Icy Manipulator》しか出せない原田にプレッシャーをかけていく。

だが両者とも引きがぬるい、ぬるすぎる。 何で 6 ターンたって《ルーメングリッドの歩哨》しかクリーチャーがいないのだろうか…しかも《氷の干渉器》で止まっているし…。

原田は手札が余るからと言ってこっそり《忍び寄るカビ/Creeping Mold》で《衝動のタリスマン/Talisman of Impulse》を割っているが、これがこっそり効いて、手札の《テル=ジラードのトロール/Trolls of Tel-Jilad》を出せないでいる。

8 ターン目にして沼を引いてきた原田は《悲哀を持つもの/Woebearer》をようやく召喚、それでもなぜかダメージレースに間に合っているのが真木のデッキの弱さ、引きの弱さを良く現している。

その後《地護りの歩哨/Wanderguard Sentry》で見たハンドには《爆破/Detonate》《肉体の裏切り/Betrayal of Flesh》《捕食者の一撃/Predator’s Strike》とかなり絶望できるハンドを確認してそのまま余裕で死んでいく真木であった。でも実は 1 ターンでも速く他のクリーチャーを引いていれば真木が勝っていた辺り、両者の引きのぬるさを良く表している。

Game 2

真木は 6 ランド + そのままではキャストできない《ニューロックのスパイ/Neurok Spy》という初手をキープ。島は引かず 4 ターン目までにキャスト出来たのが《上天の呪文爆弾/AEther Spellbomb》のみでそれもドローのために使い、実質何もキャストしていないと同様の状況… 5 ターン目引いてきた《グリッサ・サンシーカー/Glissa Sunseeker》を出して、こいつが生き残る奇跡を見せる。

だがその時点で《磁石マイア/Lodestone Myr》と《ヘマタイトのゴーレム/Hematite Golem》によってライフはすでに 8 、一度はまっさらにして押し返すが《テル=ジラードのトロール》を《肉体の裏切り》で殺されて出した《ゴブリンの飛行艇》が《爆破》されてゲームセット。

Final Results : 原田聡 Win

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る