準決勝

更新日 Event Coverage on 2003年 11月 2日

By 平林和哉

Harvey とのティンカーマッチアップを制して準決勝まで進んできた Osterberg 。

かたや同郷の Labarre と《ゴブリンの放火砲/Goblin Charbelcher》ミラーに勝利した Hamon 。

ティンカー vs 《ゴブリンの放火砲/Goblin Charbelcher》とこのプロツアーを象徴するかのような準決勝となった。

Game 1

先攻の Hamon はアーティファクトでマナブーストすることが出来ずに、第 1 ターン《渦巻く知識/Brainstorm》、フェッチからの《渦巻く知識/Brainstorm》と手札整頓に大忙し。

一方の Osterberg 、第 1 ターンこそ《ゴブリンの溶接工/Goblin Welder》を出すのみに留まるものの、 2 ターン目はセット《古えの墳墓/Ancient Tomb》から《厳かなモノリス/Grim Monolith》《からみつく鉄線/Tangle Wire》、 2 体目の《ゴブリンの溶接工/Goblin Welder》と大展開する。

既に《渦巻く知識/Brainstorm》で《ゴブリンの放火砲/Goblin Charbelcher》を持っている Hamon は《吸血の教示者/Vampiric Tutor》で《マナ切り離し/Mana Severance》を積み込み、さらにはドローした後にも《吸血の教示者/Vampiric Tutor》で《厳かなモノリス/Grim Monolith》を用意、コンボ達成に準備万端。

このままだと 2 ターン後には勝てそうな状況なのだが。

しかし Osterberg が用意したクロックはこの環境でも最上のものだった。

《からみつく鉄線/Tangle Wire》を出している以上、《精神隷属器/Mindslaver》するマナが足りない Osterberg が《修繕/Tinker》から連れてきたアーティファクトは《鉄のゴーレム、ボッシュ/Bosh, Iron Golem》!

どう考えても次ターン削りきられてしまう Hamon は無念の投了。

Osterberg 1-0 Hamon

Game 2

1 本目は準備だけして場には土地しか置けなかった Hamon 、今度は《強迫/Duress》から。

2 枚の《シヴの浅瀬/Shivan Reef》、《古えの墳墓/Ancient Tomb》《通電式キー/Voltaic Key》《破壊的脈動/Shattering Pulse》《修繕/Tinker》《知識の渇望/Thirst for Knowledge》という手札から《修繕/Tinker》をディスカードさせる。

《修繕/Tinker》を落とされてしまった Osterberg は手札そのままに《通電式キー/Voltaic Key》から《知識の渇望/Thirst for Knowledge》につなぐことしか出来ないのだが、だからといって Hamon が押し込めるかと言うとそういうわけでもない。

《威圧のタリスマン/Talisman of Dominance》《厳かなモノリス/Grim Monolith》とマナを伸ばすだけで、《渦巻く知識/Brainstorm》を使っても有効牌は無し。

そうこうしている間に《荒残/Rack and Ruin》で《厳かなモノリス/Grim Monolith》《威圧のタリスマン/Talisman of Dominance》が破壊され、することの無い Hamon が《強迫/Duress》で Osterberg の足を引っ張るものの(《知識の渇望/Thirst for Knowledge》を抜く)、 Osterberg は《厳かなモノリス/Grim Monolith》《彩色の宝球/Chromatic Sphere》と展開し、《彩色の宝球/Chromatic Sphere》のキャントリップで得た《破壊的脈動/Shattering Pulse》バイバックで Hamon のアーティファクトマナを根絶させてしまう。

この時点で Hamon のリソースはほとんど無く、 Osterberg が《ゴブリンの溶接工/Goblin Welder》で《彩色の宝球/Chromatic Sphere》を回し始めるのを《吸血の教示者/Vampiric Tutor》経由で《仕組まれた疫病/Engineered Plague》することしか出来ない。

そんな苦しい中何とか《修繕/Tinker》を引き当て、《ゴブリンの放火砲/Goblin Charbelcher》を出して《マナ切り離し/Mana Severance》待ちに持っていくのだが、そこで待ち構えるは Osterberg の《精神隷属器/Mindslaver》・・・・

逆トップデッキこそなかったものの、 Hamon 自らに向けて放たれた《ゴブリンの放火砲/Goblin Charbelcher》が意外なダメージを稼ぎ出し、その後に《荒残/Rack and Ruin》で《ゴブリンの放火砲/Goblin Charbelcher》破壊と手札の無い Hamon もう泣きそう。

それでも《渦巻く知識/Brainstorm》からの《神秘の教示者/Mystical Tutor》で《マナ切り離し/Mana Severance》を積み込み、やれるだけのことをやったのだがここで致命的な《からみつく鉄線/Tangle Wire》が。

しばらく暇な《金属細工師/Metalworker》がこつこつ殴っていたのが意外に効いており、《ゴブリンの放火砲/Goblin Charbelcher》で磨り減った Hamon のライフはここで空になってしまった。

Osterberg 2-0 Hamon

Game 3

さて迎えた 3 本目。

一度くらいは《ゴブリンの放火砲/Goblin Charbelcher》のぶん回りが見られるか、と思いきや Hamon のダブルマリガン・・

それでも 2 ターン目には《厳かなモノリス/Grim Monolith》を置き、《マナ切り離し/Mana Severance》を持った状態と悪くは無かったのだが。

すでに Osterberg は仕上がっていた。

第 1 ターンに《古えの墳墓/Ancient Tomb》から《稲妻のすね当て/Lightning Greaves》。

続けて 2 ターン目には《金属細工師/Metalworker》を出し、即座に《稲妻のすね当て/Lightning Greaves》による能力起動で 8 マナ、しかも見せたカードの中に《鉄のゴーレム、ボッシュ/Bosh, Iron Golem》と《からみつく鉄線/Tangle Wire》が・・・・

当然 Osterberg は《鉄のゴーレム、ボッシュ/Bosh, Iron Golem》をキャストして、ヘイストアタック!

Yann Hamon はいいとこ無しでした。

Osterberg 3-0 Hamon

Final Result:Osterberg 3-0 Hamon

Rickard Osterberg Wins! Advance to Final

Pro Tour New Orleans: George W. Bosh

Download Arena Decklist
ソーサリー (4)
4 Tinker
インスタント (4)
4 Thirst for Knowledge
60 カード

Pro Tour New Orleans: Mana Severance/Charbelcher

Download Arena Decklist

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る