準決勝: 黒田 正城 vs. 小室 修

更新日 Event Coverage on 2003年 8月 23日

By 松井健治

 準決勝戦。

 今大会では、数々の赤白同デッキ対決が繰り返されてきたが、この戦いもご多分に漏れず、赤白 Slide の同デッキ対決である。

 強敵、百瀬を破った黒田と、デッキ相性の悪い Zombie Bidding に勝利した小室。
 果たしてどちらが決勝に上る事になるのか。

Game 1

 まずは小室が《稲妻の裂け目/Lightning Rift》をセットする所からゲーム開始。

 続けて《銀騎士/Silver Knight》を出し、返す黒田もこれに対して《銀騎士》で対応。

 この状況で黒田にダメージを与えるのは《稲妻の裂け目》だけなので、では回復しよかと、《賛美されし天使/Exalted Angel》をキャストするが、それは駄目だと、《アクローマの復讐/Akroma's Vengeance》で応える小室。

 5 分 5 分な感じではあるが、黒田だけ《永遠のドラゴン/Eternal Dragon》を引いている状態。

 更に《邪神の寺院/Temple of the False God》を 2 枚引いている事もあってか、《永遠のドラゴン》の回収からキャストまでは 1 ターンで行うことも可能な状態。

 毎回、《永遠のドラゴン》を呼んでは除去を繰り返し、とうとう除去が尽きて、さぁドラゴンが殴ろうとしている所で、黒田が《滅殺の命令/Decree of Annihilation》をサイクリングし、小室は投了を宣言。

黒田 1 - 0 小室

Game 2

 流石にここまで上がってきた 2 人だけあって、サイドボードの方法は全く同じ手法で、《ショック/Shock》と《炭化/Carbonize》以外のカードをメインに入れ、抜くカードは《銀騎士》 4 枚、《星の嵐/Starstorm》 2 枚、《稲妻の裂け目》 2 枚と言った感じである。

 こんな感じでサイドボードはものの 1 分程で終わり、淡々と進む 2 本目。

 小室が変異から孵化させた《賛美されし天使》を、黒田が《霊体の地滑り/Astral Slide》で回避している状況から開始。

 そこに追加で小室が《稲妻の裂け目》を置くと、黒田もマナタップアウトで《賛美されし天使》を出してきたので、しかたなく小室はこの場に《アクローマの復讐》を。

 さて、場が平らになった所でアドバンテージの取り合いが再開。

 今度は小室のみが《永遠のドラゴン》を引き当て、アドバンテージを伸ばしながら、《窯口のドラゴン/Kilnmouth Dragon》を場に放ち、《永遠のドラゴン》ともう 1 匹の《窯口のドラゴン》を見せ、カウンターを 6 個セット。

 このターンのエンドに黒田が動く。

 《正義の命令/Decree of Justice》のサイクリングで 5 匹のソルジャートークンを出し、メインターンで《怒りの天使アクローマ/Akroma, Angel of Wrath》を追加して、総攻撃を開始。

 1 匹のトークンはブロックされたものの、計 10 点のダメージが入り、仕方なしと、返す小室のターンに彼は《滅殺の命令》をキャスト。

 さぁ 1 からやりなおそうと、坊主めくりを開始。

 そして、先にマナを延ばし始めたのは小室。

 土地 2 枚と《永遠のドラゴン》 2 枚を引き当て、 5 枚目の土地まで手に入れた彼は、《永遠のドラゴン》を回収しつつ、ゆっくりとマナを増やして行く。

 黒田側だが、こちらはとにかく土地を引かず、一度はディスカードまで迫れる所まで行ってしまったのだが、 2 枚の土地と《永遠のドラゴン》を引き当てた事によって、なんとか息を吹き返す。

 そうは言っても、出遅れた黒田。
 そこに小室は《窯口のドラゴン》を 8/8 の状態で出し、一気に勝負をつけようする。

 さて、出遅れたぶんの借金をどうやって返そうかと言った所で、黒田も《窯口のドラゴン》を引き当て、《永遠のドラゴン》を 1 枚見せる事によって、同サイズの物を用意。

 この時点で双方のライフは 10 。

 《窯口のドラゴン》に殴られ、そこから《稲妻の裂け目》が登場してしまったりすると、ゲームが終わる状況。

 そんな中、黒田側に光る 1 枚として《霊体の地滑り》が設置されている。
 このカード 1 枚で、赤白対決の全てが決まると言っても過言ではなく、正に今がその状態。

 そこに小室が《霊体の地滑り》に対して《拭い去り/Wipe Clean》をキャストし、黒田の動きが止まる。

 じっと考え、返すプレイを考えてはみるが、対応策が見つからずに《霊体の地滑り》はゲームから取り除かれる。

 そこで黒田がターンエンドを宣言し、小室はそこで《窯口のドラゴン》のブレスを黒田へ 3 点。
 続く小室のターン、黒田の《窯口のドラゴン》では《怒りの天使アクローマ》をブロック出来ないと言う事を確認し、小室これで攻撃。

 そこから再び、ドラゴンのブレスを黒田に浴びせて、 2 本目は小室が勝利。

黒田 1 - 1 小室

Game 3

 先手を取り返した黒田は、ここでダブルマリガン。

 1 度土地が止まってしまったものの、《永遠のドラゴン》を引いたあたりから土地を並べ始める。

 だが、小室は 2 ターン目に《稲妻の裂け目》を早々にセットしており、黒田がサイクリングを行うごとに、1 回ずつ丁寧に 2 点のダメージが飛びつづける。

 序盤からこのダメージが通りつづけると、最終的には《稲妻の裂け目》自体が止めとなってしまう事が多々あり、ゲームを少し進めた時点で黒田のライフは既に 6 。

 土地をそもそも引いていない彼が、土地以外のカードを贅沢に抱える訳にもいかず、サイクリングを続けた結果、ここまでライフが落ち込んでしまい、なんとか《賛美されし天使》を出して挽回を試みたが、《翼の破片/Wing Shards》を小室がキャストし、彼自身からのサイクリングを 3 回叩き込まれて、ゲームが終了

Final Result : 黒田 1 - 2 小室

Kuroda Masashiro

Download Arena Decklist
インスタント (7)
4 Starstorm 3 Wing Shards
エンチャント (6)
2 Astral Slide 4 Lightning Rift
60 カード

Komuro Shu

Download Arena Decklist
インスタント (7)
4 Starstorm 3 Wing Shards
エンチャント (2)
2 Astral Slide
他 (13)
9 Pains 4 Lightning Lift
61 カード
サイドボード (15)
2 Oblation 3 Wipe Clean 3 Kilnmouth Dragon 3 Carbonize 4 Shock

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る