準決勝: 石田 格 vs. Victor van den Broek

更新日 Event Coverage on 2002年 3月 14日

By 藤田憲一

準決勝、パンツァーハンターズに対するは、オランダの新星 Jelger Wiegersma 率いるwww.star-makers.nl/lap。・・・長いな。

石田のデッキは準々決勝に続き白青。そしてこんどのタッチカラーは赤。長引きがちな白青にフィニッシュブローをこっそり混ぜておくのは、この環境の定石の一つ。今度の隠し味は《意気沮喪/Demoralize》《震央/Epicenter》。はたしてこれがどのような影響を及ぼすのだろうか。

Broek のデッキは白緑にタッチ青という、結構やっちゃったかな?というカラーバランス。なにしろパーマネントコントロールが極端に少ない。だが、《文化交流/Cultural Exchange》というゲームエンド級のカードもあるので油断は禁物だ。

石田のコメント
「多分、一発で決まるか、ライブラリー切れ狙いになるだろうね。」

Game 1

先攻の Broek、初手を見てしばし沈黙・・・覗いてみると、土地 6 枚と 5 マナクリーチャーのみ。厳しめだが、結局これをキープ。

一方の石田、2 ターン目から《秘教の幻想家/Mystic Visionary》《セファリッドの物あさり/Cephalid Looter》とこれ以上ない立ち上がり。このまましばらく殴られるかと思いきや、 Broek もなんとか《アクアミーバ/Aquamoeba》を引くことに成功。場は固まるかと思われた。

しかし、ゲームのテンポを壊したくない石田、《秘教の幻想家/Mystic Visionary》に《かそけき翼/Ghostly Wings》を付けてビートダウンを続行。

5 ターン目に《エイヴンの群れ/Aven Flock》を出して、なんとか次ターンからブロック可能になるかと思われた Broek 、ところが返しで石田がキャストしたのは《遊牧の民のおとり/Nomad Decoy》。これによりやっぱりブロックは不可能に・・・。

とうとう《秘教の幻想家/Mystic Visionary》だけにライフ一桁まで削られた Broek、ここで二体目の《エイヴンの群れ/Aven Flock》をキャスト。石田がスレッショルド目前なのでブロッカーにはならないが、無いよりはマシ。・・・ところがコレが Broek の命取りになった。

1 マナしか残っていないことを確認した石田、《セファリッドの物あさり/Cephalid Looter》を起動、《巡視犬/Patrol Hound》に先制攻撃をつけるなどをしてスレッショルドを達成。そしてサクリファイスされたランドから出されたマナは・・・「赤」。キャストされたスペルは・・・《意気沮喪/Demoralize》・・・。

Demoralize
予想外のスペルを唱えられた Broek しばし呆然とした後、アタックしてきたクリーチャーのパワーが自分のライフを削るのに十分なのを確認した後、カードを片付け始めた。

Broek のデッキに、サイドボードから《一瞬の平和/Moment's Peace》が加えられたのは言うまでも無い。
・・・次のデュエルでは役に立たない事も知らずに・・・。

Win 石田

Game 2

さて、先攻の Broek、今度の初手は 1 ランド。今一流れがきていない。長考の末、マリガンを選択したが、これは正解だった。土地 3 枚と《強制/Compulsion》と生物 2 体と十分。
そして 2 ターン目に《アクアミーバ//Aquamoeba》、次ターン《強制/Compulsion/》とガッチリなスタート。石田も《セファリッドの物あさり/Cephalid Looter》《気力あふれる放浪者/Resilient Wanderer》と展開。

ここからは、ドローとキャストの連続。お互いがドローエンジンを利用して、毎ターン必ず何かをキャストしていく。列挙してみると、

●ハンフリー
・《飛びかかるジャガー/Pouncing Jaguar
・《キヅタの精霊/Ivy Elemental》(5/5)
・《突っ走るケンタウルス/Crashing Centaur
・《エイヴンの群れ/Aven Flock
・《熊人間/Werebear》X 2
●石田
・《尊い癒し手/Hallowed Healer》 X 2
・《敬愛される司祭/Beloved Chaplain
・《セファリッドの物あさり/Cephalid Looter》の二体目
・《アクアミーバ/Aquamoeba
・《セファリッドの仲介人/Cephalid Broker

と、これが睨み合い。全く場が動く気配が無い。そしてここで石田が動く。Broek のライブラリーを数え始めたのだ。
そして、《セファリッドの物あさり/Cephalid Looter》の対象が自分から Broek に変わったのだ。
ところが、Broek ライブラリー枚数に気づいていないのか、《セファリッドの物あさり/Cephalid Looter》のディスカード時に《強迫的な捜索/Obsessive Search》を使用しちゃう有様。正直、これはこのまま終わるかと思われた次の瞬間、Broek の放った一撃は石田を凍りつかせた。

Deluge
《大洪水/Deluge》。

飛んでいるクリーチャーが《かそけき翼/Ghostly Wings》がついた《敬愛される司祭/Beloved Chaplain》しかいない石田、一戦目に自分がやったことがそのまま返されてしまった。完璧なカウンターだ。

返しのアタック、満を持していたクリーチャーが石田に襲い掛かる。なんとか一体を《考え直し/Second Thoughts》、そしてブロック・・・なんと 21 点通って石田あと 2 点。
なんとか首の皮一枚で繋がった。

適当なブロッカーを並べた石田、相手のライブラリーを改めて数える・・・ 11 枚・・・場には《セファリッドの物あさり/Cephalid Looter》 X=2、《セファリッドの仲介人/Cephalid Broker》・・・微妙に足らない。

次ターンもフルアタックを行う Broek、石田はやむを得ずライブラリーを削るクリーチャー達を守りつつチャンプブロック。トランプルで 1 点抜けて、残りライフ 1。さすがにもう次は無い。

相手のエンドにライブラリーを削る石田・・・残り 6 枚。場だけでは 4 枚しか削れない。しかし・・・石田は満を持してそのランドをセットした。

《セファリッドの円形競技場/Cephalid Coliseum

序盤から手札に隠し通したその一枚の土地が、パンツァーハンターに二回連続のマスターズ決勝進出をもたらしたのだった。

Win 石田

Final Result:石田 2-0 Broek

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る