準決勝: 石原隼 vs. 黒田正城

更新日 Event Coverage on 2002年 2月 17日

By 藤枝勇

上位陣が強豪ばかりの中で唯一残ったアマチュアプレイヤー石原隼。
対するは、今大会絶好調で 1 位抜けを果たした黒田将正城だ。

デッキは黒田が青緑バウンス、石原が黒赤ビートダウンで両方のデッキを見たところ圧倒的に石原の方が強い。

今大会では勢いある黒田、前評判では圧倒的に石原裕利だが勢いに乗って黒田が勝ってしまうのだろうか?
事故の無い好勝負を期待したい。

Game 1

先攻石原
後攻黒田

石原は初めての大舞台なのだが、適度な緊張状態、つまりは良い精神状態で準決勝を迎えたようだ。だがここで痛恨のマリガンせっかくの先攻が自分の首を絞めることになるかもしれない。
黒田はマリガン無し。

序盤からクリーチャーを並べ合う二人。

石原はマリガンの影響は若干有るもののランドも並び悪くないスタートだ、 2 回相打ちを繰り返し《魂の災い魔/Soul Scourge》を出したところで黒田長考の末《尊大なワーム/Arrogant Wurm》を出してエンド。


石原が《投鎖獣/Chainflinger》を出し黒田は《操作室/Chamber of Manipulation》を使い石原の攻撃を止める、だが緑青の黒田デッキでは《投鎖獣/Chainflinger》がどうしようもないため黒田に少し焦りを感じる。
《投鎖獣/Chainflinger》が居るために《木の実拾い/Nut Collector》も《クローサの報復者/Krosan Avenger》も出せない黒田に更なる脅威が出現する。

《陰謀団の拷問者/Cabal Torturer》の出現これで黒田の場にタフネス 2 以下のクリーチャーは存在を許されなくなり黒田かなりのピンチだ。

《がむしゃらな略奪者/Hell-Bent Raider》も場に出て今や《操作室/Chamber of Manipulation》一枚で凌いでいる感じだ。

《飛びかかる虎/Springing Tiger》( スレッシュショルド ) で石原のライフを 4 まで削るものの土地しか引かない引きも加わり石原の《投鎖獣/Chainflinger》でゲームセット。
最初から最後まで《投鎖獣/Chainflinger》が勝負を握っていた。

石原 1 - 0 黒田

Game 2

サイドボードは石原が《容認される損失/Acceptable Losses》《土喰い豚/Petravark》を入れ、黒田は《投鎖獣/Chainflinger》をなんとかしようと《麻痺の感触/Stupefying Touch》を入れた。

2 戦目は共にマリガンなく順調な滑り出し、《液化/Liquify》から《飛びかかる虎/Springing Tiger》と行けた黒田の方が有利だと思われる。

更に《魂の災い魔/Soul Scourge》を出したところで《沼の漂流物/Bog Wreckage》と共に《逆巻く渦/Churning Eddy》で返されてまた出しても《追い返し/Repel》で戻す完全に黒田ペースで進む。

だが卓最強と言われる石原のデッキも黙ってはいなかった、最後の決め手となる《操作室/Chamber of Manipulation》をサイドインした《土喰い豚/Petravark》で消し《エイヴンの魚捕り/Aven Fisher》も《集中砲火/Flame Burst》で殺しライフは 2 だがなんとかなりそうな状態までもってきた。

《投鎖獣/Chainflinger》には《麻痺の感触/Stupefying Touch》を張り何か引けばという所で《打開/Breakthrough》をドロー x 3 で撃ちスレッシュショルドに達成と同時に《霊力/Psionic Gift》も引いてきて石原絶体絶命である。

最後はぎりぎりまで石原が粘ったが黒田の《活気/Vivify》が勝負を決めた。

石原 1 - 1 黒田

Game 3

運命の 3 戦目は石原がかなりの好手で黒田が土地は有るもののハンドにクリーチャーが無く、今一つな感じがする。

2 ターン目から《蛮族ののけ者/Barbarian Outcast》《蛮族の狂人/Barbarian Lunatic》と並べて何も出せない黒田を攻めるが《一瞬の平和/Moment's Peace》等で凌ぐ黒田。

Cabal Patriarch
それでも良いクリーチャーを引かない黒田と石原の差は開くばかりで、石原は《幼年期の怪物/Childhood Horror》《陰謀団の拷問者/Cabal Torturer》と並べ、黒田の場には《クローサの修復者/Krosan Restorer》のみ…差は圧倒的に開いてしまった。
そしてキャストされる《陰謀団の総帥/Cabal Patriarch》手には《総帥の願望/Patriarch's Desire》。

…ここから勝つには《激動/Upheaval》でも打たねばならないわけなのだが、黒田のデッキにはそんなものは入っていない。《セファリッドの家来/Cephalid Retainer》、《追い返し/Repel》、《逆巻く渦/Churning Eddy》で耐える黒田も…流石にこの大群には屈してしまうのだった。

山田屋、荒堀に続けと、石原が勝利した。

Final Results : 石原隼 Win

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る